【ブリーダーズゴールドカップ2018】結果・動画/ラビットランが4馬身の差をつけ圧勝

ブリーダーズゴールドカップ 2018 ラビットラン

ブリーダーズゴールドカップ 2018の結果・動画です。ブリーダーズゴールドカップの結果は1着:ラビットラン、2着:プリンシアコメータ、3着:クイーンマンボ。「ラビットラン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

M.デムーロ騎手騎乗の3番人気・ラビットランが4馬身の差をつけ圧勝

2018年8月16日(木)門別 第11競走
ダート2000m(外コース・右)天候:曇

第30回 ブリーダーズゴールドカップ・Breeders’ Gold Cup(JpnⅢ)
(サラブレッド系 3歳以上 別定)賞金:1着 31,000,000円

動画

関連記事
昨年のブリーダーズゴールドカップはマイティティーが制していた。
【ブリーダーズゴールドカップ 2017】動画・結果/マイティティーが早め先頭から押し切る

結果

1着:ラビットラン
2着:プリンシアコメータ(4馬身)
3着:クイーンマンボ(3馬身)
4着:フォンターナリーリ(1-1/2馬身)
5着:ハービンマオ(アタマ)
6着:ブランシェクール
7着:アルティマウェポン
8着:クオリティスタート
9着:ラインハート
10着:タイムビヨンド
11着:ジュンアイノキミ
12着:ノーブルサファイア
13着:クロスウィンド
14着:ソーディスイズラヴ
15着:アップトゥユー

勝ちタイム:2.05.6
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:不良

レース後のコメント

ブリーダーズゴールドカップ 2018 ラビットラン

1着 ラビットラン(M.デムーロ騎手)
「この馬に乗るのは2回目。最初は東京の千六(2017年5月、3歳500万下、ダート1600メートル、2着)で、あのときはスペースがなかったのに馬が頑張りました。その後はずっと乗るチャンスがなくて、今日乗って勝つことができたけど、すごく成長していますね。馬が大きくなって、賢くなっています。ずっと自信を持って乗れました。スタートが良くて、いい位置につけられました。直線は先頭がラチ(内柵)との間をあけていたので、外々を回ったら57キロ残念と思っていたのですが、ラチ沿いを行ってすごい伸びてくれました」

関連記事
ラビットランはローズステークス以来の重賞制覇を果たした。
【ローズステークス 2017】動画・結果/ラビットランが波乱を演出

勝ち馬プロフィール

ブリーダーズゴールドカップ 2018 ラビットラン

ラビットラン(Rabbit Run)牝4/栗毛 中竹 和也(栗東)
父:Tapit 母:Amelia 母父:Dixieland Band
馬名の由来:ウサギ+走る

3歳時にはG2・ローズステークスを制し、秋華賞でも4着に入るなど芝路線で活躍。
今回は馬場が合ったのかライバル牝馬たちを圧倒。ダート重賞初制覇を果たした。
JBCレディスクラシックでも優勝候補に挙げられそうだ。
ラビットランの関係者の皆様、おめでとうございます。

関連記事