【JBCスプリント2020】出走予定馬・予想オッズ・賞金/砂のスピードキング争い

JBCスプリント2019 ブルドッグボス

JBCスプリントは2020年11月3日に大井競馬場で行われる秋の短距離ダート王を決める一戦。JBCスプリントは2020年で第20回を迎え、昨年はブルドッグボスが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

砂のスピードキング争い
スポンサーリンク

2020年・JBCスプリントの出走予定馬をチェック

JBCスプリントの枠順決定!(10月31日)

JBCスプリント2020 枠順

2020年・JBCスプリントの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではコパノキッキングが7枠13番、ブルドッグボスは7枠14番、マテラスカイは5枠10番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

JBCスプリント・注目馬ピックアップ

2020年・JBCスプリントの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ブルドッグボス(Bulldog Boss)

ブルドッグボス・8歳牡馬
父:ダイワメジャー
母:リファールカンヌ
母父:デインヒル
主な勝鞍:2019年・JBCスプリント
馬名の由来:犬の品種名+ボス

前年度覇者。
2005年・2006年のブルーコンコルド以来となる連覇狙う。

コパノキッキング(Copano Kicking)

コパノキッキング・5歳せん馬
父:Spring At Last
母:Celadon
母父:ゴールドヘイロー
主な勝鞍:2019年・根岸ステークス
馬名の由来:冠名+キックする

昨年はクビ差の2着。
今年こそ!

マテラスカイ(Matera Sky)

マテラスカイ・6歳牡馬
父:Speightstown
母:Mostaqeleh
母父:Rahy
主な勝鞍:2018年・プロキオンステークス
馬名の由来:冠名+空

1度はブリーダーズカップスプリントを表明するも最終的には武豊騎手とのコンビでJBCスプリントに参戦を決めた。

モズスーパーフレア(Mozu Superflare)

モズスーパーフレア・5歳牝馬
父:Speightstown
母:Christies Treasure
母父:Belong to Me
主な勝鞍:2020年・高松宮記念
馬名の由来:冠名+恒星の表面で起こるエネルギーの大爆発

今年の高松宮記念馬が初のダート戦に挑む。
血統的にはこなせる下地アリ。

ジャスティン(Justin)

ジャスティン・4歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:シナスタジア
母父:Gone West
主な勝鞍:2020年・東京盃
馬名の由来:人名より

若きスピードスター。
1200mは得意舞台。

ミスターメロディ(Mr Melody)

ミスターメロディ・5歳牡馬
父:Scat Daddy
母:Trusty Lady
母父:Deputy Minister
主な勝鞍:2019年・高松宮記念
馬名の由来:曲名

昨年のJBCスプリント(6着)以来のダート戦。
ダート一級戦とどんな戦いができるか。

ノブワイルド(Nobu Wild)

ノブワイルド・8歳牡馬
父:ヴァーミリアン
母:コウエイベスト
母父:アンバーシヤダイ
主な勝鞍:2019年・オーバルスプリント
馬名の由来:冠名+野生の

TUBEの前田亘輝氏の愛馬ノブワイルド。
大井は苦手だが…。

JBCスプリント2020の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2020年・JBCスプリントの予想オッズはこのように予想しています。
昨年2着のリベンジに燃えるコパノキッキングが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. コパノキッキング(2.5)
  2. モズスーパーフレア(3.0)
  3. ジャスティン(3.5)
  4. マテラスカイ(6.0)
  5. ブルドッグボス(8.0)
  6. ミスターメロディ(20.0)
  7. サクセスエナジー(23.0)
  8. ヒロシゲゴールド(☆)
  9. サブノジュニア(☆)
  10. キャンドルグラス(☆)
  11. ノブワイルド(☆)
  12. ベストマッチョ(☆)
  13. トロヴァオ(☆)
  14. メイショウアイアン(☆)
  15. シャインヴィットゥ(☆)
  16. クルセイズスピリツ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

JBCスプリントの日程・賞金

第20回 JBCスプリント(JBC Sprint)

JBCスプリント 2018 グレイスフルリープ

2020年11月3日(祝・火)大井競馬場
格:Jpn1 1着本賞金:6,000万円
年齢:3歳以上 距離:1,200m(ダート・右)

同日にJBCクラシックなどのビッグレースが開催される。
JBCクラシックは2020年11月3日に大井競馬場で行われる秋の中距離ダートG1戦。JBCクラシックは2020年で第20回を迎え、昨年はチュウワウィザードが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

JBCスプリント・プレイバック

JBCスプリント2019 ブルドッグボス

2019年のJBCスプリントを制したのは『ブルドッグボス(Bulldog Boss)』。粘る2着馬をゴール前でかわし、うれしいG1初制覇を果たした。
2着にはクビ差で藤田菜七子騎手騎乗のコパノキッキング、さらに3馬身差の3着にはトロヴァオが入った。

JBCスプリント(GI)

1着:ブルドッグボス
2着:コパノキッキング(クビ)
3着:トロヴァオ(3馬身)
4着:ノボバカラ(ハナ)
5着:ノブワイルド(3/4馬身)

勝ちタイム:1.24.9
優勝騎手:御神本 訓史
馬場:重

2019年・JBCスプリントの結果・動画・コメントはこちら!
JBCスプリント2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のJBCスプリントの着順は1着:ブルドッグボス、2着:コパノキッキング、3着:トロヴァオとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする