【日本ダービー2022】結果・動画/ドウデュースが差し切り世代の頂点に立つ

日本ダービー2022 ドウデュース

日本ダービー2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の日本ダービーの着順は1着:ドウデュース、2着:イクイノックス、3着:アスクビクターモアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

7522頭の頂点!2022年の日本ダービーはドウデュースが差し切り世代の頂点に立つ

2022年5月29日(日) | 2回東京12日 | 15:40 発走
第89回 日本ダービー(GI)芝・左 2400m
Tokyo Yushun(Japanese Derby) (G1)

スポンサーリンク

2022年・日本ダービーの動画

関連記事
昨年の日本ダービーはシャフリヤールが制していた。
日本ダービー2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の日本ダービーの着順は1着:シャフリヤール、2着:エフフォーリア、3着:ステラヴェローチェとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・日本ダービーの結果

スポンサーリンク

1着:ドウデュース
2着:イクイノックス(クビ)
3着:アスクビクターモア(2馬身)
4着:ダノンベルーガ(クビ)
5着:プラダリア(3馬身)
6着:キラーアビリティ
7着:ジオグリフ
8着:オニャンコポン
9着:ジャスティンパレス
10着:ビーアストニッシド
11着:セイウンハーデス
12着:アスクワイルドモア
13着:マテンロウレオ
14着:ロードレゼル
15着:デシエルト
16着:ジャスティンロック
17着:マテンロウオリオン
18着:ピースオブエイト

勝ちタイム:2.21.9(レコード
優勝騎手:武 豊
馬場:良

関連記事
一冠目のG1・皐月賞はジオグリフが制していた
皐月賞2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の皐月賞の着順は1着:ジオグリフ、2着:イクイノックス、3着:ドウデュースとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
スポンサーリンク

レース後のコメント

日本ダービー2022 ドウデュース

1着 ドウデュース(武豊騎手)
「どうもありがとうございました。このレースを勝つためにみんなが努力しています。好きな仕事を一生懸命させてもらって、名馬に出会えることが何よりの励み。スタートは早いほうではないが、いいポジションが取れて、馬の状態も最高によかったので自信をもって4角を回ってゴーサインを出した。先頭に立つのが早かったんですけど、本当にすごい馬だなと思います。(ユタカコールが起きたことについて)本当にありがとうございます。こうやってみなさんに祝福してもらうことが一番の励みになるので、みなさんに応えるいいレースを今後もやっていきたいと思います。これでこの世代のトップに立ったと思う。オーナーが凱旋門賞大好きな方なので、そこ(凱旋門賞挑戦)は当然視野にあると思います。馬の状態次第ですが、そこが目標だと思います」

(友道康夫調教師)
「まずはホッとしました。自信はありました。今年に入って負けてはいましたが、力通りなら一番強いと思っていました。今日は朝から暑かったですが、最初に馬を見た時から凄く落ち着きがあり、装鞍所・パドックでも一頭だけ凄く落ち着いて、汗もかいていない感じで、凄くいい感じで周回していました。弥生賞は体に余裕があり、体を絞って春の一番の目標でしたから、きっちり仕上げて、ちょうどこれくらいの体重(490kg)で出られるかなという感じでした。武騎手には、この馬に限らずすべてお任せしています。1コーナーをまわる時、まあまあいいポジションが取れたと思いましたし、向正面に入って1頭ポツンと走れ、周りからプレッシャーを受けない形で行けたので、本当に理想の位置取りでした。内の馬も頑張っていたので、外に出した時には届くかなと思ったのですが、なかなか差がつまらなかったので心配しましたが、坂を上がってからいつものドウデュースを見せてくれて、強かったと思います。抜け出してからは長かったですね。フワッとするところがありますので、ゴールの瞬間はひとりでガッツポーズをしました。一回勝つまでは漠然と勝ちたいと思っていましたが、マカヒキで1回目を勝って、終わってからはやはり何度勝ってもいいなという思いで、3回目。本当に感謝しています。今回は過去2回とオーナーも違いますし、昔から武豊騎手に憧れてこの世界に入っていますから、武豊騎手と人気をしてダービーを勝てるのは感無量です。皐月賞の後からダービーで良い結果を出せれば秋はフランスへ行きましょうと決まっていたので、それからは恥ずかしくない成績でフランスへ行けるよう頑張ってきて、一番良い結果が出ましたから、行きたいですね。マカヒキの時、フランスで悔しい思いをしているので、何とか今度は日本の悲願をこの馬で達成したいと思います」

2着 イクイノックス(C.ルメール騎手)
「前半のペースが忙しく流れに乗れなかった。リズム重視で我慢させたのであの位置に。3、4角から手応えは良かった。ドウデュースの後ろでマークして、外に出した時はいいと思ったが、相手がもうひと伸びした。凄くいい競馬をしたので仕方がない。結果的に18番枠は難しかった」

3着 アスクビクターモア(田辺裕信騎手)
「皐月賞の敗因を糧にどうやって逆転しようか先生とイメージしてきました。切れ味勝負では分が悪いので積極的に運びました。使いながら落ち着きが出てきていい感じでした。最後、坂を上がって鈍ってしまいましたが頑張ってくれました」

4着 ダノンベルーガ(川田将雅騎手)
「リズム良く競馬ができていましたし、直線もスペースができてあとは伸びるだけだったんですが…。きょうできるこの馬の精一杯の走りをしてくれました」

5着 プラダリア(池添謙一騎手)
「この馬の状態としてはピークの仕上がりでした。ポジションを取って勝つ競馬をしました。メンタルの強いところを見せられてよかった。皐月賞組に割って入ったのはこの馬だけですからね」

6着 キラーアビリティ(横山武史騎手)
「前回、ゲートと折り合いの課題があって競馬にならなかったので、今日はこの2点を重点的に意識してレースに臨みました。ゲートは完全に克服したとは言えませんが、上手く出てくれましたし、折り合いも完全に克服したわけではないですが、折り合うシーンを作れたのが良かったです。2000mでもかかるくらいの馬ですが、2400mでも今後に繋がるレースができました」

7着 ジオグリフ(福永祐一騎手)
「課題のスタートもうまく出てくれたが取りたいポジションが取れず内の馬に取られてしまった。やはり体力を温存できた馬と自分の馬との差だと思う。完璧に乗ることができなかった。ためのところであったり距離が長いと決めつけることは早いと思う」

8着 オニャンコポン(菅原明良騎手)
「上位に来ている馬と同じポジションで競馬できましたし手応えも良く持ったままで来られました。しっかり脚をためる競馬で頑張ってくれました」

9着 ジャスティンパレス(M.デムーロ騎手)
「頑張りました。いいスタートを切って、いい位置で競馬ができましたが、直線半ばで止まってしまいました」

10着 ビーアストニッシド(和田竜二騎手)
「流れを考えながらいいところにつけようと思っていました。3コーナーでフワフワしたので距離は持つかと思ったけど、直線では内にもたれて苦しくなりました。最後まで走り切っているし成長を感じました」

11着 セイウンハーデス(幸英明騎手)
「1コーナーからずっと内にもたれていた。まだ幼い面があるのでその辺が解消してくれば」

12着 アスクワイルドモア(岩田望来騎手)
「いいポジションで競馬ができました。最後は上位との力の差が出た感じですが、今後の成長に期待したい」

13着 マテンロウレオ(横山和生騎手)
「攻め馬の雰囲気からいい感じでした。大観衆にものまれずに4コーナーまでは理想的にこられました」

14着 ロードレゼル(D.レーン騎手)
「いいスタートを切れましたが外枠になった分の差ですね。これから子供っぽさが成長してくれば」

15着 デシエルト(岩田康誠騎手)
「やることはやった。馬体重もプラスマイナスゼロで落ち着いていた。このメンバーの中でも十分やれるところは見せてくれた。レース内容は前走よりきょうの方が良かったし、まだいろいろ粗削りなのでね」

16着 ジャスティンロック(松山弘平騎手)
「スタートからなかなか前進することができなかったです。道中はおっつける感じでした。最後までよく走ってくれていますし、これから良くなると思うので、今後の成長に期待したいです」

17着 マテンロウオリオン(昆貢調教師)
「お客さんの数も多くテンションが上がっていた。もともと敏感なところがあるのでね。NHKマイルCでも2着にきているし今後は距離などを考えながら使っていきたい」

18着 ピースオブエイト(藤岡佑介騎手)
「前回はああいう競馬をしていたので折り合いをつけたいと思っていて、流れるかと思ったので流れに乗せていく走りをしました。ペースが速かったので苦しくなってしまった。伸びしろはあると思う」

勝ち馬プロフィール

日本ダービー2022 ドウデュース

ドウデュース(Do Deuce)牡3/鹿毛 友道 康夫(栗東)
父:ハーツクライ 母:ダストアンドダイヤモンズ 母父:Vindication
馬名の由来:する+テニス用語(勝利目前の意味)

関連記事
ドウデュースは昨年の朝日杯フューチュリティステークス以来のG1制覇となった
朝日杯フューチュリティステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の朝日杯FSの着順は1着:ドウデュース、2着:セリフォス、3着:ダノンスコーピオンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。