【日本ダービー2024】出走予定馬・予想オッズ・騎手/夢にまで見た舞台

日本ダービー2023 タスティエーラ

日本ダービーは2024年5月26日に東京競馬場で行われる三歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2024年で第91回を迎え、昨年はタスティエーラが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

夢にまで見た舞台

2024年・日本ダービーの出走予定馬をチェック

出走予定馬(5月22日)

2024年の日本ダービーの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

優先出走馬・賞金上位馬
  • アーバンシック(横山武史
  • エコロヴァルツ(岩田康誠)
  • コスモキュランダ(M.デムーロ)
  • ゴンバデカーブース(松山弘平)
  • サンライズアース(池添謙一)
  • サンライズジパング(菅原明良)
  • シックスペンス(川田将雅
  • ジャスティンミラノ(戸崎圭太)
  • シュガークン(武豊
  • ジューンテイク(岩田望来)
  • ショウナンラプンタ(鮫島克駿)
  • シンエンペラー(坂井瑠星)
  • ダノンエアズロック(J.モレイラ)
  • ダノンデサイル(横山典弘)
  • ビザンチンドリーム(西村淳也)
  • ミスタージーティー(藤岡佑介)
  • メイショウタバル(浜中俊)
  • レガレイラ(C.ルメール
回避予定馬
  • サトノエピック(横山和生)
日本ダービー・注目馬ピックアップ

2024年・日本ダービーの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ジャスティンミラノ(Justin Milano)

ジャスティンミラノ・3歳牡馬
父:キズナ
母:マーゴットディド
母父:Exceed And Excel
主な勝鞍:2024年・皐月賞
馬名の由来:冠名+イタリアの地名

無傷の3連勝で一冠目・皐月賞を制した。
東京コースにも不安がなく、無敗の二冠馬を目指す。

コスモキュランダ(Cosmo Kuranda)

コスモキュランダ・3歳牡馬
父:アルアイン
母:サザンスピード
母父:Southern Image
主な勝鞍:2024年・弥生賞
馬名の由来:冠名+オーストラリア北東部の熱帯雨林。世界遺産

皐月賞では7番人気ながらタイム差なしの2着と健闘。
大一番で逆転なるか。

レガレイラ(Regaleira)

レガレイラ・3歳牝馬
父:スワーヴリチャード
母:ロカ
母父:ハービンジャー
主な勝鞍:2023年・ホープフルステークス
馬名の由来:ポルトガル中西部の都市シントラにある宮殿

皐月賞で1番人気(6着)に支持された牝馬のレガレイラがオークスではなく日本ダービー参戦を表明。
2007年ウオッカ以来17年ぶりの牝馬Vとなるか?

シックスペンス(Sixpence)

シックスペンス・3歳牡馬
父:キズナ
母:フィンレイズラッキーチャーム
母父:Twirling Candy
主な勝鞍:2024年・スプリングステークス
馬名の由来:イギリス旧硬貨の名。幸運をもたらすお守り。母名より連想

無傷の3連勝でスプリングステークスを制覇。
皐月賞は回避し、日本ダービーに全集中するとのこと。

シンエンペラー(Shin Emperor)

シンエンペラー・3歳牡馬
父:Siyouni
母:Starlet’s Sister
母父:Galileo
主な勝鞍:2023年・京都2歳ステークス
馬名の由来:真の皇帝、新しい皇帝

ホープフルステークス2着、皐月賞5着と世代トップクラスの走りを見せてくれている。

シュガークン(Sugar Kun)

シュガークン・3歳牡馬
父:ドゥラメンテ
母:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
主な勝鞍:2024年・青葉賞
馬名の由来:母名の一部+時(フィンランド語)

青葉賞を制し本番への切符を手にした良血馬。
偉大な兄・キタサンブラックもなしえなかったダービー制覇なるか。

アーバンシック(Urban Chic)

アーバンシック・3歳牡馬
父:スワーヴリチャード
母:エッジースタイル
母父:ハービンジャー
主な勝鞍:2023年・百日草特別
馬名の由来:洗練された。母名より連想

皐月賞では思ったポジションが取れなかったものの、直線ではいい伸びを見せ4着。
武井調教師が「東京の方が合うだろうし、ダービーの方が向いている」とコメントしており期待が高まる。

メイショウタバル(Meisho Tabaru)

メイショウタバル・3歳牡馬
父:ゴールドシップ
母:メイショウツバクロ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2024年・毎日杯
馬名の由来:冠名+熊本県の地名

サンライズジパング(Sunrise Zipangu)

サンライズジパング・3歳牡馬
父:キズナ
母:サイマー
母父:Zoffany
主な勝鞍:2024年・若駒ステークス
馬名の由来:冠名+「日本」を意味する言葉

日本ダービー2024の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2024年・日本ダービーの予想オッズはこのように予想しています。
無敗の二冠馬を目指すジャスティンミラノが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ジャスティンミラノ(1.8)
  2. レガレイラ(4.5)
  3. シュガークン(6.5)
  4. シックスペンス(9.0)
  5. ダノンエアズロック(10.5)
  6. アーバンシック(13.5)
  7. コスモキュランダ(14.0)
  8. シンエンペラー(16.0)
  9. メイショウタバル(29.5)
  10. ゴンバデカーブース(33.5)
  11. ビザンチンドリーム(☆)
  12. サンライズジパング(☆)
  13. ショウナンラプンタ(☆)
  14. ミスタージーティー(☆)
  15. ジューンテイク(☆)
  16. ダノンデサイル(☆)
  17. エコロヴァルツ(☆)
  18. サンライズアース(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

前哨戦・参考レース

スプリングステークス

1着:シックスペンス

勝ちタイム:1:49.4
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

スプリングステークス2024の結果・動画をまとめた記事です。2024年のスプリングSの着順は1着:シックスペンス、2着:アレグロブリランテ、3着:ルカランフィーストとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
皐月賞

1着:ジャスティンミラノ
2着:コスモキュランダ
4着:アーバンシック
5着:シンエンペラー
6着:レガレイラ
7着:エコロヴァルツ
9着:サンライズジパング
10着:ミスタージーティー
12着:サンライズアース
13着:ビザンチンドリーム
17着:メイショウタバル
除外:ダノンデサイル

勝ちタイム:1:57.1(レコード
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:良

皐月賞2024の結果・動画をまとめた記事です。2024年の皐月賞の着順は1着:ジャスティンミラノ、2着:コスモキュランダ、3着:ジャンタルマンタルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
青葉賞

1着:シュガークン
2着:ショウナンラプンタ

勝ちタイム:2:24.2
優勝騎手:武 豊
馬場:良

青葉賞2024の結果・動画をまとめた記事です。2024年の青葉賞の着順は1着:シュガークン、2着:ショウナンラプンタ、3着:デュアルウィルダーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
京都新聞杯

1着:ジューンテイク

勝ちタイム:2:11.2
優勝騎手:藤岡 佑介
馬場:良

京都新聞杯2024の結果・動画をまとめた記事です。2024年の京都新聞杯の着順は1着:ジューンテイク、2着:ウエストナウ、3着:ヴェローチェエラとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
プリンシパルステークス

1着:ダノンエアズロック

勝ちタイム:1:59.6
優勝騎手:J.モレイラ
馬場:良

NHKマイルカップ

4着:ゴンバデカーブース

勝ちタイム:1:32.4
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

NHKマイルカップ2024の結果・動画をまとめた記事です。2024年のNHKマイルカップの着順は1着:ジャンタルマンタル、2着:アスコリピチェーノ、3着:ロジリオンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

日本ダービーの日程・賞金

第91回 日本ダービー・東京優駿(Tokyo Yushun・Japanese Derby)

日本ダービー2013キズナ

2024年5月26日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:3億円
年齢:3歳牡馬・牝馬 距離:2,400m(芝・左)

スポンサーリンク

牡馬クラシックについて

牡馬クラシックはJRAが開催する皐月賞、日本ダービー、菊花賞の三競走を指す。
皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、日本ダービーは「最も運のある馬が勝つ」、菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と言われている。
過去に牡馬クラシック三冠馬はセントライト、シンザン、ミスターシービー、シンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴル、コントレイルの8頭。
中でもシンボリルドルフとディープインパクト、コントレイルは無敗で三冠馬に輝いている。

皐月賞は2024年4月14日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2024年で第84回を迎え、昨年はソールオリエンスが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
菊花賞は2023年10月22日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2023年で第84回を迎え、昨年はアスクビクターモアが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

日本ダービー・プレイバック

日本ダービー2022 ドウデュース

2022年の日本ダービーを制したのは『ドウデュース(Do Deuce)』。直線外から鋭い末脚を炸裂させると後続をそのまま完封。皐月賞3着の悔しさを晴らす素晴らしい勝利で、7522頭の頂点に立った。

日本ダービー(G1)

1着:ドウデュース
2着:イクイノックス(クビ)
3着:アスクビクターモア(2馬身)
4着:ダノンベルーガ(クビ)
5着:プラダリア(3馬身)

勝ちタイム:2.21.9(レコード
優勝騎手:武 豊
馬場:良

2022年・日本ダービーの全着順、動画、コメントもチェック!
日本ダービー2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の日本ダービーの着順は1着:ドウデュース、2着:イクイノックス、3着:アスクビクターモアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする