【カペラステークス2022】結果・動画/リメイクが4馬身差の圧勝

カペラステークス2022 リメイク

カペラステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のカペラSの着順は1着:リメイク、2着:リュウノユキナ、3着:ジャスティンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のカペラステークスはリメイクが4馬身差の圧勝

2022年12月11日(日) | 5回中山4日 | 15:20発走
第15回 カペラステークス(GIII)ダート・右 1200m
Capella Stakes (G3)

スポンサーリンク

2022年・カペラステークスの動画

関連記事
昨年のカペラステークスはダンシングプリンスが制していた。
カペラステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のカペラステークスの着順は1着:ダンシングプリンス、2着:リュウノユキナ、3着:オメガレインボーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・カペラステークスの結果

スポンサーリンク

1着:リメイク
2着:リュウノユキナ(4馬身)
3着:ジャスティン(アタマ)
4着:オーヴァーネクサス(3/4馬身)
5着:オメガレインボー(アタマ)
6着:ジャスパープリンス
7着:ハコダテブショウ
8着:クロジシジョー
9着:アティード
10着:レディオマジック
11着:シンシティ
12着:ヤマトコウセイ
13着:エアアルマス
14着:ヒロシゲゴールド
15着:カルネアサーダ
16着:ピンシャン

勝ちタイム:1:08.9
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

関連記事
G1・フェブラリーステークスをにぎわす馬は?
フェブラリーステークスは2023年2月19日に東京競馬場で行われるダートマイルG1。フェブラリーステークスは2023年で第40回を迎え、昨年はカフェファラオが制した。フェブラリーSの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

カペラステークス2022 リメイク

1着 リメイク(福永祐一騎手)
「今日は流れが速くなると思っていて、こういう形で競馬をしたいと考えていました。道中思ったよりも前と離れましたが、この馬のリズムでは走れていたので無理についていくことはせず、3コーナー過ぎから進出して最後は外に出すというプラン通りの競馬ができました。最後の伸びは期待通りでした。今でこそどんな競馬もできますが、最初からそうだったわけではありません。牧場と厩舎で連携し、一戦一戦いい形で成長してきてくれて、ペースに合わせてどんな競馬でもできる馬になったと思います。乗れるのは2月いっぱいなので、今日のような走りをされると乗っていて名残惜しいですが、与えられた依頼を全力で、いい結果に導けるよう頑張りたいです」

(新谷功一調教師)
「強い内容だったと思います。思ったより流れが速く心配しましたが、最後はリメイクらしい脚を使ってくれました。カペラSを勝ったことでサウジアラビアの国際競走の権利もありますから、選択肢が広がった一戦だと思います」

2着 リュウノユキナ(柴田善臣騎手)
「勝った馬が強かったということです。目標にしていた馬は交わしたのですが・・・。今日のところは(この結果も)仕方が無いですね」

3着 ジャスティン(T.マーカンド騎手)
「うまくレースはできたと思いますが、今日はペースが速すぎました。この馬も最後まで止まっていませんし、よく頑張っています」

4着 オーヴァーネクサス(大野拓弥騎手)
「ロスなくリズム良く走ってくれました。展開も向いたと思いますし、良い競馬をしてくれました」

5着 オメガレインボー(岩田康誠騎手)
「速い流れにある程度ついて行きました。最後は甘くなりました。結果的にもう1、2馬身後ろから行った方が良かったかもしれません」

6着 ジャスパープリンス(田中勝春騎手)
「上手く(展開が)この馬にはまったと思ったんですが、ちょっと動くのが早かったのかもしれません。速い流れを追いかけた分最後に脚が鈍りました」

勝ち馬プロフィール

カペラステークス2022 リメイク

リメイク(Remake)牡3/栗毛 新谷 功一(栗東)
父:ラニ 母:サリエル 母父:キングカメハメハ
馬名の由来:作り直す

関連記事
リメイクは前走のオーバルスプリントで2着に敗れていた
オーバルスプリント2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のオーバルスプリントの着順は1着:シャマル、2着:リメイク、3着:ティーズダンクとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。