【愛知杯2019】結果・動画/ワンブレスアウェイが押し切り重賞初V

愛知杯2019 ワンブレスアウェイ

愛知杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の愛知杯の着順は1着:ワンブレスアウェイ、2着:ノームコア、3着:ランドネとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の愛知杯はワンブレスアウェイが押し切り重賞初V

2019年1月26日(土) | 1回中京3日 | 15:25 発走
第56回 愛知杯(GIII)芝・左 2000m
Aichi Hai (G3)

スポンサーリンク

2019年・愛知杯の動画

関連記事
昨年の愛知杯はエテルナミノルが制していた。

「愛知杯 2018」の動画・結果です。愛知杯の結果は1着:エテルナミノル、2着:レイホーロマンス、3着:マキシマムドパリ。「エテルナミノル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・愛知杯の結果

1着:ワンブレスアウェイ
2着:ノームコア(1/2馬身)
3着:ランドネ(クビ)
4着:ウラヌスチャーム(1/2馬身)
5着:コルコバード(アタマ)
6着:レッドジェノヴァ
7着:レイホーロマンス
8着:レイズアベール
9着:ウスベニノキミ
10着:スカーレットカラー
11着:ティーエスクライ
12着:エテルナミノル
13着:ヤマニンエルフィン
14着:キンショーユキヒメ

勝ちタイム:2.00.0
優勝騎手:津村 明秀
馬場:良

関連記事
ワンブレスアウェイはこれまで重賞では昨年のマーメイドステークスの2着が最高着順だった。

マーメイドステークス 2018の動画・結果です。マーメイドステークスの結果は1着:アンドリエッテ、2着:ワンブレスアウェイ、3着:ミエノサクシード。「アンドリエッテ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント

1着 ワンブレスアウェイ(津村明秀騎手)
「ゲートが課題の馬だけど、今日は許容範囲。1コーナーまでにいいポジションを取ることができました。馬の後ろで折り合いがついて、楽なペースで進めることができました。自信を持って仕掛けていって、最後までよく頑張ってくれました。6歳でもフレッシュですね。ずっとコンビを組んできた馬で重賞を勝つことができて、本当にうれしいです」

(古賀慎明調教師)
「6歳牝馬がよく頑張ってくれました。繁殖入りが近いので、ひとつ重賞を勝つことができてよかったです」

2着 ノームコア(C.ルメール騎手)
「スタートでつまずいたけど、道中はリラックスして走っていました。でも、ペースが遅かったですから。それでも最後はいい脚を使ってくれました」

3着 ランドネ(戸崎圭太騎手)
「リズム良く、いい感じで進めて、最後まで止まっていません。力をつけています」

4着 ウラヌスチャーム(北村友一騎手)
「取りたいポジションを取ることができ、4コーナーをいい形で迎えることができました。でも、ポジションを取りに行ったぶん、反応が鈍かったように感じました。それでも、最後までしっかり走っています。慣れてくれば重賞でもと思います」

5着 コルコバード(丸山元気騎手)
「直線で2着の馬(ノームコア)と併せ馬の形になって、『勝てる』と思ったけど最後は脚いろが一緒になりました」

6着 レッドジェノヴァ(M.デムーロ騎手)
「ペースが遅かったです。伸びてはいるけど、最後はジリジリという感じになりました。展開が良くなかったです」

7着 レイホーロマンス(藤岡康太騎手)
「最後に脚は使っているのですが、流れが遅く、今日はこの馬には流れが向きませんでした」

8着 レイズアベール(秋山真一郎騎手)
「4コーナーで2着馬(ノームコア)が動いてきたときに、ついていけませんでした。50キロの軽ハンデで、もう少しやれると思っていたのですが…」

勝ち馬プロフィール

ワンブレスアウェイ(One Breath Away)牝6/黒鹿毛 古賀 慎明(美浦)
父:ステイゴールド 母:ストレイキャット 母父:Storm Cat
馬名の由来:一瞬のうちに