【クラスターカップ2018】結果・動画/オウケンビリーヴがクビ差の接戦を制する

クラスターカップ 2018 オウケンビリーヴ

クラスターカップ 2018の結果・動画です。クラスターカップの結果は1着:オウケンビリーヴ、2着:ネロ、3着:ラブバレット。「オウケンビリーヴ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

北村友一騎手騎乗の3番人気・オウケンビリーヴがクビ差の接戦を制する

2018年8月15日(水)盛岡 第10競走
ダート1200m(左)天候:曇

第23回 クラスターカップ・Cluster Cup(JpnⅢ)
(サラブレッド系 一般 別定)賞金:1着 23,000,000円

動画

関連記事
昨年のクラスターカップはブルドッグボスが制していた。
【クラスターカップ 2017】動画・結果/ブルドッグボスが差し切りレコードV

結果

1着:オウケンビリーヴ
2着:ネロ(クビ)
3着:ラブバレット(6馬身)
4着:ディオスコリダー(クビ)
5着:ブライトライン(4馬身)
6着:メイショウアイアン
7着:ナムラバイオレット
8着:メイショウオセアン
9着:サンライズマーチ
10着:カティサンダ
11着:アスカダイヤモンド
12着:フレンドパリ
13着:コスモマイギフト
中止:コパノマイケル

勝ちタイム:1.09.1
優勝騎手:北村 友一
馬場:良

レース後のコメント

1着 オウケンビリーヴ(北村友一騎手)
「4コーナーで交わせる手ごたえでしたが、先頭に立ってソラを使いました。それでも、勝てたので良かったですね。有力馬を射程圏に入れて競馬をしたいと思っていました。僕の腕というよりは、追い切りから好時計が出て状態が良かったと思いますし、52キロの斤量も良かったと思います。盛岡は広くて乗りやすいコースだなと思いました。自然もいっぱいで、いいところです。応援してくださった皆様、ありがとうございました」

関連記事
オウケンビリーヴは前走のスパーキングレディーカップで2着に入っていた。
【スパーキングレディーカップ2018】動画・結果/リエノテソーロが思い出の地で復活V

勝ち馬プロフィール

オウケンビリーヴ(Oken Believe)牝5/芦毛 安田 隆行(栗東)
父:クロフネ 母:ビスクドール 母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+信じる

前走1600mで行われたスパーキングレディーカップで2着に入っていたように地力をつけてきていたオウケンビリーヴ。
これまで4勝を挙げていた得意の1200m戦でうれしい重賞初制覇を果たした。
オウケンビリーヴの関係者の皆様、おめでとうございます。

関連記事