【オールカマー2022】結果・動画/ジェラルディーナがうまく立ち回り快勝

オールカマー2022 ジェラルディーナ

オールカマー2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のオールカマーの着順は1着:ジェラルディーナ、2着:ロバートソンキー、3着:ウインキートスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年のオールカマーはジェラルディーナがうまく立ち回り快勝

2022年9月25日(日)| 4回中山7日| 15:45 発走
第68回 オールカマー(GII)芝・右・外 2200m
All Comers (G2)

スポンサーリンク

2022年・オールカマーの動画

関連記事
昨年のオールカマーはウインマリリンが制していた。
オールカマー2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のオールカマーの着順は1着:ウインマリリン、2着:ウインキートス、3着:グローリーヴェイズとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・オールカマーの結果

スポンサーリンク

1着:ジェラルディーナ
2着:ロバートソンキー(1-1/2馬身)
3着:ウインキートス(1-1/4馬身)
4着:バビット(クビ)
5着:テーオーロイヤル(1-3/4馬身)
6着:デアリングタクト
7着:ヴェルトライゼンデ
8着:クレッシェンドラヴ
9着:フライライクバード
10着:キングオブドラゴン
11着:クリスタルブラック
12着:アドマイヤアルバ
13着:ソーヴァリアント

勝ちタイム:2:12.7
優勝騎手:横山 武史
馬場:良

関連記事
G1・天皇賞秋をにぎわす馬は?
天皇賞秋は2022年10月30日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2022年で第166回を迎え、昨年はエフフォーリアが制した。天皇賞秋の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

オールカマー2022 ジェラルディーナ

1着 ジェラルディーナ(横山武史騎手)
「去年に続いてたくさんいい馬に乗せてもらっていたなかで、なかなか結果を出せず申し訳なかったですが、ちょっと遅いですけど出すことができてうれしいです。祐一さんと話して癖や特長を聞いていてこの枠でに入って自分で考えて乗りました。理想的なポジションでしたし思っていた以上の伸びでした。直線でも狭いところをよくこじ開けて抜け出してからもしっかりと走ってくれました。馬場に入るまでテンションが高いところが短所になってきそうですがスタートを切ってからは優等生で真面目で、折り合いを心配していましたがそんなことなかった。まだ若いので成長できる余地はあると思うし、僕自身も成長していきたい」

2着 ロバートソンキー(伊藤工真騎手)
「スタートで一歩目は出てくれたけど、つまずく格好になってしまってスピードに乗り切れなかった。ただ、枠順もリズム良く、その後はうまく走れました。この馬の持ち味であるいい脚を使ってくれました」

3着 ウインキートス(松岡正海騎手)
「こういう競馬は得意です。休み明けにしては良く頑張っていると思います」

4着 バビット(横山典弘騎手)
「リズムが良かったし、よく頑張ってくれた。これから順調にいってくれれば」

5着 テーオーロイヤル(菱田裕二騎手)
「返し馬に行った時に迫力を感じませんでした。これが休み明けの感じかなと思いました。道中もいつもに比べるとやや手応えがありませんでした」

6着 デアリングタクト(松山弘平騎手)
「比較的落ち着いていて、返し馬も良い形でした。道中もリズム良く折り合いがついて、自分のリズムを守ってレースをしました。ポジションはあまり意識せずにリズム重視で乗りました。決して良いポジションではありませんでしたが、リズムの良さなどを考えるともう少し伸びてもいいはずだと思います。調教も前走より動けて、状態が上向いているのを感じました。ここは楽に勝ち負けしたかったのですが、最後は前を交わすのがやっとでした。これだけの人気馬で結果を出せず申し訳ありません。また仕切り直したいと思います」

(杉山晴紀調教師)
「ゲートを出て、外に行きたい馬が多く、そこはパスして後ろでした。道中は手応えも良く、イメージ通りでした。ただ、上がっていく時に、いつもの感じとは違いました。それでも好調な時ならもう少し脚を使えたと思います。休み明けのせいでしょうか?今日は少しおとなしかったです。良い時は騎手が手を焼くほどの馬なのに、そのらしさがありませんでした」

7着 ヴェルトライゼンデ(戸崎圭太騎手)
「スタートは出てくれましたが、もう少し良いポジションにつけられれば良かったです。後ろから外を回す形になりました。手前を替えづらく、緩さも感じました」

8着 クレッシェンドラヴ(内田博幸騎手)
「展開がきつかった。1コーナーでごちゃついた」

9着 フライライクバード(福永祐一騎手)
「稽古でもあまりよくなくて、返し馬でももうひとつ。それがそのまま競馬に出てしまった。本来のこの馬の力からすると、しぶとく脚を使ってくれるのですが…」

10着 キングオブドラゴン(三浦皇成騎手)
「ハナに行けず、道中も追っつけ通しでした」

11着 クリスタルブラック(吉田豊騎手)
「2年以上の休み明けで、テンションが高いところもあったが、馬の後ろで我慢ができていた。脚元は心配だけどこのまま順調にいってくれれば」

12着 アドマイヤアルバ(原田和真騎手)
「強気に乗ろうと思ったが、ついていけなかった。道中から動かしていったが…」

勝ち馬プロフィール

オールカマー2022 ジェラルディーナ

ジェラルディーナ(Geraldina)牝4/鹿毛 斉藤 崇史(栗東)
父:モーリス 母:ジェンティルドンナ 母父:ディープインパクト
馬名の由来:女性名より

関連記事
ジェラルディーナは前走の小倉記念で3着に敗れていた
小倉記念2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の小倉記念の着順は1着:マリアエレーナ、2着:ヒンドゥタイムズ、3着:ジェラルディーナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。