【日本ダービー2019】出走予定馬・日程・賞金/新たな筋書きのないドラマの始まり

日本ダービー 2017 レイデオロ

日本ダービーは2019年5月26日に東京競馬場で行われる3歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2019年で第86回を迎える。昨年はワグネリアンが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

新たな筋書きのないドラマの始まり

2019年・日本ダービーの出走予定馬たち

2019年・日本ダービーの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

サートゥルナーリア(Saturnalia)

ホープフルステークス2018 サートゥルナーリア

サートゥルナーリア・3歳牡馬
父:ロードカナロア
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2018年・ホープフルステークス
馬名の由来:公現祭での行事の基礎ともなった古代ローマの祭り。母名より連想

圧倒的な強さで昨年暮れに行われたホープフルステークスを制した。
G1馬の兄たちが勝てなかった日本ダービーのタイトル取りなるか。

ホープフルステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。2018年のホープフルステークスの着順は1着:サートゥルナーリア、2着:アドマイヤジャスタ、3着:ニシノデイジーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
アドマイヤマーズ(Admire Mars)

朝日杯フューチュリティステークス2018 アドマイヤマーズ

アドマイヤマーズ・3歳牡馬
父:ダイワメジャー
母:ヴィアメディチ
母父:Medicean
主な勝鞍:2018年・朝日杯フューチュリティステークス
馬名の由来:冠名+火星

無傷の4連勝で2歳マイル王に輝いた。
距離の壁を越えられるか。

朝日杯フューチュリティステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:アドマイヤマーズ、2着:クリノガウディー、3着:グランアレグリアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
アドマイヤジャスタ(Admire Justa)

紫菊賞 2018 アドマイヤジャスタ

アドマイヤジャスタ・3歳牡馬
父:ジャスタウェイ
母:アドマイヤテレサ
母父:エリシオ
主な勝鞍:2018年・紫菊賞
馬名の由来:冠名+父名より

ホープフルステークスではサートゥルナーリアにあっという間に交わされ悔しい2着。
本番までにどこまで差を詰められるか。

紫菊賞2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:アドマイヤジャスタ、2着:ロジャーバローズ、3着:ジョウショームードとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ニシノデイジー(Nishino Daisy)

札幌2歳ステークス 2018 ニシノデイジー

ニシノデイジー・3歳牡馬
父:ハービンジャー
母:ニシノヒナギク
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2018年・東京スポーツ杯2歳ステークス
馬名の由来:冠名+すてきなもの

2歳時には札幌2歳ステークスと東京スポーツ杯2歳ステークスを制した。
今年は関東からダービー馬が誕生するか。

東京スポーツ杯2歳ステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の東スポ杯2歳Sの着順は1着:ニシノデイジー、2着:アガラス、3着:ヴァンドギャルドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
クラージュゲリエ(Courageux Guerrier)

京都2歳ステークス 2018 クラージュゲリエ

クラージュゲリエ・3歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ジュモー
母父:タニノギムレット
主な勝鞍:2018年・京都2歳ステークス
馬名の由来:勇敢な戦士(仏)

京都2歳ステークスで重賞初制覇。
名門・池江きゅう舎なところもポイントが高い。

京都2歳ステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の京都2歳Sの着順は1着:クラージュゲリエ、2着:ブレイキングドーン、3着:ワールドプレミアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

日本ダービーの日程・賞金は?

マカヒキ 日本ダービー

第86回 日本ダービー・東京優駿(Tokyo Yushun・Japanese Derby)
2019年5月26日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:2億円
年齢:3歳牡馬・牝馬 距離:2,400m(芝・左)

日本ダービープレイバック・思い出のダービーは

2018年の日本ダービーを制したのは「ワグネリアン(Wagnerian)」。外枠の不利を克服し、6955頭の頂点に立った。鞍上の福永騎手は実に19度目の挑戦で悲願の日本ダービー制覇を果たし、ウイニングランで何度もガッツポーズを見せた。

2018年5月27日(日)日本ダービー(GI)

1着:ワグネリアン
2着:エポカドーロ(1/2馬身)
3着:コズミックフォース(クビ)
4着:エタリオウ(ハナ)
5着:ブラストワンピース(ハナ)

勝ちタイム:2.23.6
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

レース後のコメント
1着 ワグネリアン(福永祐一騎手)
「最後はただただ気合いだけでした。何が何だかわからなかったですが、1着でゴールしたのはわかったので、初めての気分でした。(涙を流していた?)たくさんのお客さんが声援で迎えてくれたところで、そういう状況でした。こういう気持ちになったのも初めてでしたし、貴重な経験をさせてもらいました。これまで有力馬で結果を出すことができなかったので、このままダービーを勝てないんじゃないかと思いましたが、いろいろな人が支えてくれましたし、馬も良いコンディションで応えてくれました。(父に)良い報告ができます。福永家にとっても悲願でしたから、本当に良かったです」

2018年・日本ダービー

日本ダービー 2018 ワグネリアン

日本ダービー 2018の動画・結果です。日本ダービーの結果は1着:ワグネリアン、2着:エポカドーロ、3着:コズミックフォース。「ワグネリアン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

日本ダービー 2018の動画・結果です。日本ダービーの結果は1着:ワグネリアン、2着:エポカドーロ、3着:コズミックフォース。「ワグネリアン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2017年勝ち馬・レイデオロ(Rey de Oro)

1着:レイデオロ
2着:スワーヴリチャード(3/4馬身)
3着:アドミラブル(1-1/4馬身)
4着:マイスタイル(クビ)
5着:アルアイン(ハナ)

勝ちタイム:2.26.9
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

「日本ダービー 2017」の動画・結果です。日本ダービーの結果は1着:レイデオロ、2着:スワーヴリチャード、3着:アドミラブル。「レイデオロ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。
2016年勝ち馬・マカヒキ(Makahiki)

1着:マカヒキ
2着:サトノダイヤモンド(ハナ)
3着:ディーマジェスティ(1/2馬身)
4着:エアスピネル(2馬身)
5着:リオンディーズ(1/2馬身)

勝ちタイム:2.24.0
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

「日本ダービー 2016」の動画・結果です。日本ダービーの結果は1着:マカヒキ、2着:サトノダイヤモンド、3着:ディーマジェスティ。「マカヒキ」が勝利した2016年の日本ダービーの詳しい結果、動画をご覧ください。
2015年勝ち馬・ドゥラメンテ(Duramente)

1着:ドゥラメンテ
2着:サトノラーゼン(1-3/4馬身)
3着:サトノクラウン(ハナ)
4着:リアルスティール(2馬身)
5着:コメート(3/4馬身)

勝ちタイム:2.23.2
勝利騎手:M.デムーロ
馬場:良

日本ダービー 2015 の動画・結果です。日本ダービー の結果は1着:ドゥラメンテ、2着:サトノラーゼン、3着:サトノクラウン。ドゥラメンテ が勝利した 日本ダービー 2015 の詳しい結果、動画をご覧ください。
2014年勝ち馬・ワンアンドオンリー(One and Only)

1着:ワンアンドオンリー
2着:イスラボニータ(3/4馬身)
3着:マイネルフロスト(1-1/2馬身)
4着:タガノグランパ(クビ)
5着:トゥザワールド(クビ)

勝ちタイム:2.24.6
勝利騎手:横山 典弘
馬場:良

日本ダービー2014の動画・結果です。2014年の日本ダービーの結果は1着:ワンアンドオンリー、2着:イスラボニータ、3着:マイネルフロストでした。ワンアンドオンリーが勝利した日本ダービーの詳しい結果、動画をご覧ください。
2013年勝ち馬・キズナ(Kizuna)

1着:キズナ
2着:エピファネイア(1/2馬身)
3着:アポロソニック(1-1/4馬身)
4着:ペプチドアマゾン(ハナ)
5着:ロゴタイプ(ハナ)

勝ちタイム:2.24.3
勝利騎手:武 豊
馬場:良

日本ダービー2013の動画・結果です。2013年の日本ダービーの結果は1着:キズナ、2着:エピファネイア、3着:アポロソニックでした。キズナが勝利した日本ダービーの詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする