【秋華賞2022】出走予定馬・日程・賞金/きれいな華を咲かすのは

秋華賞2021 アカイトリノムスメ

秋華賞は2022年10月16日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は2022年で第27回を迎え、昨年はアカイトリノムスメが制した。秋華賞の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

きれいな華を咲かすのは
スポンサーリンク

2022年・秋華賞の出走予定馬をチェック

秋華賞・注目馬ピックアップ

2022年・秋華賞の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

スターズオンアース(Stars on Earth)

スターズオンアース・3歳牝馬
父:ドゥラメンテ
母:サザンスターズ
母父:Smart Strike
主な勝鞍:2022年・オークス
馬名の由来:地球上の星

桜花賞、オークスを制し2冠を手にしている。
デアリングタクト以来の3冠牝馬に輝けるか。
オークス後に右前肢の第一指骨を剥離骨折が発覚したが、軽症のため秋華賞に間に合いそうとのこと。

スタニングローズ(Stunning Rose)

スタニングローズ・3歳牝馬
父:キングカメハメハ
母:ローザブランカ
母父:クロフネ
主な勝鞍:2022年・フラワーカップ
馬名の由来:魅力的な薔薇

オークスでは10番人気の低評価をあざ笑う走りで2着と健闘を見せた。
秋に魅力的な大輪を咲かせよ。

ウォーターナビレラ(Water Navillera)

ウォーターナビレラ・3歳牝馬
父:シルバーステート
母:シャイニングサヤカ
母父:キングヘイロー
主な勝鞍:2021年・ファンタジーステークス
馬名の由来:冠名+蝶々のように羽ばたく(ハングル)

阪神ジュベナイルフィリーズ3着、桜花賞2着とG1に後一歩手が届いていない。
今度こそ。

サークルオブライフ(Circle of Life)

サークルオブライフ・3歳牝馬
父:エピファネイア
母:シーブリーズライフ
母父:アドマイヤジャパン
主な勝鞍:2021年・阪神ジュベナイルフィリーズ
馬名の由来:命の輪。母名、母母名より連想

2歳女王だが、春のG1では苦戦が続いた。
復活へのシナリオを模索せよ。

サリエラ(Saliera)

サリエラ・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:サロミナ
母父:Lomitas
主な勝鞍:2022年・3歳以上1勝クラス
馬名の由来:ローマ神話の女神と海神が象られた黄金の塩入れ。母名より連想

東京で行われた3歳以上1勝クラスでは絶望的な位置取りから驚愕の決め手で差し切りVを決めた。
大きな舞台で見たい一頭。

前哨戦・参考レース

スポンサーリンク
桜花賞

1着:スターズオンアース
2着:ウォーターナビレラ(ハナ)
3着:ナムラクレア(1/2馬身)

勝ちタイム:1.32.9
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

桜花賞2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の桜花賞の着順は1着:スターズオンアース、2着:ウォーターナビレラ、3着:ナムラクレアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
オークス

1着:スターズオンアース
2着:スタニングローズ(1-1/4馬身)
3着:ナミュール(1-1/4馬身)

勝ちタイム:2.23.9
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

オークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のオークスの着順は1着:スターズオンアース、2着:スタニングローズ、3着:ナミュールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
スポンサーリンク

秋華賞の日程・賞金

第27回 秋華賞(Shuka Sho)

秋華賞 2018 アーモンドアイ

2022年10月16日(日)阪神競馬場
格:GI 1着本賞金:1億円
年齢:3歳牝馬 距離:2,000m(芝・右)

スポンサーリンク

牝馬三冠について

牝馬三冠はJRAが開催する桜花賞、オークス、秋華賞の三競走を指す。
過去に牝馬三冠馬はメジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナ、アーモンドアイ、デアリングタクトの6頭。
中でもデアリングタクトは史上初の無敗での牝馬三冠を達成している。(無敗での牡馬クラシック三冠馬は3頭)

桜花賞は2022年4月10日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2022年で第82回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はソダシが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
オークスは2022年5月22日に東京競馬場で行われる三歳牝馬には過酷な2400m戦。オークスは2022年で第83回を迎え、昨年はユーバーレーベンが制した。オークスの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

秋華賞・プレイバック

秋華賞2020 デアリングタクト

2020年の秋華賞を制したのは『デアリングタクト(Daring Tact)』。他馬からのマークにひるむことなく直線で自慢の決め手を披露し差し切りV。史上初となる無敗での牝馬三冠を達成した。
2着には1-1/4馬身差でマジックキャッスル、さらに3/4馬身差の3着にはソフトフルートが入った。

秋華賞(GI)

1着:デアリングタクト
2着:マジックキャッスル(1-1/4馬身)
3着:ソフトフルート(3/4馬身)
4着:パラスアテナ(ハナ)
5着:ミスニューヨーク(3-1/2馬身)

勝ちタイム:2.00.6
優勝騎手:松山 弘平
馬場:稍重

2020年・秋華賞の全着順・動画・コメントをチェック!
秋華賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の秋華賞の着順は1着:デアリングタクト、2着:マジックキャッスル、3着:ソフトフルート となりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする