【京都大賞典2019】追い切り/各馬の状態を見極めろ

京都大賞典2019 追い切り

京都大賞典2019の追い切り・コメントの記事です。京都大賞典の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

各馬の状態を見極めろ

2019年10月6日(日) | 4回京都2日 | 15:35 発走
第54回 京都大賞典(GII)芝・右・外 2400m
Kyoto Daishoten (G2)

出走予定馬・予想オッズ

2019年・京都大賞典の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

京都大賞典は2019年10月6日に京都競馬場で行われる有力馬の秋の始動戦。2019年で第54回を迎え、秋のG1戦線の中心となっていく馬が出走してくる。昨年はサトノダイヤモンドが制した。京都大賞典の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
関連記事

今週は他にも毎日王冠が開催される。

毎日王冠は2019年10月6日に東京競馬場で行われる秋競馬の始まりを告げる一戦。今年で第70回を迎え、毎年豪華メンバーが集まる魅力的な一戦。昨年はアエロリットが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

京都大賞典2019の追い切りをチェック!

京都大賞典2019 追い切り

京都大賞典に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り

今週行われる他のレースの追い切り記事です。

毎日王冠2019の追い切り・コメントの記事です。毎日王冠の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アドマイヤジャスタ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 51.7-37.8-25.2-13.0(G強)
外・ステイオンザトップ(一杯)と併せで0.6秒先着

 須貝調教師「ジョッキーに感触をつかんでもらって、反応もよかった」
アルバート

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.9-37.9-24.7-12.3(一杯)
内・アングルティール(一杯)と併せで0.2秒先着

 橋口調教師「攻め駆けしないタイプにしては動けていた」
ウインテンダネス

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.7-67.1-52.7-38.7-12.2(強め)

 杉山調教師「本数もしっかりやっていますし、悪くない仕上がり」
ウラヌスチャーム

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.7-68.0-52.9-39.3-12.1(一杯)
内・デュープロセス(一杯)と6F併せで0.1秒遅れ
中・ヤンチャヒメ(一杯)と6F併せで0.1秒先着

 斎藤誠調教師「今週はしまいだけ。予定通りの追い切りで息もよさそう」
エアウィンザー

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 86.1-69.5-53.7-39.3-12.6(馬也)
内・ドラゴンカップ(馬也)に6Fで1.5秒先行・3F併せで0.2秒先着
中・カンタービレ(馬也)と6F併せで併入

 辻野助手「追い切りつつ、(この馬)らしさが出てきました。休み明けの感じは否めませんが、ひと追いごとに息遣いは良くなっています。(休み明けについては)理想は使ってからですかね。ただ、距離は、無駄な力は使わないタイプだし、めどが立てば、選択肢も広がりますからね」
エタリオウ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 54.4-39.2-25.4-12.7(一杯)
外・フライングバード(馬也)と併せで併入

 友道調教師「前回は疲れが抜けてなかったけど、今回は順調にきている」
クリンチャー

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 53.9-38.9-25.5-12.6(馬也)

 宮本調教師「使ったことで上向いてくれたら」
グローリーヴェイズ

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 66.4-51.8-39.1-12.2(馬也)
外・グランソヴァール(強め)を5Fで1.7秒追走・1F併せで0.2秒先着

 尾関調教師「余力があった。着実に良くなっていて力を出せる状態」
シルヴァンシャー

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 81.6-65.4-50.9-37.0-11.7(強め)
外・フォイヤーヴェルグ(強め)を6Fで0.7秒追走・1F併せでクビ差先着

 池江調教師「だいぶ実が入ってきた。直線の長いコースは合っている」
ダンビュライト

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 51.2-37.0-24.2-12.4(馬也)
外・インディチャンプ(一杯)と併せで0.1秒遅れ

 松若騎手「相手が動くので先着を許しましたが、時計は出ていた」
チェスナットコート

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.5-38.5-25.6-13.1(一杯)
内・ドレッドノータス(強め)と併せで0.2秒遅れ

 矢作調教師「徐々に復調している。広いコースになるのはいい」
ドレッドノータス

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 52.0-38.1-25.3-12.9(強め)
外・チェスナットコート(一杯)と併せで0.2秒先着

 矢作調教師「動きがよくて落ち着きもある」
ノーブルマーズ

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 53.0-38.3-24.7-12.2(G強)

 宮本調教師「雰囲気がいいから予定を1週間前倒し。暑い方がいい」
パリンジェネシス

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 85.4-70.3-55.1-40.4-11.9(一杯)
内・マジックバローズ(一杯)を6Fで0.4秒追走・4F併せで併入

 久保助手「使う前は硬さが出る馬ですが、今回はそれが出ていない」
メートルダール

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 67.6-53.4-39.3-12.6(馬也)
外・レッドアーサー(馬也)を5Fで0.8秒追走・1F併せで併入

 戸田調教師「時計は思ったより遅くなったが、輸送もあるのでちょうどいい」
リッジマン

最終追い切り
栗東・CW・稍重
4F 52.5-39.2-12.4(馬也)

 庄野調教師「追うごとに良くなってきている」
レノヴァール

最終追い切り
栗東・坂路・稍重
800m 53.5-39.1-25.3-12.2(一杯)

 高野調教師「問題ない動き。コース適性もある」
関連記事

武豊騎手は凱旋門賞でソフトライトに騎乗!

武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(10/26・10/27)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。

今後も楽しみなレースが続く!

秋華賞は2019年10月13日に京都競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は今年で第24回を迎え、昨年はアーモンドアイが制し牝馬三冠を達成した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
菊花賞は2019年10月20日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2019年で第80回を迎え、昨年はフィエールマンが優勝した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。