【秋華賞2019】出走予定馬・日程・賞金/きれいな華を咲かすのは

秋華賞 2018 アーモンドアイ

秋華賞は2019年10月13日に京都競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦。秋華賞は今年で第24回を迎え、昨年はアーモンドアイが制し牝馬三冠を達成した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

きれいな華を咲かすのは
スポンサーリンク

2019年・秋華賞の結果は!?

秋華賞2019 クロノジェネシス

2019年の秋華賞を制したのは『クロノジェネシス(Chrono Genesis)』。好位から鮮やかに抜け出し春の雪辱を果たした。
2着には2馬身差でカレンブーケドール、さらに1-1/2差の3着にはシゲルピンクダイヤが入った。

秋華賞(GI)

1着:クロノジェネシス
2着:カレンブーケドール(2馬身)
3着:シゲルピンクダイヤ(1-1/2馬身)
4着:シャドウディーヴァ(1/2馬身)
5着:ビーチサンバ(クビ)

勝ちタイム:1.59.9
優勝騎手:北村 友一
馬場:稍重

秋華賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の秋華賞の着順は1着:クロノジェネシス、2着:カレンブーケドール、3着:シゲルピンクダイヤとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・秋華賞の出走予定馬をチェック

秋華賞の枠順決定!(10月11日)

秋華賞2019 枠順

2019年・秋華賞の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではダノンファンタジーが1枠1番、クロノジェネシスは3枠5番、カレンブーケドールは4枠8番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

秋華賞の前日最終オッズは?!(10月12日)

秋華賞2019 前日最終オッズ

10月12日にJRAから発表された秋華賞の最終オッズです。
1番人気はダノンファンタジーで3.7倍、2番人気はエスポワールで7.6倍、3番人気にはローズテソーロが9.3倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

秋華賞2019・出走馬の調教後の馬体重(10月10日)

秋華賞2019 調教後の馬体重

2019年10月10日にJRAより秋華賞出走馬の調教後における馬体重が発表されました。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

2019年・秋華賞の追い切り・コメントをチェック!
秋華賞2019の追い切り・コメントの記事です。秋華賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬が決定(10月10日)

2019年の秋華賞の出走馬が確定しました。(カッコの中は騎手)。

  • エスポワール(A.シュタルケ)
  • カレンブーケドール(津村明秀)
  • クロノジェネシス(北村友一)
  • コントラチェック(C.ルメール
  • サトノダムゼル(M.デムーロ)
  • シェーングランツ(武豊
  • シゲルピンクダイヤ(和田竜二)
  • シャドウディーヴァ(松山弘平)
  • シングフォーユー(藤岡佑介)
  • ダノンファンタジー(川田将雅)
  • トゥーフラッシー(幸英明)
  • パッシングスルー(戸崎圭太)
  • ビーチサンバ(福永祐一)
  • フェアリーポルカ(三浦皇成)
  • ブランノワール(浜中俊)
  • メイショウショウブ(池添謙一)
  • レッドアネモス(藤岡康太)
  • ローズテソーロ(横山典弘)
除外&回避馬
  • コパカティ(未定)
秋華賞・注目馬ピックアップ

2019年・秋華賞の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

カレンブーケドール(Curren Bouquetd’or)

スイートピーステークス2019 カレンブーケドール

カレンブーケドール・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ソラリア
母父:Scat Daddy
主な勝鞍:2019年・スイートピーステークス
馬名の由来:冠名+黄金の花束(仏)。勝利の大輪を咲かせてほしい

オークスでは12番人気ながら2着に入りファンを驚かせた。
京都内回りコースでは彼女の先行力が大きな武器になる。

クロノジェネシス(Chrono Genesis)

クロノジェネシス

クロノジェネシス・3歳牝馬
父:バゴ
母:クロノロジスト
母父:クロフネ
主な勝鞍:2019年・クイーンカップ
馬名の由来:母名より+創世記

桜花賞、オークスともに3着と崩れてはいないもののタイトルには手が届かなかった。
最後の一冠こそは。

ダノンファンタジー(Danon Fantasy)

ダノンファンタジー

ダノンファンタジー・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ライフフォーセール
母父:Not For Sale
主な勝鞍:2018年・阪神ジュベナイルフィリーズ
馬名の由来:冠名+幻想。幻想的な走りを期待して

昨年の2歳女王に輝いたものの春のG1戦線ではあと一歩のところで栄冠を逃した。
前哨戦をレコードタイムで制し態勢は整った。

パッシングスルー(Passing Through)

紫苑ステークス2019 パッシングスルー

パッシングスルー・3歳牝馬
父:ルーラーシップ
母:マイティースルー
母父:クロフネ
主な勝鞍:2019年・紫苑ステークス
馬名の由来:抜き去る。ライバルを華麗に交わすシーンをイメージして

前哨戦の紫苑ステークスでは2着馬とハナ差の接戦を制し重賞初制覇。
春のクラシックに出られなかった悔しさをぶつけろ。

シャドウディーヴァ(Shadow Diva)

シャドウディーヴァ

シャドウディーヴァ・3歳牝馬
父:ハーツクライ
母:ダイヤモンドディーバ
母父:Dansili
主な勝鞍:2018年・2歳未勝利
馬名の由来:影+神がかり的(ラテン語)

成長力あるハーツクライ産駒なところが魅力的。
2000mは十分に守備範囲だ。

フェアリーポルカ(Fairy Polka)

フェアリーポルカ

フェアリーポルカ・3歳牝馬
父:ルーラーシップ
母:フェアリーダンス
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2019年・君子蘭賞
馬名の由来:母名の一部+4分の2拍子の軽快な舞踏

紫苑ステークスではわずかの差で勝利を逃した。
スムーズに運べれば。

ビーチサンバ(Beach Samba)

ビーチサンバ

ビーチサンバ・3歳牝馬
父:クロフネ
母:フサイチエアデール
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2018年・2歳新馬
馬名の由来:ビーチで踊るサンバ

母のフサイチエアデールは1999年の秋華賞で5着。
母を超える活躍を。

エスポワール(Espoir)

エスポワール

エスポワール・3歳牝馬
父:オルフェーヴル
母:スカーレット
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2019年・シンガポールターフクラブ賞
馬名の由来:希望(仏)

2勝クラスのシンガポールターフクラブ賞では古馬相手に4馬身差の圧勝劇。
この夏最大の上がり馬として注目を浴びそうだ。
鞍上には短期免許で来日するシュタルケ騎手が騎乗する予定。

サトノダムゼル(Satono Damsel)

サトノダムゼル

サトノダムゼル・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ダリシア
母父:Acatenango
主な勝鞍:2019年・白井特別
馬名の由来:冠名+乙女

無傷の三連勝で白井特別を制した注目の上がり馬。
引き続きM.デムーロ騎手が手綱を握るのは心強いポイントだ。

メイショウショウブ(Meisho Shobu)

メイショウショウブ

メイショウショウブ・3歳牝馬
父:ダイワメジャー
母:メイショウスズラン
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・2歳未勝利
馬名の由来:冠名+菖蒲

G2で2度2着の経験があるものの距離はいずれもマイル。
2000mの対応がカギを握る。

レッドアネモス(Red Anemos)

レッドアネモス

レッドアネモス・3歳牝馬
父:ヴィクトワールピサ
母:マチカネハヤテ
母父:サクラバクシンオー
主な勝鞍:2019年・白百合ステークス
馬名の由来:冠名+風(ギリシャ語)。母名より連想

ローズステークスを使う予定だったが態勢が整わずパス。
本番までにどこまで上向いてくるか。

コントラチェック(Contra Check)

菜の花賞 2019 コントラチェック

コントラチェック・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:リッチダンサー
母父:Halling
主な勝鞍:2019年・フラワーカップ
馬名の由来:ダンスステップの一種。母名より連想

休み明けの一戦となる。
オークスでの悔しさをバネに。

シェーングランツ(Schon Glanz)

シェーングランツ

シェーングランツ・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:スタセリタ
母父:Monsun
主な勝鞍:2018年・アルテミスステークス
馬名の由来:美しい輝き(独)

主な回避馬

グランアレグリア(Gran Alegria)

グランアレグリア

グランアレグリア・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:タピッツフライ
母父:Tapit
主な勝鞍:2019年・桜花賞
馬名の由来:大歓声(西)

今年の桜花賞を制したグランアレグリアはスプリンターズステークスからマイルチャンピオンシップに歩を進めると発表された。

ラヴズオンリーユー(Loves Only You)

オークス2019 ラヴズオンリーユー

ラヴズオンリーユー・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2019年・オークス
馬名の由来:みんなへの愛を込めて。母名より連想

右前脚の蹄の炎症が判明。
治り次第乗り運動を再開する予定。

ウィクトーリア(Victoria)

ウィクトーリア

ウィクトーリア・3歳牝馬
父:ヴィクトワールピサ
母:ブラックエンブレム
母父:ウォーエンブレム
主な勝鞍:2019年・フローラステークス
馬名の由来:勝利(ラテン語)、ローマ神話の勝利の女神。父名より連想

左前繋靭帯の中筋に損傷が見られるため秋華賞を回避、引退を決めた。
母のブラックエンブレムとの親子2代制覇は夢と消えた。

秋華賞への道

桜花賞(GI)

1着:グランアレグリア
2着:シゲルピンクダイヤ(2-1/2馬身)
3着:クロノジェネシス(クビ)

勝ちタイム:1.32.7(桜花賞レコード)
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

桜花賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の桜花賞の着順は1着:グランアレグリア、2着:シゲルピンクダイヤ、3着:クロノジェネシスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
オークス(GI)

1着:ラヴズオンリーユー
2着:カレンブーケドール(クビ)
3着:クロノジェネシス(2-1/2馬身)

勝ちタイム:2.22.8(レースレコード)
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

オークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のオークスの着順は1着:ラヴズオンリーユー、2着:カレンブーケドール、3着:クロノジェネシスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
紫苑ステークス(GIII)

1着:パッシングスルー
2着:フェアリーポルカ(ハナ)
3着:カレンブーケドール(1/2馬身)

勝ちタイム:1.58.3
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:良

紫苑ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の紫苑ステークスの着順は1着:パッシングスルー、2着:フェアリーポルカ、3着:カレンブーケドールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ローズステークス(GII)

1着:ダノンファンタジー
2着:ビーチサンバ(クビ)
3着:ウィクトーリア(アタマ)

勝ちタイム:1.44.4(レコード)
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

ローズステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のローズステークスの着順は1着:ダノンファンタジー、2着:ビーチサンバ、3着:ウィクトーリアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

秋華賞2019の予想オッズ

予想オッズ

2019年・秋華賞の予想オッズはこのように予想しています。
前哨戦のローズステークスを快勝したダノンファンタジーが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. ダノンファンタジー(2.5)
  2. クロノジェネシス(4.0)
  3. コントラチェック(6.5)
  4. カレンブーケドール(8.0)
  5. ビーチサンバ(11.0)
  6. エスポワール(13.0)
  7. パッシングスルー(15.0)
  8. サトノダムゼル(20.0)
  9. シゲルピンクダイヤ(25.0)
  10. フェアリーポルカ(30.0)
  11. シェーングランツ(45.0)
  12. ブランノワール(☆)
  13. シャドウディーヴァ(☆)
  14. レッドアネモス(☆)
  15. メイショウショウブ(☆)
  16. シングフォーユー(☆)
  17. トゥーフラッシー(☆)
  18. ローズテソーロ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

秋華賞2019の日程・賞金

秋華賞 2016 ヴィブロス

第24回 秋華賞(Shuka Sho)
2019年10月13日(日)京都競馬場
格:GI 1着本賞金:1億円
年齢:3歳牝馬 距離:2,000m(芝・右)

牝馬クラシックについて

牝馬クラシックはJRAが開催する桜花賞、オークス、秋華賞の三競走を指す。
過去に牝馬クラシック三冠馬はメジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナ、アーモンドアイの5頭。
牡馬クラシック三冠馬には2頭の無敗馬がいるが、牝馬三冠を無敗で制した馬はいない。

桜花賞は2019年4月7日に阪神競馬場で行われる3歳牝馬クラシックの1戦目。2019年で第79回を迎え、今年も桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はアーモンドアイが制した。桜花賞の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
オークスは2019年5月19日に東京競馬場で行われる3歳牝馬には過酷な2400m戦。オークスは2019年で第80回を迎える。昨年はアーモンドアイが制した。2019年はどの馬が樫の女王に輝くか。オークスの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

秋華賞・プレイバック

秋華賞 2018 アーモンドアイ

2018年の秋華賞を制したのは「アーモンドアイ(Almond Eye)」。素晴らしい末脚でライバルたちを差し切り見事牝馬三冠を達成した。

2018年・秋華賞

1着:アーモンドアイ
2着:ミッキーチャーム(1-1/2馬身)
3着:カンタービレ(1馬身)
4着:サラキア(3/4馬身)
5着:ラテュロス(ハナ)

勝ちタイム:1.58.5
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

2018年・秋華賞
秋華賞2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:アーモンドアイ、2着:ミッキーチャーム、3着:カンタービレとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする