【エルムステークス2018】結果・動画/ハイランドピークが押し切り重賞初制覇

スポンサーリンク

エルムステークス 2018 ハイランドピーク

エルムステークス 2018の結果・動画です。エルムステークスの結果は1着:ハイランドピーク、2着:ドリームキラリ、3着:ミツバ。「ハイランドピーク」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

横山和生騎手騎乗の2番人気・ハイランドピークが押し切り重賞初制覇

2018年8月12日(日) | 1回札幌6日 | 15:25 発走
第23回 エルムステークス(GIII)ダート・右 1700m
Elm Stakes (G3)

スポンサーリンク

動画

関連記事
昨年のエルムステークスはロンドンタウンが制していた。
【エルムステークス 2017】動画・結果/ロンドンタウンがレコード勝ち

結果

1着:ハイランドピーク
2着:ドリームキラリ(1-1/4馬身)
3着:ミツバ(2馬身)
4着:ロンドンタウン(ハナ)
5着:アンジュデジール(1-1/2馬身)
6着:リッカルド
7着:ブラゾンドゥリス
8着:ディアデルレイ
9着:モルトベーネ
10着:ノーブルサターン
11着:メイショウスミトモ
12着:アルタイル
13着:リーゼントロック
14着:モンドクラッセ

勝ちタイム:1.42.0
優勝騎手:横山 和生
馬場:重

レース後のコメント

1着 ハイランドピーク(横山和生騎手)
「馬に感謝ですね。厩舎スタッフや牧場のスタッフ、多くの方が力を尽くしてくれて、ボクはたまたまいいときに乗せてもらっただけ。ゲート難がある子なんですが、体調面やいろんなものがかみ合って、今日はじょうずにスタートを切ってくれました。あとは周りのことは考えずに、自分と馬、ハイランドピークのリズムで運べれば結果はついてくると思って乗りました。最後は人間のほうがダサい乗り方になってしまいましたが、馬が頑張ってくれたのでよかったと思います」

2着 ドリームキラリ(藤岡佑介騎手)
「体調はすごく良さそうだった。先手を取って、イメージ通りの競馬。最後はねじ伏せられたけど、4角でかぶせられても盛り返した。充実してきたし、このあとも活躍しそう」

3着 ミツバ(松山弘平騎手)
「枠が悪かった。外枠だったらもう少し違っていた。枠がすべてです」

4着 ロンドンタウン(蛯名正義騎手)
「ちょっとずつ体調は良くなっている。体はもうひと絞りできるような体つき。きっかけをつかめるような内容だったし、力があるところを見せられた」

5着 アンジュデジール(横山典弘騎手)
「頑張っている。いい競馬ができたんじゃないかな」

6着 リッカルド(C.ルメール騎手)
「いい感じだったが、最後は同じペースになって加速できなかった。前の馬も止まらなかった」

7着 ブラゾンドゥリス(丹内祐次騎手)
「道中は思った通りだったが、3角で勝ち馬に来られて厳しくなってしまった」

8着 ディアデルレイ(勝浦正樹騎手)
「残念。リズムよく運べた。3角で早めに動き出したが、ついていけなかった」

9着 モルトベーネ(秋山真一郎騎手)
「体調が戻っていませんでした」

10着 ノーブルサターン(池添謙一騎手)
「ゲートで立ち上がって流れに乗れませんでした」

11着 メイショウスミトモ(古川吉洋騎手)
「忙しい流れだった。前が速いし、上がりも速すぎた」

12着 アルタイル(小崎綾也騎手)
「1角がすべて。せめてもう少し中団のインで運べていれば。乗り方次第でもっと上位を狙える馬なので、申し訳ない」

13着 リーゼントロック(松岡正海騎手)
「良馬場の方が合う。パサパサの馬場の方がこの馬の持ち味が生きる」

14着 モンドクラッセ(柴山雄一騎手)
「久々の1700メートルも影響したのか。この馬らしさがなかった」

関連記事
ハイランドピークは重賞初挑戦となったマーチステークスでは9着に敗れていた。
【マーチステークス2018】動画・結果/センチュリオンがハナ差粘りこむ

勝ち馬プロフィール

エルムステークス 2018 ハイランドピーク

ハイランドピーク(Highland Peak)牡4/青鹿毛 土田 稔(美浦)
父:トーセンブライト 母:ハイランドダンス 母父:ゼンノロブロイ
馬名の由来:母名の一部+山頂

ハイランドピーク | 競走馬データ - netkeiba.com
ハイランドピークの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。
関連記事

コメント