【NHKマイルカップ2022】出走馬・結果/三歳マイル王者に輝くのは

NHKマイルカップ2020 ラウダシオン

NHKマイルカップは2022年5月8日に東京競馬場で行われる三歳マイル王を決める一戦。NHKマイルカップは2022年で第27回目を迎え、昨年はシュネルマイスターが制した。NHKマイルカップの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

三歳マイル王者に輝くのは
スポンサーリンク

2022年・NHKマイルカップの結果は!?

NHKマイルカップ2022 ダノンスコーピオン

2022年のNHKマイルカップを制したのは『ダノンスコーピオン(Danon Scorpion)』。鞍上の檄に応える力強い伸びでクビ差先着。連勝で三歳マイル王に輝いた。

NHKマイルカップ(G1)

1着:ダノンスコーピオン
2着:マテンロウオリオン(クビ)
3着:カワキタレブリー(クビ)
4着:セリフォス(1-1/4馬身)
5着:インダストリア(クビ)

勝ちタイム:1.32.3
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

2022年・NHKマイルカップの全着順、動画、コメントもチェック!
NHKマイルカップ2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のNHKマイルCの着順は1着:ダノンスコーピオン、2着:マテンロウオリオン、3着:カワキタレブリーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・NHKマイルカップの出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
NHKマイルカップの枠順決定!(5月6日)

NHKマイルカップ2022 枠順

2022年・NHKマイルカップの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではセリフォスが2枠4番、ダノンスコーピオンは8枠18番、インダストリアは6枠11番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

NHKマイルカップの前日最終オッズは?!(5月7日)

NHKマイルカップ2022 前日最終オッズ

5月7日にJRAから発表されたNHKマイルカップの前日最終オッズです。
1番人気はセリフォスで4.4倍、2番人気はインダストリアで4.6倍、マテンロウオリオンが5.9倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

NHKマイルカップ2022・出走馬の調教後の馬体重(5月5日)

NHKマイルカップ2022 調教後の馬体重

2022年5月5日にJRAより発表されたNHKマイルカップに出走する馬の調教後に計測された馬体重一覧です。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

2022年・NHKマイルカップの追い切り・コメントをチェック!
NHKマイルカップ2022の追い切り・コメントの記事です。NHKマイルCの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(5月5日)

2022年のNHKマイルカップの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • アルーリングウェイ(藤岡佑介)
  • インダストリア(D.レーン)
  • オタルエバー(横山和生)
  • カワキタレブリー(菅原明良)
  • キングエルメス(坂井瑠星)
  • ジャングロ(武豊
  • ステルナティーア(池添謙一)
  • セイクリッド(菊沢一樹)
  • セリフォス(福永祐一)
  • ソネットフレーズ(横山武史
  • ソリタリオ(鮫島克駿)
  • タイセイディバイン(松若風馬)
  • ダノンスコーピオン(川田将雅
  • ダンテスヴュー(吉田隼人)
  • トウシンマカオ(戸崎圭太)
  • フォラブリューテ(大野拓弥)
  • プルパレイ(M.デムーロ)
  • マテンロウオリオン(横山典弘)
除外馬・回避馬
  • ディオ(未定)
  • デルマグレムリン(未定)
  • ドーブネ(未定)
NHKマイルカップ・注目馬ピックアップ

2022年・NHKマイルカップの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ダノンスコーピオン(Danon Scorpion)

ダノンスコーピオン・3歳牡馬
父:ロードカナロア
母:レキシールー
母父:Sligo Bay
主な勝鞍:2022年・アーリントンカップ
馬名の由来:冠名+サソリ

朝日杯フューチュリティステークス3着馬で、アーリントンカップの覇者。
決め手の鋭さは東京コースにバッチリ。
きっちり標的を射止めろ!

セリフォス(Serifos)

セリフォス・3歳牡馬
父:ダイワメジャー
母:シーフロント
母父:Le Havre
主な勝鞍:2021年・デイリー杯2歳ステークス
馬名の由来:エーゲ海にある島名。母名より連想

昨年の朝日杯フューチュリティステークス(2着)から直行する。
今度こそ世代の頂点へ。

ジャングロ(Jean Gros)

ジャングロ・3歳牡馬
父:More Than Ready
母:Goodbye Stranger
母父:Broad Brush
主な勝鞍:2022年・ニュージーランドトロフィー
馬名の由来:人名より

ニュージーランドトロフィーを逃げ切りV。
3連勝の勢いは本物。

マテンロウオリオン(Matenro Orion)

マテンロウオリオン・3歳牡馬
父:ダイワメジャー
母:パルテノン
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2022年・シンザン記念
馬名の由来:摩天楼+星座の名

出世レースのシンザン記念を優勝。
ダイワメジャー産駒はNHKマイルカップと相性〇。

タイセイディバイン(Taisei Divine)

タイセイディバイン・3歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:ダイワスピリット
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2021年・2歳未勝利
馬名の由来:冠名+神聖の

ファルコンステークス、アーリントンカップを連続2着。
積み重ねた経験を武器に。

インダストリア(Industria)

インダストリア・3歳牡馬
父:リオンディーズ
母:インダクティ
母父:ハーツクライ
主な勝鞍:2022年・ジュニアカップ
馬名の由来:物語に登場する架空の地名

ジュニアカップを2馬身半差で快勝。
半兄のケイデンスコール(父ロードカナロア)はNHKマイルカップ2着馬。

プルパレイ(Purpur Ray)

プルパレイ・3歳牡馬
父:イスラボニータ
母:マイジェン
母父:Fusaichi Pegasus
主な勝鞍:2022年・ファルコンステークス
馬名の由来:紫の閃光(独)

ファルコンステークスを制し重賞初V。
たまにレースをやめる悪癖が出るので、そこが気がかり。

キングエルメス(King Hermes)

キングエルメス・3歳牡馬
父:ロードカナロア
母:ステラリード
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2021年・京王杯2歳ステークス
馬名の由来:王+ギリシャ神話に登場する青年神。父名から連想

骨折明け&初の1600mと不安要素が多い一戦だったアーリントンカップを見所十分の3着と健闘。
一度使われてさらに上昇しそう。

アルーリングウェイ(Alluring Way)

アルーリングウェイ・3歳牝馬
父:ジャスタウェイ
母:アルーリングライフ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2022年・エルフィンステークス
馬名の由来:魅惑的な道

桜花賞は8着ながら勝ち馬から0.2秒差とそれほど差はなかった。
軽視禁物。

ソリタリオ(Solitario)

ソリタリオ・3歳牡馬
父:モーリス
母:サブトゥエンティ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・こうやまき賞
馬名の由来:孤高(西)

前走のスプリングステークスで10着に敗れたためマイル路線に舞い戻ってきた。
左回りの1600mは【2-3-0-0】と連対100%。

オタルエバー(Otaru Ever)

オタルエバー・3歳牡馬
父:リオンディーズ
母:ルージュクール
母父:Redoute’s Choice
主な勝鞍:2021年・秋明菊賞
馬名の由来:北海道の地名+いつまでも

重賞勝ちこそないもののG3で2度の3着あり。
前走後方からいい脚が使えたのは収穫。

ステルナティーア(Sternatia)

ステルナティーア・3歳牝馬
父:ロードカナロア
母:ラルケット
母父:ファルブラヴ
主な勝鞍:2021年・2歳新馬
馬名の由来:イタリア、プッリャ州にある自治体

桜花賞をパスしてNHKマイルカップを選択。
東京マイルコースはサウジアラビアロイヤルカップで2着に入っている。

ソネットフレーズ(Sonnet Phrase)

ソネットフレーズ・3歳牝馬
父:エピファネイア
母:ボージェスト
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・2歳新馬
馬名の由来:ピンクカーネーションの品種。花言葉は「美しい仕草」。母名より連想

デイリー杯2歳ステークス(2着)以来の実戦を迎える。
どれだけ成長しているか。

ダンテスヴュー(Dante’s View)

ダンテスヴュー・3歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:クロウキャニオン
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2021年・2歳未勝利
馬名の由来:デスバレーの景勝地

きさらぎ賞2着、東京スポーツ杯2歳ステークス4着の実績あり。
東京マイルなら対応できそう。

トウシンマカオ(Toshin Macau)

トウシンマカオ・3歳牡馬
父:ビッグアーサー
母:ユキノマーメイド
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2022年・クロッカスステークス
馬名の由来:冠名+地名

スポンサーリンク

前哨戦・参考レース

朝日杯フューチュリティステークス

1着:ドウデュース
2着:セリフォス(1/2馬身)
3着:ダノンスコーピオン(1/2馬身)

勝ちタイム:1.33.5
優勝騎手:武 豊
馬場:良

朝日杯フューチュリティステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の朝日杯FSの着順は1着:ドウデュース、2着:セリフォス、3着:ダノンスコーピオンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ファルコンステークス

1着:プルパレイ
2着:タイセイディバイン(1-3/4馬身)
3着:オタルエバー(1/2馬身)

勝ちタイム:1.20.9
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:稍重

ファルコンステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のファルコンSの着順は1着:プルパレイ、2着:タイセイディバイン、3着:オタルエバーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ニュージーランドトロフィー

1着:ジャングロ
2着:マテンロウオリオン(アタマ)
3着:リューベック(1-1/2馬身)

勝ちタイム:1.33.5
優勝騎手:武 豊
馬場:良

ニュージーランドトロフィー2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のNZTの着順は1着:ジャングロ、2着:マテンロウオリオン、3着:リューベックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
桜花賞

1着:スターズオンアース
2着:ウォーターナビレラ(ハナ)
3着:ナムラクレア(1/2馬身)

勝ちタイム:1.32.9
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

桜花賞2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の桜花賞の着順は1着:スターズオンアース、2着:ウォーターナビレラ、3着:ナムラクレアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
アーリントンカップ

1着:ダノンスコーピオン
2着:タイセイディバイン(クビ)
3着:キングエルメス(3/4馬身)

勝ちタイム:1.32.7
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

アーリントンカップ2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年のアーリントンCの着順は1着:ダノンスコーピオン、2着:タイセイディバイン、3着:キングエルメスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

NHKマイルカップ2022の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2022年・NHKマイルカップの予想オッズはこのように予想しています。
好調福永騎手との初コンビでG1制覇を目指すセリフォスが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. セリフォス(2.5)
  2. ダノンスコーピオン(3.0)
  3. インダストリア(5.5)
  4. ジャングロ(8.0)
  5. マテンロウオリオン(10.5)
  6. プルパレイ(13.5)
  7. ソネットフレーズ(17.0)
  8. キングエルメス(20.0)
  9. アルーリングウェイ(33.0)
  10. タイセイディバイン(43.0)
  11. ダンテスヴュー(45.0)
  12. ソリタリオ(☆)
  13. トウシンマカオ(☆)
  14. オタルエバー(☆)
  15. ステルナティーア(☆)
  16. フォラブリューテ(☆)
  17. ディオ(☆)
  18. カワキタレブリー(☆)
  19. デルマグレムリン(☆)
  20. セイクリッド(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

NHKマイルカップの日程・賞金

第27回 NHKマイルカップ(NHK Mile Cup)

NHKマイルカップ2020 ラウダシオン

2022年5月8日(日)東京競馬場
格:G1 1着本賞金:1億3,000万円
年齢:3歳 距離:1,600m(芝・左)

6月に同舞台で古馬との戦いとなる安田記念が開催されており、NHKマイルカップで好走した馬が斤量差を生かし活躍している。

安田記念
安田記念は2022年6月5日に東京競馬場で行われる春のマイル王決定戦。安田記念は2022年で第72回を迎え、昨年はダノンキングリーが制した。安田記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

NHKマイルカップ・プレイバック

NHKマイルカップ2019 アドマイヤマーズ

2019年のNHKマイルカップを制したのは『アドマイヤマーズ(Admire Mars)』。2歳マイル王が力の違いを見せつける走りで優勝。3歳でもマイル界の頂点を極めた。
その後、香港マイルを制しアジアのマイル王へと駆け上がっていく。

NHKマイルカップ(G1)

1着:アドマイヤマーズ
2着:ケイデンスコール(1/2馬身)
3着:カテドラル(ハナ)
4着:ダノンチェイサー(1-1/4馬身+クビ)
5着:グランアレグリア(4着降着)

勝ちタイム:1.32.4
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

2019年・NHKマイルカップの全着順、動画、コメントもチェック!
NHKマイルカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のNHKマイルCの着順は1着:アドマイヤマーズ、2着:ケイデンスコール、3着:カテドラルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする