【日本ダービー2020】出走予定馬・予想オッズ・結果/夢にまで見た舞台

日本ダービー2019 ロジャーバローズ

日本ダービーは2020年5月31日に東京競馬場で行われる三歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2020年で第87回を迎え、昨年はロジャーバローズが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

夢にまで見た舞台
スポンサーリンク

2020年・日本ダービーの結果は!?

日本ダービー2020 コントレイル

2020年の日本ダービーを制したのは『コントレイル(Contrail)』。福永祐一騎手が手綱を執った1番人気のコントレイルが直線で鋭く伸びて圧勝。父・ディープインパクト以来となる無敗での二冠達成となった。
2着には3馬身差でサリオス、さらに1-3/4差の3着にはヴェルトライゼンデが入った。

日本ダービー(G1)

1着:コントレイル
2着:サリオス(3馬身)
3着:ヴェルトライゼンデ(1-3/4馬身)
4着:サトノインプレッサ(アタマ)
5着:ディープボンド(1/2馬身)

勝ちタイム:2.24.1
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

2020年・日本ダービーの全着順、コメントもチェック!
日本ダービー2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の日本ダービーの着順は1着:コントレイル、2着:サリオス、3着:ヴェルトライゼンデとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・日本ダービーの出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
日本ダービーの枠順決定!(5月28日)

日本ダービー2020 枠順

2020年・日本ダービーの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではコントレイルが3枠5番、サリオスは6枠12番、サトノフラッグは7枠15番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

日本ダービーの前日最終オッズは?!(5月30日)

日本ダービー2020 前日最終オッズ

5月30日にJRAから発表された日本ダービーの前日最終オッズです。
1番人気はコントレイルで1.5倍、2番人気はサリオスが4.7倍、3番人気にはワーケアが12.8倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

日本ダービー2020・出走馬の調教後の馬体重(5月28日)

日本ダービー2020 調教後の馬体重

2020年5月28日にJRAより発表された日本ダービーに出走する馬の調教後に計測された馬体重一覧です。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

2020年・日本ダービーの追い切り・コメントをチェック!
日本ダービー2020の追い切り・コメントの記事です。日本ダービーの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(5月17日)

2020年・日本ダービーの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

優先出走馬&賞金上位馬
  • アルジャンナ(浜中俊)
  • ヴァルコス(三浦皇成)
  • ウインカーネリアン(田辺裕信)
  • ヴェルトライゼンデ(池添謙一)
  • ガロアクリーク(川田将雅)
  • コルテジア(松山弘平)
  • コントレイル(福永祐一)
  • サトノインプレッサ(坂井瑠星)
  • サトノフラッグ(武豊
  • サリオス(D.レーン)
  • ダーリントンホール(M.デムーロ)
  • ディープボンド(和田竜二)
  • ビターエンダー(津村明秀)
  • ブラックホール(石川裕紀人)
  • マイラプソディ(横山典弘)
  • マンオブスピリット(北村友一)
  • レクセランス(石橋脩)
  • ワーケア(C.ルメール
除外対象馬
  • エヒト(未定)
  • キメラヴェリテ(大野拓弥)
  • ダノンファラオ(未定)
  • ブラックマジック(未定)
  • メイショウボサツ(未定)
日本ダービー・注目馬ピックアップ

2020年・日本ダービーの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

コントレイル(Contrail)

コントレイル・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ロードクロサイト
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2020年・皐月賞
馬名の由来:飛行機雲

無敗でホープフルステークス、皐月賞を制した。
父のようにこのまま負け知らずで二冠制覇を目指す。

サリオス(Salios)

サリオス・3歳牡馬
父:ハーツクライ
母:サロミナ
母父:Lomitas
主な勝鞍:2019年・朝日杯フューチュリティステークス
馬名の由来:ローマ神話に登場する戦闘の踊りの発明者。母名より連想

昨年の二歳マイル王が正式に参戦を表明した。
引き続きレーン騎手とのコンビで皐月賞のリベンジを狙う。

ガロアクリーク(Galore Creek)

ガロアクリーク・3歳牡馬
父:キンシャサノキセキ
母:ゴールドレリック
母父:Kingmambo
主な勝鞍:2020年・スプリングステークス
馬名の由来:カナダの金鉱山より

皐月賞では8番人気ながら3着と健闘した。
キンシャサノキセキ産駒ながら鞍上曰く距離が延びても大丈夫とのこと。

サトノフラッグ(Satono Flag)

サトノフラッグ・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:バラダセール
母父:Not For Sale
主な勝鞍:2020年・弥生賞
馬名の由来:冠名+旗

弥生賞を快勝しクラシック候補に名乗りを上げたが、皐月賞では直線でストライドが小さくなり伸び切れず5着。
このまま終わる馬ではないはず。

マイラプソディ(My Rhapsody)

マイラプソディ・3歳牡馬
父:ハーツクライ
母:テディーズプロミス
母父:Salt Lake
主な勝鞍:2019年・京都2歳ステークス
馬名の由来:私+狂詩曲

皐月賞では道中勝ち馬と同じような位置にいたが見せ場なく13着。

ワーケア(Wakea)

ワーケア・3歳牡馬
父:ハーツクライ
母:チェリーコレクト
母父:Oratorio
主な勝鞍:2019年・アイビーステークス
馬名の由来:空の神(ハワイ神話の父神)

弥生賞で2着に入るものの中山適性を考慮し皐月賞をパス。
必勝願いダービーに狙いを定める。

ダーリントンホール(Darlington Hall)

ダーリントンホール・3歳牡馬
父:New Approach
母:Miss Kenton
母父:Pivotal
主な勝鞍:2020年・共同通信杯
馬名の由来:小説に登場する場所の名。母名より連想

共同通信杯を制した注目のマル外。
距離が延びても良さそうな血統は脅威。

ディープボンド(Deep Bond)

ディープボンド・3歳牡馬
父:キズナ
母:ゼフィランサス
母父:キングヘイロー
主な勝鞍:2020年・京都新聞杯
馬名の由来:深い絆

皐月賞では10着と大敗するも京都新聞杯で重賞初制覇を果たした。
父のように京都新聞杯から頂点を目指す。

ヴェルトライゼンデ(Weltreisende)

ヴェルトライゼンデ・3歳牡馬
父:ドリームジャーニー
母:マンデラ
母父:Acatenango
主な勝鞍:2019年・萩ステークス
馬名の由来:世界旅行者(独)

ホープフルステークス、スプリングステークスを連続2着。
そろそろタイトルが欲しいところだ。

レクセランス(L’Excellence)

レクセランス・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:エクセレンスII
母父:Champs Elysees
主な勝鞍:2020年・すみれステークス
馬名の由来:卓越(仏)

三連勝で挑んだ皐月賞で11着に敗れ初黒星を喫した。
うまく前目で流れに乗れれば。

ビターエンダー(Bitterender)

ビターエンダー・3歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:ビタースウィート
母父:Afleet Alex
主な勝鞍:2020年・プリンシパルステークス
馬名の由来:絶対屈しない人。母名より連想

プリンシパルステークスをクビ差で制し切符をゲット。
ラストチャンスを生かした強運を武器に。

サトノインプレッサ(Satono Impresa)

サトノインプレッサ・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:サプレザ
母父:Sahm
主な勝鞍:2020年・毎日杯
馬名の由来:冠名+名言

管理する矢作調教師がほれ込む良血馬。
鞍上にはダービー当日に誕生日を迎える若武者、坂井瑠星騎手が指名されている。

ヴァルコス(Valcos)

ヴァルコス・3歳牡馬
父:ノヴェリスト
母:ランズエッジ
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2020年・ゆきやなぎ賞
馬名の由来:価値のある(ラテン語)

もやはオーナーとして有名になっている佐々木主浩氏が初の日本ダービーにヴァルコスを送り込む。
2400mを経験している強みを生かせば。

ブラックホール(Black Hole)

ブラックホール・3歳牡馬
父:ゴールドシップ
母:ヴィーヴァブーケ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2019年・札幌2歳ステークス
馬名の由来:非常に強い重量を持った特異点

主な回避馬

オーソリティ(Authority)

オーソリティ・3歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:ロザリンド
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2020年・青葉賞
馬名の由来:権威。威信。牡馬三冠を達成した父のような活躍を願って

青葉賞を好タイムで制し重賞初制覇を果たしたが、左前脚に骨片が見つかったため回避を決めた。
今後は近日中に北海道の社台ホースクリニックで骨片摘出手術を受ける予定。

前哨戦

皐月賞

1着:コントレイル
2着:サリオス(1/2馬身)
3着:ガロアクリーク(3-1/2馬身)

勝ちタイム:2.00.7
優勝騎手:福永 祐一
馬場:稍重

青葉賞

1着:オーソリティ
2着:ヴァルコス(クビ)
3着:フィリオアレグロ(クビ)

勝ちタイム:2.23.0
優勝騎手:L.ヒューイットソン
馬場:良

京都新聞杯

1着:ディープボンド
2着:マンオブスピリット(クビ)
3着:ファルコニア(1-1/2馬身)

勝ちタイム:2.11.7
優勝騎手:和田 竜二
馬場:良

プリンシパルステークス

1着:ビターエンダー
2着:ポタジェ(クビ)
3着:ディアセオリー(2-1/2馬身)

勝ちタイム:1.59.8
優勝騎手:津村 明秀
馬場:良

日本ダービー2020の予想オッズ

予想オッズ

2020年・日本ダービーの予想オッズはこのように予想しています。
無敗で皐月賞を制したコントレイルが1番人気に支持されると予想します。
上位3頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. コントレイル(1.8)
  2. サリオス(3.0)
  3. サトノフラッグ(6.5)
  4. ワーケア(11.0)
  5. ヴェルトライゼンデ(23.0)
  6. ガロアクリーク(28.0)
  7. アルジャンナ(32.0)
  8. ダーリントンホール(35.0)
  9. ビターエンダー(45.0)
  10. サトノインプレッサ(☆)
  11. ディープボンド(☆)
  12. ヴァルコス(☆)
  13. コルテジア(☆)
  14. マイラプソディ(☆)
  15. ウインカーネリアン(☆)
  16. レクセランス(☆)
  17. マンオブスピリット(☆)
  18. ブラックホール(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

日本ダービーの日程・賞金

日本ダービー2013キズナ

第87回 日本ダービー・東京優駿(Tokyo Yushun・Japanese Derby)
2020年5月31日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:2億円
年齢:3歳牡馬・牝馬 距離:2,400m(芝・左)

牡馬クラシックについて

牡馬クラシックはJRAが開催する皐月賞、日本ダービー、菊花賞の三競走を指す。
皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、日本ダービーは「最も運のある馬が勝つ」、菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と言われている。
過去に牡馬クラシック三冠馬はセントライト、シンザン、ミスターシービー、シンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴルの7頭。
中でもシンボリルドルフとディープインパクトは無敗で三冠馬に輝いている。

皐月賞は2020年4月19日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2020年で第80回を迎え、昨年はサートゥルナーリアが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
菊花賞は2020年10月25日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2020年で第81回を迎え、昨年はワールドプレミアが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

日本ダービー・プレイバック

日本ダービー2019 ロジャーバローズ

2019年の日本ダービーを制したのは「ロジャーバローズ(Roger Barows)」。積極的な競馬で後続の追撃を封じ込め、令和初の日本ダービー馬に輝いた。

2019年・日本ダービー(GI)

1着:ロジャーバローズ
2着:ダノンキングリー(クビ)
3着:ヴェロックス(2-1/2馬身)
4着:サートゥルナーリア(1/2馬身)
5着:ニシノデイジー(アタマ)

勝ちタイム:2.22.6
優勝騎手:浜中 俊
馬場:良

2019年・日本ダービー
日本ダービー2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の日本ダービーの着順は1着:ロジャーバローズ、2着:ダノンキングリー、3着:ヴェロックスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする