【青葉賞2023】追い切り/抜群の動きを見せたのは

青葉賞2023 追い切り

青葉賞2023の追い切り・コメントの記事です。青葉賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2023年4月29日(土) | 2回東京3日 | 15:45 発走
第30回 青葉賞(GII)芝・左 2400m
Aoba Sho(Japanese Derby Trial) (G2)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・青葉賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
青葉賞は2024年4月27日に東京競馬場で行われるダービーへの切符を賭けた戦い。青葉賞は2024年で第31回を迎え、昨年はスキルヴィングが勝利した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも天皇賞春が開催される。
天皇賞春は2024年4月28日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2024年で第168回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はジャスティンパレスが制した。天皇賞春の出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

青葉賞2023の追い切りをチェック!

青葉賞2023 追い切り

青葉賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
天皇賞春2023の追い切り・コメントの記事です。天皇賞春の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アサカラキング

最終追い切り
美浦・南W・重(石川裕)
5F 68.4-53.3-38.5-11.3(馬なり)
フルオール(強め)の内0.6秒追走・0.2秒遅れ

石川騎手
「動きは良く順調。まだ緩さはあるけど、その分、将来が楽しみ」
アームブランシュ

最終追い切り
美浦・南W・重(吉田豊)
5F 67.0-52.1-37.7-11.8(馬なり)
ユイノダンディズム(馬なり)の外0.6秒先行・同入

吉田豊騎手
「左回りの方が進みがスムーズ。コーナーをモタモタせずに回れる。距離は問題ないし楽しみ」
グランヴィノス

最終追い切り
栗東・芝・稍重(助手)
6F 84.0-67.3-52.6-38.7-12.0(馬なり)

友道調教師
「ギリギリ間に合った感じ。先週が時計的にも良かったので、あのひと追いで変わってくれれば。奥手の血統なので、どれだけ能力でカバーできるか」
サヴォーナ

最終追い切り
栗東・ポリ・良(池添)
6F 79.0-63.6-50.1-37.6-11.7(馬なり)
アスターブジエ(強め)の外1.0秒追走・同入

池添騎手
「相手に併せる形でサラッと。手前もしっかり替えていましたよ」

中竹調教師
「ジョッキーが好感触をつかんでくれたようだし、状態と馬体は本当にいい。長く脚を使えるタイプなので、距離もコースも合っている」

シャドウソニック

最終追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 55.1-40.5-26.8-13.4(馬なり)

辻野調教師
「馬場の悪い時間帯なのでオーバーワークにならないように気をつけた。芝の長距離は合っている」
スキルヴィング

最終追い切り
美浦・南W・重(助手)
6F 84.9-68.2-52.9-38.3-11.7(馬なり)
ジャングルキング(馬なり)の内0.2秒追走・同入

太田助手
「まだ緩さや水っぽさは残りますが、順調に調教を積んで、状態は上がっている。動きも良く、息遣いやフットワークの質も先週より上がっています。舞台は前回と同じなので心配ない。天気は微妙ですが、せっかくなので良馬場で走らせてあげたい」
ティムール

最終追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 53.8-39.5-26.2-13.4(一杯)

中竹調教師
「しっかりやりたかったので坂路で追い切った。サヴォーナとは同じキズナ産駒でもタイプが違う。こちらは軽い走りをする」
ナイトインロンドン

最終追い切り
連闘のため軽めの調整

ニシノレヴナント

最終追い切り
美浦・南W・重(助手)
6F 88.9-71.9-56.1-41.3-13.1(馬なり)

上原博調教師
「先週併せているので、距離を考えて余裕残しの調整。前走と同じパターン」
ハーツコンチェルト

最終追い切り
美浦・南W・重(助手)
5F 65.5-51.0-37.0-11.5(馬なり)

武井調教師
「近走は気持ちが乗り切らないところがあったようなので、中間は3頭併せの真ん中で気持ちを乗せ、当週は単走。1頭でも前向きに走れたし、残り150メートルまで持ったままで来て、そこからの反応も良かった。走ってもらわないと困る。あとは結果だけ」
「勝ち切れないのはなぜか?とスタッフと話し合った。調教をいろいろ変えてやったりしてきた。これで負けたら仕方ない。そういう走りをしてほしい」
ヒシタイカン

最終追い切り
美浦・南W・重(助手)
4F 52.1-37.2-11.5(馬なり)
サクラソーレ(馬なり)の外0.3秒先行・同入

堀調教師
「心身のまとまりが悪いので、デビューまで時間を要した。今回は十分に乗り込んで力を出せる仕上がり。長距離適性は高い」
マイネルエンペラー

最終追い切り
栗東・CW・重(助手)
6F 85.4-70.4-55.8-39.6-12.1(馬なり)
コンクシェル(直強め)の内0.7秒追走・アタマ遅れ

清水久調教師
「こんな馬場でも逆時計にならないように、しまい重点の指示。背腰がパンとしたらもっと良くなるが現時点でもかなりいい状態」
マサハヤウォルズ

最終追い切り
栗東・坂路・重(助手)
800m 53.3-39.0-25.5-13.0(一杯)
ジューンアマデウス(一杯)に0.4秒先行・同入

今野調教師
「攻め駆けしないけど、しっかりと負荷をかけた。前走は物見をしながらでも脚を使っていたし、スタミナは十分」
メイテソーロ

最終追い切り
美浦・南W・重(見習)
5F 70.2-55.0-39.5-11.5(馬なり)
ジャクソン(強め)の外0.6秒先行・同入

武市調教師
「兵庫CSを除外になってここへ。状態に不安はない。後ろから行く馬なので、どれだけ脚を使うか」
ヨリマル

最終追い切り
栗東・CW・重(調教師)
6F 83.1-67.8-53.0-37.6-11.6(直強め)
レイモンドバローズ(直強め)の内0.5秒追走・同入

上村調教師
「遅生まれで非力なところがあったけど、走るごとに力をつけている。左回りの方が結果が出ているし、広いコースは競馬がしやすい」
ロゼル

最終追い切り
美浦・坂路・重(助手)
800m 58.5-42.7-27.6-13.6(馬なり)

2023年・青葉賞の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 青葉賞|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・青葉賞の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手は天皇賞春でヒュミドールに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(4/27・4/28)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
NHKマイルカップは2024年5月5日に東京競馬場で行われる三歳マイル王を決める一戦。NHKマイルCは2024年で第29回を迎え、昨年はシャンパンカラーが制した。NHKマイルカップの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
ヴィクトリアマイルは2024年5月12日に東京競馬場で行われる春のマイル女王を決める一戦。ヴィクトリアマイルは2024年で第19回を迎え、昨年はソングラインが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。