【福島牝馬ステークス2021】結果・動画/ディアンドルがハナ差の接戦を制す

福島牝馬ステークス2021 ディアンドル

福島牝馬ステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の福島牝馬ステークスの着順は1着:ディアンドル、2着:ドナアトラエンテ、3着:サンクテュエールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年の福島牝馬ステークスはディアンドルがハナ差の接戦を制す

2021年4月24日(土) | 1回新潟5日 | 15:25 発走
第18回 福島牝馬ステークス(GIII)芝・左 1800m
Fukushima Himba Stakes (G3)

スポンサーリンク

2021年・福島牝馬ステークスの動画

関連記事
昨年の福島牝馬ステークスはフェアリーポルカが制していた。
福島牝馬ステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の福島牝馬ステークスの着順は1着:フェアリーポルカ、2着:リープフラウミルヒ、3着:ランドネとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・福島牝馬ステークスの結果

スポンサーリンク

1着:ディアンドル
2着:ドナアトラエンテ(ハナ)
3着:サンクテュエール(クビ)
4着:フィリアプーラ(クビ)
5着:ムジカ(クビ)
6着:アブレイズ
7着:シゲルピンクダイヤ
8着:アフランシール
9着:ミスニューヨーク
10着:パッシングスルー
11着:パラスアテナ
12着:アバルラータ
13着:ロザムール
14着:リュヌルージュ
15着:カリオストロ
取消:クラヴァシュドール

勝ちタイム:1.46.9
優勝騎手:団野 大成
馬場:良

関連記事
G1・ヴィクトリアマイルをにぎわす馬は?
ヴィクトリアマイルは2021年5月16日に東京競馬場で行われる春のマイル女王を決める一戦。ヴィクトリアマイルは2021年で第16回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

福島牝馬ステークス2021 ディアンドル

1着 ディアンドル(団野大成騎手)
「ゴール前は勝てそうだと思ったが、外から1頭すごい脚で来ていて勝ったかどうか分からなかったけど、今になって実感がわいてきた。(前走の)小倉大賞典から乗せてもらいましたが、以前だったらかかるようなところがあったけど、道中はリラックスして走れていました。この手応えならと思いました。(今年1月の)日経新春杯からの(自身の)重賞2勝目はうれしい。逃げる形でもしっかりと走り切ってくれて結果を出してくれた」

(奥村豊調教師)
「体調に関してはずっと安定していました。ある程度形にこだわってやってきて、前走は2番手から競馬できていたし、とにかくリズム重視でという形がハナということになった。今後は体調を見てオーナーサイドと相談して決めたい」

2着 ドナアトラエンテ(川田将雅騎手)
「今できる全力の走りはしています。何とか勝たせてあげたかったです」

3着 サンクテュエール(杉原誠人騎手)
「悔しい。いったんかわされたけど差し返してくれた。能力を再確認できた」

4着 フィリアプーラ(菊沢一樹騎手)
「いつもと違う形でと思っていて、前目の位置を取ることが出来ました。こういう形で競馬ができたのは良かったと思います」

5着 ムジカ(秋山真一郎騎手)
「見ての通りです。直線で受けた不利は大きかったです」

6着 アブレイズ(藤井勘一郎騎手)
「返し馬から雰囲気が良かった。最後もいい脚を見せていていいレースでした」

勝ち馬プロフィール

福島牝馬ステークス2021 ディアンドル

ディアンドル(Dirndl)牝5/黒鹿毛 奥村 豊(栗東)
父:ルーラーシップ 母:グリューネワルト 母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:ドイツの女性用民族衣装。母母名より連想

関連記事
ディアンドルは2019年の葵ステークス勝ち馬。
葵ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の葵Sの着順は1着:ディアンドル、2着:アスターペガサス、3着:アウィルアウェイとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。