【京阪杯2023】追い切り・コメント/動きを見極め勝利に近づけ

京阪杯2023 追い切り

京阪杯2023の追い切り・コメントの記事です。京阪杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2023年11月26日(日) | 3回京都8日 | 16:15 発走
第68回 京阪杯(GIII)芝・右 1200m
Keihan Hai (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・京阪杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
京阪杯2023の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。京阪杯は2023年11月26日に京都競馬場で行われる短距離G3戦。2023年で第68回を迎え、昨年はトウシンマカオが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にもジャパンカップなどが開催される。
ジャパンカップは2024年11月24日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2024年で第44回を迎え、高額賞金を求め強豪が集う。昨年はイクイノックスが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
京都2歳ステークス2023の出走予定馬・騎手の情報です。京都2歳Sは2023年11月25日に京都競馬場で行われる中距離G3戦。2023年で第10回を迎え、昨年はグリューネグリーンが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

京阪杯2023の追い切りをチェック!

京阪杯2023 追い切り

京阪杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
ジャパンカップ2023の追い切り・コメントの記事です。ジャパンCの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
京都2歳ステークス2023の追い切り・コメントの記事です。京都2歳Sの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
ヴァトレニ

最終追い切り
栗東・坂路・良(調教師)
800m 55.1-40.1-25.4-12.2(馬なり)

長谷川調教師
「2週前にハードに追って、先週はジョッキー(藤岡佑)に乗ってもらった。今日の動きで前進気勢を確認できたので、この馬本来の力を発揮できれば」
「予定通りにきている。前走は相手が強かった。自分の競馬で巻き返したい」
エイシンスポッター

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.4-39.0-25.7-12.9(馬なり)

吉村調教師
「調子に変動のないタイプで変わりなく来ている。今の京都は差しが利くので中団あたりで付いて回れたら」
「最終週の馬場はいいし、調子も変わらず良好。この馬向きの展開になれば」
エクセトラ

最終追い切り
栗東・坂路・良(岩田望)
800m 52.7-38.1-24.6-12.0(馬なり)

吉村調教師
「追い切りはジョッキー(岩田望)に乗ってもらった。間隔が詰まっているし、やり過ぎず、ちょうどいい時計。前走は最内枠もあったのか、脚を使えなかったが見直したい」
キミワクイーン

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 67.7-52.4-37.7-11.7(馬なり)

奥村武調教師
「先週ビシバシやっているので、そこまで強くやらなかった。前走は枠順が大きく影響したが、能力があることを示せた」
「稽古はいい動き。メンタル面で安定してきたし、直線が平坦な京都も合いそう」
「前走が目イチ仕上げ。あれ以上の上積みは見込めない。レース後も大きなダメージはなかったし、仕上がりは順調。GⅢなら力は上。何とかしたいね」
グルーヴィット

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.7-37.4-24.6-12.5(一杯)

グレイトゲイナー

最終追い切り
栗東・坂路・良(松本)
800m 50.7-36.5-24.3-12.3(末強め)

高野助手
「順調です。来られると耳を絞ってやめるようなところがありましたが、そこらへんが少し真面目に走るようになりました」
「攻め駆けする馬ですし、楽に動けていました。重賞でどこまでやれるか」
シュバルツカイザー

最終追い切り
美浦・ウッド・良(助手)
5F 69.1-52.7-38.2-11.9(馬なり)

大竹調教師
「無理せずいい動き。1回使って良くなっていますね。開催が進んで、この馬にとっていい条件になっていると思う」
「馬に活気がある。前走は悪い馬場に脚を取られた。時計がかかる芝はいい」
ジュビリーヘッド

最終追い切り
栗東・坂路・良(北村友)
800m 53.7-37.7-24.4-12.4(末強め)

北村友騎手
「動き自体は悪く感じませんでした。集中して運べれば」
ショウナンハクラク

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.2-37.4-24.5-12.7(一杯)

松下調教師
「中2週でも、しっかり負荷をかけました。最後は少し時計がかかったけど馬場が荒れた遅い時間帯ですからね。前走の走破時計と勝ちっぷりが良かったので期待している」
シングザットソング

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.2-39.2-25.2-12.2(馬なり)

高野調教師
「1週前は反応できなかったが、それを経て今日は申し分ない動き。重賞を勝ってはいるが、その後の成績が心理的なもののようなので、改善するため前半は無理せず後半、頑張れるように前走から千二に起用している」
「この1週間で良くなった。前走のように前半で無理せず、ラストで伸びてほしい」
スマートリアン

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.1-38.8-25.3-12.6(馬なり)

石橋調教師
「指示通り、ぴったりの時計。年齢的なものか、以前ほどガーッと行かなくなったかな。今の京都の荒れた馬場は歓迎」
ディヴィナシオン

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 53.5-38.3-25.0-12.5(一杯)

高野助手
「動きは変わりないです。最終週の馬場はいいし、あとは当日のテンションがポイント」
トウシンマカオ

最終追い切り
美浦・ウッド・良(菅原明)
6F 80.9-64.6-50.9-37.7-11.8(馬なり)
エトワールマタン(馬なり)の内0.6秒追走・0.2秒先着

菅原明騎手
「すごく元気いっぱい。手応えが良すぎるくらいでした。スピードがあるし楽しみ。実績もある馬ですし、過去のレースなどを見てしっかり準備していきたい」

高柳瑞調教師
「状態はいい意味で平行線。ハナにはこだわらないので、実績のある1200メートルでいいレースを」

トゥラヴェスーラ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.9-39.6-24.9-12.2(馬なり)

高橋康調教師
「先週しっかりやって今朝は流す程度。手応えのいいフィニッシュで、乗っている人間は「手がちぎれそうだった」と言っていた」

岩倉厩務員
「毛ヅヤもピカピカでいつも通りの感じに仕上がった。時計のかかる馬場が理想だし、京都最終週の馬場はいいね。来年の高松宮記念のためにも何としても賞金加算しておきたい」

バンデルオーラ

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 56.4-41.0-26.5-13.0(馬なり)

ビッグシーザー

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.2-37.1-23.9-12.0(馬なり)
ウインバグース(一杯)に0.1秒先行・0.2秒先着

西園正調教師
「併せ馬でびっしりやりました。しまい2Fの23秒9は速い。ジョッキー(坂井)はテン乗りだが先週の追い切りで感触をつかんでもらっている」
「前走は直線でポケットに入ってしまった。引き続き具合はいい。自分の競馬ができれば」
モズメイメイ

最終追い切り
栗東・坂路・良(永島)
800m 52.8-38.0-24.1-12.0(馬なり)
ダノンスウィッチ(馬なり)を0.8秒追走・0.1秒遅れ

永島騎手
「併せ馬なので、グッとハミを取る場面はあったけど、すぐに折り合いがついたし反応も良かったです」
ルガル

最終追い切り
栗東・坂路・良(西村淳)
800m 54.9-39.5-25.6-12.3(馬なり)

西村淳騎手
「いい雰囲気ですね。先週、併せ馬でビシッとしたので、息を整える程度でしたが、気分は良さそうでした。1200メートルもいいし、あとは陣営から聞いている発馬に気をつけて乗りたいです」

吉松助手
「馬体はできている。前走は出遅れがなければという内容。中間はゲートに縛ったので発馬は大丈夫だと思う。脚は持っているのでスタートさえ五分なら」

2023年・京阪杯の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 京阪杯|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・京阪杯の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はケガのため休養中
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(7/20・7/21)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
チャンピオンズカップは2024年12月1日に中京競馬場で行われる秋の中距離ダート王を決める一戦。チャンピオンズCは2024年で第25回を迎え、昨年はレモンポップが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
阪神ジュベナイルフィリーズは2023年12月10日に阪神競馬場で行われる2歳女王決定戦。阪神JFは2023年で第75回を迎え、昨年はリバティアイランドが制した。阪神ジュベナイルフィリーズの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。