【ジャパンダートダービー2021】出走予定馬・予想オッズ・騎手/三歳ダート王が決まる

ジャパンダートダービー2020 ダノンファラオ

ジャパンダートダービーは2021年7月14日に大井競馬場で行われる三歳ダート王を決める一戦。ジャパンダートダービーは2021年で第23回を迎え、昨年はダノンファラオが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

大井で三歳ダート王が決まる
スポンサーリンク

2021年・ジャパンダートダービーの出走予定馬たち

ジャパンダートダービーの枠順決定!(7月11日)

ジャパンダートダービー2021 枠順

2021年・ジャパンダートダービーの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではウェルドーンが5枠7番、スマッシャーは7枠10番、リプレーザは2枠2番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

出走予定馬(7月8日)

2021年のジャパンダートダービーの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。

JRA所属
  • ウェルドーン(武豊
  • ゴッドセレクション(中井裕二)
  • スマッシャー(坂井瑠星)
  • ダノンブレット(横山典弘)
  • リプレーザ(幸英明)
  • ロードシュトローム(松山弘平)
  • ロングラン(大野拓弥)
南関地区所属馬
  • ギガキング(和田譲治)
  • キャッスルトップ(未定)
  • キラカイドウ(的場文男)
  • ジョエル(張田昂)
  • セイカメテオポリス(矢野貴之)
  • トーセンフランク(未定)
  • ブライトフラッグ(本橋孝太)
ジャパンダートダービー・注目馬ピックアップ

2021年・ジャパンダートダービーの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

リプレーザ(Ripresa)

リプレーザ・3歳牡馬
父:リオンディーズ
母:サウスエンピリカル
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2021年・兵庫チャンピオンシップ
馬名の由来:加速する(伊)

3連勝で兵庫チャンピオンシップを制した。
日本ダービーをパスしてジャパンダートダービー一本に絞った選択は好感が持てる。

ウェルドーン(Well Done)

ウェルドーン・3歳牝馬
父:ヘニーヒューズ
母:ツルマルオジョウ
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2021年・関東オークス
馬名の由来:あっぱれ

関東オークスを制したウェルドーンが牡馬に挑戦。
牝馬は過去ジャパンダートダービーを制しておらず、史上初の快挙を目指す。
鞍上は引き続き武豊騎手。

スマッシャー(Smasher)

スマッシャー・3歳牡馬
父:マジェスティックウォリアー
母:スマッシュ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・ユニコーンステークス
馬名の由来:粉砕者。あらゆる記録を打ち破ってほしい。母名より連想

7番人気でユニコーンステークスを制した。
距離の壁を粉砕できるか。

ゴッドセレクション(God Selection)

ゴッドセレクション・3歳牡馬
父:ノヴェリスト
母:アルティメイトラブ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2021年・伏竜ステークス
馬名の由来:神の選択

兵庫チャンピオンシップでは勝ち馬と半馬身差の2着。
リベンジなるか。

ロードシュトローム(Lord Strom)

ロードシュトローム・3歳牡馬
父:マクフィ
母:オーシュペール
母父:ダイワメジャー
主な勝鞍:2021年・3歳1勝クラス
馬名の由来:冠名+大河、水の流れ(独)

鳳雛ステークス3着。
実績は他馬に比べ劣るが…。

ダノンブレット(Danon Bullet)

ダノンブレット・3歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ダイワズーム
母父:ハーツクライ
主な勝鞍:2021年・3歳1勝クラス
馬名の由来:冠名+弾丸

ダートでは5戦して馬券圏内を外していない。
決め手が生きる展開になれば。

ロングラン(Long Run)

ロングラン・3歳牡馬
父:ヴィクトワールピサ
母:ノッテビアンカ
母父:Kendargent
主な勝鞍:2021年・3歳1勝クラス
馬名の由来:長く元気に走ってほしい

ブライトフラッグ(Bright Flag)

ブライトフラッグ・3歳牡馬
父:ヴィクトワールピサ
母:ブライトアバンダンス
母父:Quiet American
主な勝鞍:2020年・ブリーダーズゴールドジュニアカップ
馬名の由来:輝く旗。母名より連想

東京ダービー3着馬。

ジャパンダートダービー2021の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2021年・ジャパンダートダービーの予想オッズはこのように予想しています。
武豊騎手とのコンビで史上初の牝馬制覇を目指すウェルドーンが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ウェルドーン(2.5)
  2. スマッシャー(3.5)
  3. ロードシュトローム(5.5)
  4. リプレーザ(6.0)
  5. ゴッドセレクション(10.0)
  6. ダノンブレット(20.0)
  7. ブライトフラッグ(48.0)
  8. ロングラン(☆)
  9. キラカイドウ(☆)
  10. ジョエル(☆)
  11. セイカメテオポリス(☆)
  12. ギガキング(☆)
  13. キャッスルトップ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

ジャパンダートダービーの日程・賞金

第23回 ジャパンダートダービー(Japan Dirt Derby)

ジャパンダートダービー 2018 ルヴァンスレーヴ

2021年7月14日(水)大井競馬場
格:Jpn1 1着本賞金:6,000万円
年齢:3歳 距離:2,000m(ダート・右)

秋には古馬との対戦が待っている。
ビッグレースで先輩たちを倒す新星が誕生するか。

チャンピオンズカップは2021年12月5日に中京競馬場で行われる秋の中距離ダート王を決める一戦。チャンピオンズカップは2021年で第22回を迎え、昨年はチュウワウィザードが制した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
東京大賞典は2021年12月29日に大井競馬場で行われるダートレースの総決算の一戦。東京大賞典は2021年で第67回を迎え、昨年はオメガパフュームが制した。東京大賞典の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

ジャパンダートダービー・プレイバック

ジャパンダートダービー2019 クリソベリル

2019年のジャパンダートダービーを制したのは「クリソベリル(Chrysoberyl)」。楽な手応えで直線を迎えると後は突き放す一方。後続に3馬身の差をつける圧勝で三歳ダート王の座に輝いた。

ジャパンダートダービー(JpnI)

1着:クリソベリル
2着:デルマルーヴル(3馬身)
3着:ミューチャリー(アタマ)
4着:ウィンターフェル(アタマ)
5着:ヒカリオーソ(2-1/2馬身)

勝ちタイム:2.06.1
優勝騎手:川田将雅
馬場:稍重

2019年・ジャパンダートダービーの全着順、動画、レース後のコメントをチェック!
ジャパンダートダービー2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のJDDの着順は1着:クリソベリル、2着:デルマルーヴル、3着:ミューチャリーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする