【JBCスプリント2019】出走予定馬・日程・賞金/砂のスピードキング争い

JBCスプリント 2018 グレイスフルリープ

JBCスプリントは2019年11月4日に浦和競馬場で行われる秋の短距離ダート王を決める一戦。JBCスプリントは2019年で第19回を迎え、昨年はグレイスフルリープが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

砂のスピードキング争い
スポンサーリンク

2019年・JBCスプリントの結果は!?

JBCスプリント2019 ブルドッグボス

2019年のJBCスプリントを制したのは『ブルドッグボス(Bulldog Boss)』。粘る2着馬をゴール前でかわし、うれしいG1初制覇を果たした。
2着にはクビ差で藤田菜七子騎手騎乗のコパノキッキング、さらに3馬身差の3着にはトロヴァオが入った。

JBCスプリント(GI)

1着:ブルドッグボス
2着:コパノキッキング(クビ)
3着:トロヴァオ(3馬身)
4着:ノボバカラ(ハナ)
5着:ノブワイルド(3/4馬身)

勝ちタイム:1.24.9
優勝騎手:御神本 訓史
馬場:重

JBCスプリントの詳しい結果はこちら
JBCスプリント2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のJBCスプリントの着順は1着:ブルドッグボス、2着:コパノキッキング、3着:トロヴァオとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・JBCスプリントの出走予定馬をチェック

JBCスプリントの枠順決定!(11月1日)

JBCスプリント2019 枠順

2019年・JBCスプリントの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではコパノキッキングが7枠10番、ミスターメロディは1枠1番、ノブワイルドは2枠2番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

JBCスプリント・注目馬ピックアップ

2019年・JBCスプリントの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

コパノキッキング(Copano Kicking)

根岸ステークス2019 コパノキッキング

コパノキッキング・4歳せん馬
父:Spring At Last
母:Celadon
母父:ゴールドヘイロー
主な勝鞍:2019年・根岸ステークス
馬名の由来:冠名+キックする

藤田菜七子騎手とのコンビが話題に。
人気コンビでの優勝となればさらに盛り上がる!

ミスターメロディ(Mr Melody)

高松宮記念2019 ミスターメロディ

ミスターメロディ・4歳牡馬
父:Scat Daddy
母:Trusty Lady
母父:Deputy Minister
主な勝鞍:2019年・高松宮記念
馬名の由来:曲名

芝の短距離王が久々のダート戦に挑む。
歴戦の砂王相手にどんな戦いを見せてくれるか。

サクセスエナジー(Success Energy)

黒船賞2019 サクセスエナジー

サクセスエナジー・4歳牡馬
父:キンシャサノキセキ
母:サクセスアイニー
母父:ジャングルポケット
主な勝鞍:2019年・黒船賞
馬名の由来:冠名+エネルギー

交流重賞3勝の実績は伊達じゃない。
初のG1取りへ。

ファンタジスト(Fantasist)

小倉2歳ステークス 2018 ファンタジスト

ファンタジスト・3歳牡馬
父:ロードカナロア
母:ディープインアスク
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2018年・京王杯2歳ステークス
馬名の由来:夢想家

芝の重賞を2勝している快速馬がダートに初挑戦。
鞍上は引き続き武豊騎手

ノボバカラ(Nobo Baccara)

【プロキオンステークス 2016】動画・結果/ノボバカラが人気に答え快勝

ノボバカラ・7歳牡馬
父:アドマイヤオーラ
母:ノボキッス
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2016年・プロキオンステークス
馬名の由来:冠名+ゼロ(伊)

近走は精彩を欠く。

ノブワイルド(Nobu Wild)

オーバルスプリント2019 ノブワイルド

ノブワイルド・7歳牡馬
父:ヴァーミリアン
母:コウエイベスト
母父:アンバーシヤダイ
主な勝鞍:2018年・オーバルスプリント
馬名の由来:冠名+野生の

TUBEの前田亘輝氏の愛馬ノブワイルド。
今年のプラチナカップではキタサンミカヅキを破るなど好調。

ブルドッグボス(Bulldog Boss)

【室町ステークス 2016】動画・結果/ブルドッグボスが1番人気に答える

ブルドッグボス・7歳牡馬
父:ダイワメジャー
母:リファールカンヌ
母父:デインヒル
主な勝鞍:2017年・クラスターカップ
馬名の由来:犬の品種名+ボス

前走の東京盃で2着に入り復調をアピール。
前崩れの流れになれば。

主な回避馬

ヤマニンアンプリメ(Yamanin Imprime)

クラスターカップ2019 ヤマニンアンプリメ

ヤマニンアンプリメ・5歳牝馬
父:シニスターミニスター
母:ヤマニンエリプス
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2019年・北海道スプリントカップ
馬名の由来:冠名+印刷する(仏)

JBCスプリントではなくJBCレディスクラシックへ進む。

レッツゴードンキ(Let’s Go Donki)

京都牝馬ステークス 2017 レッツゴードンキ

レッツゴードンキ・7歳牝馬
父:キングカメハメハ
母:マルトク
母父:マーベラスサンデー
主な勝鞍:2015年・桜花賞
馬名の由来:さあ進もう「ドンキホーテ」のように

こちらもJBCレディスクラシックに登録あり。

キタサンミカヅキ(Kitasan Mikazuki)

東京スプリント2019 キタサンミカヅキ

キタサンミカヅキ・9歳牡馬
父:キングヘイロー
母:キタサンジュエリー
母父:サクラバクシンオー
主な勝鞍:2019年・東京スプリント
馬名の由来:冠名+三日月

昨年まで二年連続参戦中だったが今年は登録なし。

JBCスプリント2019の予想オッズ

予想オッズ

2019年・JBCスプリントの予想オッズはこのように予想しています。
藤田菜七子騎手とのコンビでG1初制覇を狙うコパノキッキングが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. コパノキッキング(2.0)
  2. ミスターメロディ(2.5)
  3. ノブワイルド(4.0)
  4. サクセスエナジー(8.0)
  5. ファンタジスト(11.0)
  6. ブルドッグボス(36.0)
  7. ドリームドルチェ(45.0)
  8. ショコラブラン(☆)
  9. ノボバカラ(☆)
  10. メイショウアイアン(☆)
  11. ジョーストリクトリ(☆)
  12. トロヴァオ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

JBCスプリントの日程・賞金

【JBCスプリント 2016】動画・結果/ダノンレジェンドが勝利し悲願のビッグタイトルを獲得

第19回 JBCスプリント(JBC Sprint)

2019年11月4日(祝・月)浦和競馬場
格:Jpn1 1着本賞金:6,000万円
年齢:3歳以上 距離:1,200m(ダート・右)

JBCスプリント・プレイバック

JBCスプリント 2018 グレイスフルリープ

2018年のJBCスプリントを制したのは「グレイスフルリープ(Graceful Leap)」。好位から抜け出す完璧な競馬で8歳にして国内G1初制覇を飾った。

2018年 JBCスプリント(JBC Sprint)

1着:グレイスフルリープ
2着:マテラスカイ(クビ)
3着:キタサンミカヅキ(2-1/2馬身)
4着:モーニン(1/2馬身)
5着:レッツゴードンキ(1/2馬身)

勝ちタイム:1.10.4
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

JBCスプリント2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:グレイスフルリープ、2着:マテラスカイ、3着:キタサンミカヅキとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする