【秋華賞2021】出走予定馬・日程・賞金/きれいな華を咲かすのは

秋華賞2020 デアリングタクト

秋華賞は2021年10月17日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2021年で第26回を迎え、昨年はデアリングタクトが制した。秋華賞の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

きれいな華を咲かすのは
スポンサーリンク

2021年・秋華賞の出走予定馬をチェック

秋華賞・注目馬ピックアップ

2021年・秋華賞の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ソダシ(Sodashi)

ソダシ・3歳牝馬
父:クロフネ
母:ブチコ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・桜花賞
馬名の由来:純粋、輝き(サンスクリット)

圧倒的な個性を持つ白毛のヒロイン。
オークスでは距離の壁にぶつかったが、2000mはクリアしてほしい。

ユーバーレーベン(Uberleben)

ユーバーレーベン・3歳牝馬
父:ゴールドシップ
母:マイネテレジア
母父:ロージズインメイ
主な勝鞍:2021年・オークス
馬名の由来:生き残る(独)

惜敗続きにピリオドを打ち樫の女王に輝いた。
血統的にもまだまだ成長の余地あり。

サトノレイナス(Satono Reinas)

サトノレイナス・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:バラダセール
母父:Not For Sale
主な勝鞍:2020年・サフラン賞
馬名の由来:冠名+女王達(西)

果敢に挑戦した日本ダービーでは5着に敗れるも勝ち馬から0.2秒差なら悲観する内容ではなかった。
敗戦から得た経験を武器に最後のタイトル取りへ向かう。

アカイトリノムスメ(Akaitorino Musume)

アカイトリノムスメ・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:アパパネ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・クイーンカップ
馬名の由来:赤い鳥(アパパネ)の娘

春は桜花賞4着、オークス2着とあと一歩のところでタイトルに手が届かなかった。
なんとか最後の一冠こそ。

アールドヴィーヴル(Art de Vivre)

アールドヴィーヴル・3歳牝馬
父:キングカメハメハ
母:イサベル
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2020年・2歳新馬
馬名の由来:自分らしく生きる(仏)

桜花賞、オークスともに5着。
もう少し馬体の成長があれば。

タガノパッション(Tagano Passion)

タガノパッション・3歳牝馬
父:キングカメハメハ
母:アドマイヤシルク
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2021年・スイートピーステークス
馬名の由来:冠名+情熱

オークスでは上がり最速の脚で4着。
決め手は魅力的。

クールキャット(Cool Cat)

クールキャット・3歳牝馬
父:スクリーンヒーロー
母:メジロトンキニーズ
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2021年・フローラステークス
馬名の由来:素敵な人。母名より連想

フローラステークス勝利でオークスも期待されたが14着と大敗。

メイサウザンアワー(May Thousand Hour)

メイサウザンアワー・3歳牝馬
父:ノヴェリスト
母:ディナシー
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・カーネーションカップ
馬名の由来:冠名+1000の時間

カーネーションカップで2勝目をゲット。
秋こそG1で活躍を。

前哨戦

スポンサーリンク
桜花賞

1着:ソダシ
2着:サトノレイナス(クビ)
3着:ファインルージュ(1/2馬身)

勝ちタイム:1.31.1(レコード)
優勝騎手:吉田 隼人
馬場:良

桜花賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の桜花賞の着順は1着:ソダシ、2着:サトノレイナス、3着:ファインルージュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
オークス

1着:ユーバーレーベン
2着:アカイトリノムスメ(1馬身)
3着:ハギノピリナ(ハナ)

勝ちタイム:2.24.5
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

オークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のオークスの着順は1着:ユーバーレーベン、2着:アカイトリノムスメ、3着:ハギノピリナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

秋華賞の日程・賞金

第26回 秋華賞(Shuka Sho)

秋華賞 2018 アーモンドアイ

2021年10月17日(日)阪神競馬場
格:GI 1着本賞金:1億円
年齢:3歳牝馬 距離:2,000m(芝・右)

牝馬三冠について

牝馬三冠はJRAが開催する桜花賞、オークス、秋華賞の三競走を指す。
過去に牝馬三冠馬はメジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナ、アーモンドアイ、デアリングタクトの6頭。
中でもデアリングタクトは史上初の無敗での牝馬三冠を達成している。(無敗での牡馬クラシック三冠馬は3頭)

桜花賞は2021年4月11日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2021年で第81回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はデアリングタクトが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。
オークスは2021年5月23日に東京競馬場で行われる三歳牝馬には過酷な2400m戦。オークスは2021年で第82回を迎え、昨年はデアリングタクトが制した。オークスの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

秋華賞・プレイバック

秋華賞2020 デアリングタクト

2020年の秋華賞を制したのは『デアリングタクト(Daring Tact)』。他馬からのマークにひるむことなく直線で自慢の決め手を披露し差し切りV。史上初となる無敗での牝馬三冠を達成した。
2着には1-1/4馬身差でマジックキャッスル、さらに3/4馬身差の3着にはソフトフルートが入った。

秋華賞(GI)

1着:デアリングタクト
2着:マジックキャッスル(1-1/4馬身)
3着:ソフトフルート(3/4馬身)
4着:パラスアテナ(ハナ)
5着:ミスニューヨーク(3-1/2馬身)

勝ちタイム:2.00.6
優勝騎手:松山 弘平
馬場:稍重

2020年・秋華賞の全着順・動画・コメントをチェック!
秋華賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の秋華賞の着順は1着:デアリングタクト、2着:マジックキャッスル、3着:ソフトフルート となりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする