【エプソムカップ2021】結果・動画/ザダルが差し切り重賞初制覇

エプソムカップ2021 ザダル

エプソムカップ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のエプソムカップの着順は1着:ザダル、2着:サトノフラッグ、3着:ファルコニアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のエプソムカップはザダルが差し切り重賞初制覇

2021年6月13日(日) | 3回東京4日 | 15:45 発走
第38回 エプソムカップ(GIII)芝・左 1800m
Epsom Cup (G3)

スポンサーリンク

2021年・エプソムカップの動画

関連記事
昨年のエプソムカップはダイワキャグニーが制していた。
エプソムカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のエプソムカップの着順は1着:ダイワキャグニー、2着:ソーグリッタリング、3着:トーラスジェミニとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・エプソムカップの結果

スポンサーリンク

1着:ザダル
2着:サトノフラッグ(クビ)
3着:ファルコニア(1-1/4馬身)
4着:ヴェロックス(クビ)
5着:アトミックフォース(クビ)
6着:ヒュミドール
7着:アドマイヤビルゴ
8着:ワンダープチュック
9着:ヤシャマル
10着:アルジャンナ
11着:マイラプソディ
12着:ガロアクリーク
13着:プレシャスブルー
14着:シュリ
15着:ミラアイトーン
16着:エアアルマス
17着:セダブリランテス
18着:ニシノデイジー

勝ちタイム:1.45.1
優勝騎手:石橋 脩
馬場:良

レース後のコメント

エプソムカップ2021 ザダル

1着 アルジャンナ(石橋脩騎手)
「うれしかったです。操縦性の高い馬というのはわかっていた。リズムよく、雨も降っていたので、馬場のいい所にと、コースを気にしながら。余計なことをしなければ上手に走ってくれる。ここ2週追い切りに乗せてもらって、本当に新馬の時から乗っていて、良くなっている時を知っていたし、その頃と遜色ないかなと感じていた。(この馬に)乗せてもらったことが幸せ。これから僕自身も頑張って、また乗せてもらえるように頑張ります」

(大竹正博調教師)
「ここまで適鞍がなくて、毎日王冠を使ってから、もともと球節とかきれいじゃなかったので、そこをケアした。今回その不安もなかった。しぼれなくてこの体重だけど、成長分もあるかなとは思います。毎日王冠の時はすごくうるさかった。今回は久々ですけど、なんとか我慢できた。菊花賞までは石橋騎手がずっとまたがっていたし、細かい癖とかも熟知していたので、何も言わずに送り出した。イメージした通りの競馬をしてくれた」

2着 サトノフラッグ(戸崎圭太騎手)
「この距離で新味が出た。直線で狭くなったが、今後につながるレースになったと思う」

(国枝栄調教師)
「今までは歯がゆかったけど、1800~2000メートルでしまいを生かす形になっていけばね。弥生賞以来では一番いい競馬。これがきっかけになれば」

3着 ファルコニア(川田将雅騎手)
「古馬となって初めての重賞で、ここまで頑張ってくれましたし、いい経験になったと思います。次に向けて、精神的に我慢できるようになれば」

4着 ヴェロックス(浜中俊騎手)
「追走しても進んでいかない。ダラダラと脚を伸ばして、4着まできたという感じ。調教での走りは良かったが…」

5着 アトミックフォース(武藤雅騎手)
「気分を乗せて外めを行ったが、さらに外からこられてしまった。それでもタレずに粘ったし、着実に力をつけている」

6着 ヒュミドール(吉田豊騎手)
「見ながら行ければと思っていたサトノフラッグが内に入ってきてしまい、行き場を失った。馬は体が絞れていい状態だった」

7着 アドマイヤビルゴ(岩田望来騎手)
「直線はスムーズではなかったが、それでも伸びている。重賞でもやれる力はあると思う」

9着 ヤシャマル(木幡巧也騎手)
「テンや時計が速い競馬で余裕がなかった。現状の力を試すレースだったし、まだこれからの馬。もっと良くなる」

10着 アルジャンナ(C.ルメール騎手)
「いいポジションにつけられたが、直線は伸びなかった。緩い馬場がよくないのかも」

(池江泰寿調教師)
「どうしちゃったんでしょうね。競馬は難しい」

11着 マイラプソディ(武豊騎手)
「4コーナーで気が抜けてしまった。なにか、きっかけがほしいところ。マイルぐらいが、いいのかも」

13着 プレシャスブルー(柴田善臣騎手)
「いつも通り3、4コーナーで着順を上げていったが、坂で止まった。もう少し、時計がかかった方がよかったかも」

14着 シュリ(M.デムーロ騎手)
「スタートでつまずいて後ろからの競馬になったが、ペースが遅かったし、前回の競馬ではハナを行っていたので動いていったが…。スタートで脚をぶつけた影響もあったかも」

16着 エアアルマス(三浦皇成騎手)
「リズム良くハナを行けたし、直線も馬場のいいところを通れたが、最後は一杯になった」

17着 セダブリランテス(石川裕紀人騎手)
「いいところで運べたが、途中で苦しくなって、最後はアップアップ。ワンターンの競馬が苦手なのかも」

勝ち馬プロフィール

エプソムカップ2021 ザダル

ザダル(Zadar)牡5/栗毛 大竹 正博(美浦)
父:トーセンラー 母:シーザシー 母父:Lemon Drop Kid
馬名の由来:世界一の夕日が見られるクロアチア西部の都市名。父名、母名より連想

関連記事
ザダルはこれまで重賞では2019年セントライト記念の3着が最高着順だった。
セントライト記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のセントライト記念の着順は1着:リオンリオン、2着:サトノルークス、3着:ザダルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。