【2歳新馬戦・注目馬2019】6/1・6/2 アブソルティスモやサリオスが出走予定

2歳新馬

今週(6月1日・6月2日)行われる2歳新馬戦でデビューする新馬の中で注目している良血馬をピックアップして紹介していきます。中でもアブソルティスモはダービー馬の弟。どんなデビュー戦を迎えるのだろうか。

アブソルティスモやサリオスが出走予定

今週は東京競馬場と阪神競馬場で5鞍の新馬戦が行われます。
注目の良血馬たちをピックアップしたのでチェックしてみてください。

関連記事
2020年の日本ダービー・オークスを賑わす馬が出てくるか?

日本ダービーは2020年5月31日に東京競馬場で行われる三歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2020年で第87回を迎え、昨年はロジャーバローズが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
オークスは2019年5月19日に東京競馬場で行われる3歳牝馬には過酷な2400m戦。オークスは2019年で第80回を迎える。昨年はアーモンドアイが制した。2019年はどの馬が樫の女王に輝くか。オークスの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

東京競馬場で新馬戦デビューする注目の馬たち

今週(6月1日・6月2日)東京競馬場では3鞍の新馬戦が行われます。

土曜日
5レース・芝1400m

日曜日
5レース・芝1600m
6レース・芝1600m(牝馬限定戦)

スタインウェイ

6月1日の芝1400m(5レース・2歳新馬戦)でデビュー。

プロフィール

スタインウェイ(Steinway)
牡馬・黒鹿毛
生年月日:2017年3月29日
調教師:古賀慎明(美浦)
馬名の由来:人名より
馬主:(有)サンデーレーシング
生産牧場:ノーザンファーム
鞍上:C.ルメール

血統

父:ジャスタウェイ
母:ジュエルオブザナイト
母父:Giant’s Causeway

半姉にはアメリカでG1デルマーオークスなどを2勝しているイブニングジュエルや、スイートピーステークスなど芝で4勝を挙げたディープジュエリーがいる。

古賀調教師のコメント
「見栄えのする馬格をしているし、背中もいい。距離には融通が利きそうだし、血統的にも楽しみ」

追い切りタイム

美浦・南W・重
5F 68.2-52.7-38.8-12.8(仕掛)
内・フリージングレイン(馬也)に5Fで0.8秒先行・1F併せで併入
外・キャニオンロード(G強)を5Fで0.5秒追走・1F併せで併入

アブソルティスモ

6月2日の芝1600m(5レース・2歳新馬戦)でデビュー。

プロフィール

アブソルティスモ(Absolutismo)
牡馬・黒鹿毛
生年月日:2017年1月20日
調教師:藤沢和雄 (美浦)
馬名の由来:絶対王政(西)。兄より連想
馬主:(有)キャロットファーム
生産牧場:ノーザンファーム
鞍上:C.ルメール

血統

父:ダイワメジャー
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス

兄:レイデオロ(父:キングカメハメハ)ダービー-G1、天皇賞秋-G1
近親:ゴルトブリッツ(父:スペシャルウィーク)帝王賞-G1

半兄に日本ダービーや天皇賞秋を制しているレイデオロやセントライト記念で2着に入っているレイエンダがいる血統。

津曲調教助手のコメント
「この父の産駒らしく、見るからに迫力のある体つき。父譲りの力強い動きをするし、いかにもスピード能力が高そう」

追い切りタイム

美浦・坂路・重
800m 54.8-39.5-25.5-12.3(馬也)
外・ソルドラード(馬也)と併せで併入

サリオス

6月2日の芝1600m(5レース・2歳新馬戦)でデビュー。

プロフィール

サリオス(Salios)
牡馬・栗毛
生年月日:2017年1月23日
調教師:堀宣行(美浦)
馬名の由来:ローマ神話に登場する戦闘の踊りの発明者。母名より連想
馬主:(有)シルクレーシング
生産牧場:ノーザンファーム
鞍上:D.レーン

血統

父:ハーツクライ
母:サロミナ
母父:Lomitas

母サロミナはドイツオークスの勝ち馬。
半姉にはローズステークスで2着に入っているサラキアがいる血統。

森調教助手のコメント
「ひと追いごとに競走馬らしい体つきになってきたし、大型馬にしては素軽い動き。いいスピードがありそうだし、筋肉質の馬体からもマイル前後の距離が合いそう」

追い切りタイム

美浦・南W・重
5F 68.9-53.6-39.8-13.1(馬也)
外・ヘリファルテ(馬也)を5Fで0.6秒追走・1F併せで併入

モーベット

6月2日の芝1600m(6レース・2歳新馬戦・牝馬限定)でデビュー。

プロフィール

モーベット(Mauvette)
牝馬・栗毛
生年月日:2017年2月7日
調教師:藤沢和雄 (美浦)
馬名の由来:2月7日の誕生色。色言葉は自主性、天才的資質
馬主:(有)シルクレーシング
生産牧場:ノーザンファーム
鞍上:C.ルメール

血統

父:オルフェーヴル
母:アイムユアーズ
母父:ファルブラヴ

母アイムユアーズはG2のフィリーズレビューなど重賞を4勝した。
母の近親にはエアグルーヴやドゥラメンテといった一流馬がズラリと並ぶ。

津曲調教助手のコメント
「牝馬らしい繊細さがあるけど、気難しいところはない。乗りながら筋肉量が増してきたし、大きなフットワークで力強さもある」

追い切りタイム

美浦・坂路・良
800m 55.3-39.3-25.2-12.5(馬也)
外・ミリオンドリームズ(馬也)と併せで併入

ロジアイリッシュ

6月2日の芝1600m(6レース・2歳新馬戦・牝馬限定)でデビュー。

プロフィール

ロジアイリッシュ(Logi Irish)
牝馬・鹿毛
生年月日:2017年1月30日
調教師:国枝栄(美浦)
馬名の由来:冠名+父母名の一部
馬主:久米田正明
生産牧場:ノーザンファーム
鞍上:内田博幸

血統

父:ハーツクライ
母:クイーンビー2
母父:Le Havre

母クイーンビー2はフランスのG3戦カルヴァドス賞を制した。

国枝調教師のコメント
「動きはなかなかのものだね。スピードタイプのハーツ産駒で気性も前向き。初戦からいいところがあると思う」

追い切りタイム

美浦・南W・重
4F 51.9-38.1-12.7(馬也)
中・サクセッション(馬也)を4Fで0.4秒追走・1F併せで併入
外・ロジスカーレット(強め)を4Fで0.8秒追走・1F併せで併入

阪神競馬場で新馬戦デビューする注目の馬たち

今週(6月1日・6月2日)阪神競馬場では2鞍の新馬戦が行われます。

土曜日
5レース・芝1600m

日曜日
5レース・芝1600m

ダイヤモンドライフ

6月1日の芝1600m(5レース・2歳新馬戦)でデビュー。

プロフィール

ダイヤモンドライフ(Diamond Life)
牡馬・黒鹿毛
生年月日:2017年1月27日
調教師:高柳大輔 (栗東)
馬名の由来:宝石のような煌びやかな生活
馬主:大塚亮一
生産牧場:ノーザンファーム
鞍上:D.レーン

血統

父:エイシンフラッシュ
母:オーシャンビーナス
母父:リンカーン

母オーシャンビーナスの兄弟には天皇賞秋など古馬になってから大成したカンパニーや重賞勝ち馬のレニングラード、ヒストリカルがいる。

高柳調教師のコメント
「調教での動きがいいですし、ゲートや気性面なども特に問題ありません」

追い切りタイム

栗東・坂路・重
800m 53.6-38.9-25.3-12.7(一杯)
内・ヘーザ(仕掛)と併せで0.3秒遅れ

リアアメリア

6月1日の芝1600m(5レース・2歳新馬戦)でデビュー。

プロフィール

リアアメリア(Ria Amelia)
牝馬・黒鹿毛
生年月日:2017年2月21日
調教師:中内田充正(栗東)
馬名の由来:母名の一部+「愛されるもの」を意味する女性名
馬主:(有)シルクレーシング
生産牧場:ノーザンファーム
鞍上:川田将雅

血統

父:ディープインパクト
母:リアアントニア
母父:Rockport Harbor

母リアアントニアはアメリカのG1・ブリーダーズカップジュベナイルフィリーズを制した。

猿橋調教助手のコメント
「前進気勢があり、真面目に走ります。操縦性は高いですね」

追い切りタイム

栗東・CW・重
6F 82.3-65.4-50.1-37.0-11.5(馬也)
外・ダンサリーノ(強め)と6F併せで0.8秒先着

グランフェスタ

6月2日の芝1400m(5レース・2歳新馬戦)でデビュー。

プロフィール

グランフェスタ(Grand Festa)
牡馬・黒鹿毛
生年月日:2017年4月2日
調教師:武幸四郎 (栗東)
馬名の由来:偉大な(仏)+祭(伊)
馬主:市川義美ホールディングス
生産牧場:伏木田牧場
鞍上:吉田隼人

血統

父:ワールドエース
母:ストリートパレード
母父:Seeking the Gold

母ストリートパレードの全兄には1998年のスプリンターズステークスを制したマイネルラヴがいる。

武幸四郎調教師のコメント
「ゲート試験に受かってからも順調に調整できています。もう少し馬格が欲しいけど、前向きさがあって芝向きの感じ」

追い切りタイム

栗東・芝・稍重
4F 53.0-38.3-12.0(馬也)
外・ルベルアージ(馬也)と4F併せで併入

サイクロトロン

6月2日の芝1400m(5レース・2歳新馬戦)でデビュー。

プロフィール

サイクロトロン(Cyclotron)
牡馬・鹿毛
生年月日:2017年2月28日
調教師:音無秀孝(栗東)
馬名の由来:イオン加速装置
馬主:金子真人ホールディングス(株)
生産牧場:ノーザンファーム
鞍上:松若風馬

血統

父:ロードカナロア
母:キャレモンショコラ
母父:サクラバクシンオー

昨年のセレクトセール1歳市場で6,800万円で取引されている。

音無調教師のコメント
「いい動きだった。操縦性も高いので楽しみにしている」

追い切りタイム

栗東・坂路・重
800m 53.3-38.8-25.3-12.8(一杯)
内・サンライズアキレス(一杯)と併せで0.2秒先着

タイセイビジョン

6月2日の芝1400m(5レース・2歳新馬戦)でデビュー。

プロフィール

タイセイビジョン(Taisei Vision)
牡馬・栗毛
生年月日:2017年2月26日
調教師:西村真幸(栗東)
馬名の由来:冠名+先見の明
馬主:田中成奉
生産牧場:ノーザンファーム
鞍上:石橋脩

血統

父:タートルボウル
母:ソムニア
母父:スペシャルウィーク

母ソムニアは函館2歳ステークスで3着に入った経験がある。
近親には交流G1を4勝し、ドバイのゴドルフィンマイルも制したユートピアがいる血統。

西村調教師のコメント
「素質はかなりのもの。動きも抜群だし、初戦から勝負になる」

追い切りタイム

栗東・坂路・重
800m 54.8-38.9-24.9-12.1(一杯)

関連記事

武豊騎手は今週新馬戦に騎乗予定なし。

武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(12/14・12/15)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。

藤田菜七子騎手は6月16日にグレイトホーンの新馬戦に騎乗予定。

藤田菜七子騎手の想定・騎乗予定・成績をまとめた記事です。競馬内外で注目を集めている16年ぶりにJRAでデビューした女性ジョッキー・藤田菜七子騎手。これまでも様々な競馬場でファンを沸かせている。彼女の今週の予定や騎乗結果などをチェックしよう。