【オールカマー2020】結果・動画/センテリュオが外から差し切りV

オールカマー2020 センテリュオ

オールカマー2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のオールカマーの着順は1着:センテリュオ、2着:カレンブーケドール、3着:ステイフーリッシュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のオールカマーはセンテリュオが外から差し切りV

2020年9月27日(日) | 4回中山7日 | 15:45発走
第66回 オールカマー(GII)芝・右・外 2200m
All Comers (G2)

スポンサーリンク

2020年・オールカマーの動画

関連記事

昨年のオールカマーはスティッフェリオが制していた。

オールカマー2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のオールカマーの着順は1着:スティッフェリオ、2着:ミッキースワロー、3着:グレイルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・オールカマーの結果

スポンサーリンク

1着:センテリュオ
2着:カレンブーケドール(ハナ)
3着:ステイフーリッシュ(1-1/4馬身)
4着:クレッシェンドラヴ(1/2馬身)
5着:ミッキースワロー(1馬身)
6着:サンアップルトン
7着:ジェネラーレウーノ
8着:オウケンムーン
9着:アウトライアーズ

勝ちタイム:2.15.5
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:稍重

関連記事
G1・天皇賞秋をにぎわす馬は?
天皇賞秋は2020年11月1日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2020年で第162回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。天皇賞秋の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

オールカマー2020 センテリュオ

1着 センテリュオ(戸崎圭太騎手)
「道中はリズムよく、手応えよく行けたし、外、外を回って差し切れたのは力のある証明だと思う」

2着 カレンブーケドール(津村明秀騎手)
「ペースが遅くてかかり気味になってしまった。向こう正面で気分良く行かせたら、落ち着いてくれた。(ゴール前は)しのぎたかったが、最後はバラバラになってしまった。休み明けのぶんかもしれないが、次は良くなる」

3着 ステイフーリッシュ(田辺裕信騎手)
「遅い流れでしたが、いいポジションを取れた。恵まれた流れだった。カレンブーケドールが来た時に、うまく切り替えて、自分のリズムを維持できた。もうひと伸びというところで、もたもたしてしまった」

4着 クレッシェンドラヴ(内田博幸騎手)
「ペースが遅くなりそうだったので、いつもとは違う競馬をした。切れ味勝負になったが、しまいは伸びていた。それでも3着はほしかったが…」

5着 ミッキースワロー(菊沢隆徳調教師)
「少頭数の競馬で、ちょっと難しい流れになってしまった。そこまで器用に対応できなかったということでしょう」

6着 サンアップルトン(柴田善臣騎手)
「(馬体重は)明らかに重かった。でも、思いのほかバランスを崩さずに走れていた。いい休養になったはずです。(次は)体も締まって、息もできてくると思う」

7着 ジェネラーレウーノ(三浦皇成騎手)
「楽にハナへ行けました。後ろから来られてからの反応もよかったし、久々でもいいレースでした」

8着 オウケンムーン(国枝栄調教師)
「ちょっと久々で、きつかったよね。これでまた、だんだん良くなってくると思う」

9着 アウトライアーズ(小島茂之調教師)
「力の差がありましたね。スローから急にペースが上がって、この馬にとっては苦しい展開になった」

勝ち馬プロフィール

オールカマー2020 センテリュオ

センテリュオ(Centelleo)牝5/鹿毛 高野 友和(栗東)
父:ディープインパクト 母:アドマイヤキラメキ 母父:エンドスウィープ
馬名の由来:煌めき(西)。母名より連想

関連記事
センテリュオは前走、マーメイドステークスで2着に敗れていた。
マーメイドステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のマーメイドステークスの着順は1着:サマーセント、2着:センテリュオ、3着:リュヌルージュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。