【マーチステークス2018】動画・結果/センチュリオンがハナ差粘りこむ

マーチステークス 2018 センチュリオン

マーチステークス 2018の動画・結果です。マーチステークスの結果は1着:センチュリオン、2着:クインズサターン、3着:ロワジャルダン。「センチュリオン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

幸騎手騎乗の2番人気・センチュリオンがハナ差粘りこむ

2018年3月25日(日) | 3回中山2日 | 15:30 発走
第25回 マーチステークス(GIII)ダート・右 1800m
March Stakes (G3)

スポンサーリンク

動画

関連記事
昨年のマーチステークスはインカンテーションが制していた。
【マーチステークス 2017】動画・結果/インカンテーションが接戦を制する

結果

1着:センチュリオン
2着:クインズサターン(ハナ)
3着:ロワジャルダン(3/4馬身)
4着:アルタイル(アタマ)
5着:コスモカナディアン(3/4馬身)
6着:ロンドンタウン
7着:ディアデルレイ
8着:サクラルコール
9着:ハイランドピーク
10着:サンマルデューク
11着:オールブラッシュ
12着:ブレスアロット
13着:ジョルジュサンク
14着:エピカリス
15着:ストロングサウザー
16着:メイショウウタゲ

勝ちタイム:1.52.1
優勝騎手:幸 英明
馬場:良

レース後のコメント

1着 センチュリオン(幸英明騎手)
「初騎乗でしたが、とても乗りやすかったです。ゲートもスッと出て、良いポジションを取れたし、追ってからもしっかりしていました。言うことないです。力をつけている途中だと思うので、これからどんどん強くなると思います」

1着 センチュリオン(田村康仁調教師)
「中山なら重賞を取れる可能性が高いと思っていましたし、負けられないという思いでした。レースは思ったより前の位置でしたが、最後もよく踏ん張ってくれました。これからはひとつひとつ、ステップを踏んで進めたいです」

2着 クインズサターン(津村明秀騎手)
「いつもより前に出して行って、内からスルスルと上がっていけました。うまく行きすぎた分なのか、最後はいつもほど脚を使えませんでしたが、それにしても力のある馬です」

3着 ロワジャルダン(荒山勝徳調教師)
「目一杯に仕上げて馬体重マイナス22キロ、細くは見えなかったので気にしていませんでした。今日はリズムに任せた走りを、と指示しましたが、良い位置をとれて最後もよく踏ん張ってくれました。また中央のレースに来たいです」

4着 アルタイル(田中勝春騎手)
「スタートをポンと出て集中した良い走りでした。前に壁を作って道中進められたらもっと良かったです」

5着 コスモカナディアン(柴田大知騎手)
「勝ち馬の外に出すか迷って内にこだわった進路を取ったところ、グーンと伸びてくれました。今日のような形のレースがこの馬には合っているのでしょう」

9着 ハイランドピーク(土田稔調教師)
「ジョッキーによれば、返し馬の時から馬がのびていたとのことです。もしかすると、使ってきた疲れがあったのかもしれません。それでも最後は脚を使っていましたし、今日の経験が活きてくればと思います。今後はひとまず厩舎に戻して、様子をみてから考えます」

14着 エピカリス(C・ルメール騎手)
「道中ハミを取って良い感じで行けたのですが、4コーナーで仕掛けてからの反応がありませんでした。敗因はわかりません」

関連記事
同日に行われた高松宮記念はファインニードルが優勝した。
【高松宮記念2018】動画・結果/ファインニードルがハナ差の激戦を制する

勝ち馬プロフィール

センチュリオン(Centurion)牡6/黒鹿毛 田村 康仁(美浦)
父:キングカメハメハ 母:ハンドレッドスコア 母父:ホワイトマズル
馬名の由来:古代ローマ軍百人隊指揮官名より。母名より連想

関連記事