【ジャパンダートダービー2018】出走予定馬・日程・賞金/三歳ダート王が決まる

ジャパンダートダービー 2017 ヒガシウィルウィン

ジャパンダートダービーは2018年7月11日に大井競馬場で行われる三歳ダート王を決める一戦。ジャパンダートダービーは2018年で第20回を迎える。昨年はヒガシウィルウィンが制した。ジャパンダートダービーの出走予定馬・賞金・日程などをチェックしてみよう。

大井で三歳ダート王が決まる

出走予定馬

2018年・ジャパンダートダービーの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・ドンフォルティス(Don Fortis)

ドンフォルティス

ドンフォルティス・3歳牡馬
父:ヘニーヒューズ
母:グロッタアズーラ
母父:フジキセキ
主な勝鞍:2017年・北海道2歳優駿
馬名の由来:冠名+勇敢な(ラテン語)

昨年の北海道2歳優駿で重賞初制覇を果たし、今年初戦となった伏竜ステークスでも好位から抜け出し快勝した。
再び武豊騎手とのコンビ復活が発表されており、有力馬の一頭に挙げられている。

・テーオーエナジー(T O Energy)

兵庫チャンピオンシップ 2018 テーオーエナジー

テーオーエナジー・3歳牡馬
父:カネヒキリ
母:シルキークラフト
母父:Crafty Prospector
主な勝鞍:2018年・兵庫チャンピオンシップ
馬名の由来:冠名+エネルギー、活力、力強さ

前走の日本ダービーこそ18着と大敗したものの、ダートでは【3-1-1-0】と安定した成績を残している。
父カネヒキリもジャパンダートダービーを制しており、親子制覇なるかに注目が集まる。

・ビッグスモーキー(Big Smoky)

ビッグスモーキー

ビッグスモーキー・3歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:スモークンフローリック
母父:Smoke Glacken
主な勝鞍:2017年・もちの木賞
馬名の由来:米国ネバダ州にある渓谷名

ダート戦で1800mを超える距離では【2-3-0-0】と連対を外していない。
距離がさらに延びるのはプラスに出そう。

・オメガパフューム(Omega Perfume)

オメガパフューム

オメガパフューム・3歳牡馬
父:スウェプトオーヴァーボード
母:オメガフレグランス
母父:ゴールドアリュール
主な勝鞍:2018年・加古川特別
馬名の由来:冠名+香水。母名より連想

前走の加古川ステークス(1000万下)では古馬相手に快勝。
これまで4戦すべてで上り最速タイムを計測しているのは魅力的だ。

日程・賞金

ジャパンダートダービー 2016

第20回 ジャパンダートダービー(Japan Dirt Derby)
2018年7月11日(水)大井競馬場
格:Jpn1 1着本賞金:4,500万円
年齢:3歳 距離:2,000m(ダート・右)

プレイバック

2017年のジャパンダートダービーを制したのは「ヒガシウィルウィン(Higashi Will Win)」。地方所属馬の勝利は7年ぶりだった。主戦の森泰斗騎手がケガのために乗れず、今回初めてコンビを組んだ本田正重騎手がみごとに大役をはたした。

2017年7月12日(水)ジャパンダートダービー・Japan Dirt Derby(JpnⅠ)

1着:ヒガシウィルウィン
2着:サンライズソア(クビ)
3着:タガノディグオ(1馬身)
4着:リゾネーター(クビ)
5着:ノーブルサターン(1-3/4馬身)

勝ちタイム:2:05:8
優勝騎手:本田正重
馬場:良

動画・結果

ジャパンダートダービー 2017 ヒガシウィルウィン

【ジャパンダートダービー 2017】動画・結果/ヒガシウィルウィンが接戦を制する

「ジャパンダートダービー 2017」の動画・結果です。JDDの結果は1着:ヒガシウィルウィン、2着:サンライズソア、3着:タガノディグオ。「ヒガシウィルウィン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。