【JBCスプリント 2017】出走予定馬・日程・賞金/砂のスピードキング争い

【JBCスプリント 2016】動画・結果/ダノンレジェンドが勝利し悲願のビッグタイトルを獲得

2017年11月3日に大井競馬場で行われる秋の短距離ダート王を決める一戦「JBCスプリント」。JBCスプリントは2017年で第17回を迎える。昨年はダノンレジェンドが制した。JBCスプリントの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

砂のスピードキング争い

スポンサーリンク

動画・結果

2017年のJBCスプリントを制したのは「ニシケンモノノフ(Nishiken Mononofu)」。ゴール前での接戦を内から伸びてうれしいG1初制覇となった。

動画・結果

JBCスプリント 2017 ニシケンモノノフ

【JBCスプリント 2017】動画・結果/ニシケンモノノフがスピード対決を制す

「JBCスプリント 2017」の動画・結果です。JBCスプリントの結果は1着:ニシケンモノノフ、2着:コパノリッキー、3着:ブルドッグボス。「ニシケンモノノフ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

枠順

JBCスプリント 2017 枠順

JBCスプリント」の枠順が発表されました。
人気が予想されるコパノリッキーは5枠10番、2015年のJBCスプリント覇者のコーリンベリーは6枠12番、前哨戦の東京盃を制したキタサンミカヅキは2枠3番に入った。

発走は2017年11月3日の16時25分予定となっています。

追い切り

JBCスプリント 2017 追い切り

JBCスプリントに出走を予定している馬たちの最終追い切りタイムなどです。

・コパノリッキー

最終追い切り
10月30日・栗東・CW・不良
6F 85.8-68.1-52.0-37.5-12.6

村山師
「動きは良かったね。前走(マイルCS南部杯1着)はそんなに仕上げてなかったし、使った上積みはある」

・コーリンベリー

最終追い切り
10月31日・美浦・南D
5F 65.0-12.2

小野師
「やっと本物になった。今は体つきが引き締まっている」

・スノードラゴン

最終追い切り
10月31日・美浦・坂路
800m 53.0-12.3

高木師
「引き続きいい状態をキープしている」

・ドリームバレンチノ

最終追い切り
10月30日・栗東・坂路・不良
800m 56.5-41.7-26.6-12.2

・ニシケンモノノフ

最終追い切り
10月31日・栗東・坂路・稍重
800m 52.6-38.4-24.9-12.4

・ネロ

最終追い切り
10月31日・栗東・坂路・稍重
800m 48.8-37.3-25.6-13.4

・ノボバカラ

最終追い切り
10月31日・美浦・南W
5F 67.6-13.2

天間師
「いつも通りの動き。状態は変わらずいい」

出走予定馬・有力馬候補

2017年・JBCスプリントの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・コパノリッキー(Copano Rickey)

マイルチャンピオンシップ南部杯 2017 コパノリッキー

コパノリッキー・7歳牡馬

父:ゴールドアリュール
母:コパノニキータ
母父:ティンバーカントリー
主な勝鞍:2017年・マイルチャンピオンシップ南部杯
馬名の由来:冠名+人名より

締め切り直前に急遽参戦を決めたのはG1・10勝のコパノリッキーだ。
前走のマイルチャンピオンシップ南部杯後はチャンピオンズカップ直行プランだったが、メンバーを見て参戦を決めた。
コパノリッキーが1200m戦を使うのは初。ペースの違いに惑わされなければG1・11勝目の大台が見えてくる。

・コーリンベリー(Corin Berry)

東京スプリント 2016 コーリンベリー

コーリンベリー・6歳牝馬

父:サウスヴィグラス
母:コーリンラヴィアン
母父:ミシックトライブ
主な勝鞍:2015年・JBCスプリント
馬名の由来:冠名+小果実

2015年のJBCスプリント覇者のコーリンベリー。今年は根岸ステークス15着、東京盃6着と精彩を欠いている。
状態が戻っているかがポイントになる。

・ニシケンモノノフ(Nishiken Mononofu)

すばるステークス 2016 ニシケンモノノフ 動画・結果

ニシケンモノノフ・6歳牡馬

父:メイショウボーラー
母:グリーンヒルコマチ
母父:アフリート
主な勝鞍:2017年・北海道SC
馬名の由来:冠名+武士

・ドリームバレンチノ(Dream Valentino)

東京盃 2016 ドリームバレンチノ

ドリームバレンチノ・10歳牡馬

父:ロージズインメイ
母:コスモヴァレンチ
母父:マイネルラヴ
主な勝鞍:2014年・JBCスプリント
馬名の由来:冠名+母名より。母のような活躍を願って

他には

JRA所属馬

  • スノードラゴン
  • ネロ
  • ノボバカラ

地方所属馬

  • アンサンブルライフ
  • キタサンミカヅキ
  • ゴーディー
  • シゲルカガ
  • スアデラ
  • セトノプロミス
  • プリサイスキング
  • ブルドッグボス
  • メジャーアスリート

がJBCスプリントの選定馬となっています。

主な出走除外馬

・グレイスフルリープ(Graceful Leap)

コリアスプリント 2017 グレイスフルリープ

グレイスフルリープ・7歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:ラビットフット
母父:Seeking the Gold
主な勝鞍:2017年・コリアスプリント
馬名の由来:優雅な跳躍

・キングズガード(King’s Guard)

キングズガード・6歳牡馬
父:シニスターミニスター
母:キングスベリー
母父:キングヘイロー
主な勝鞍:2017年・プロキオンS
馬名の由来:王の楯

日程・賞金

第17回 JBCスプリント(JBC Sprint)
2017年11月3日(祝・金)大井競馬場
格:Jpn1 1着本賞金:6,000万円
年齢:3歳以上 距離:1,200m(ダート・右)

JBCスプリント・プレイバック

2016年のJBCスプリントを制したのは「ダノンレジェンド(Danon Legend)」。前走の東京盃(5着)から巻き返し、3馬身の差をつけ勝利した。初のJpn1勝利となった。

2016年11月3日(木)第16回 JBCスプリント(JBC Sprint)

1着:ダノンレジェンド
2着:ベストウォーリア(3馬身)
3着:コーリンベリー(5馬身)
4着:レーザーバレット(1/2馬身)
5着:サトノタイガー(クビ)

勝ちタイム:1:27:2
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:重

2016年・JBCスプリント

【JBCスプリント 2016】動画・結果/ダノンレジェンドが勝利し悲願のビッグタイトルを獲得

【JBCスプリント 2016】動画・結果/ダノンレジェンドが勝利し悲願のビッグタイトルを獲得

「JBCスプリント 2016」の動画・結果です。JBCスプリントの結果は1着:ダノンレジェンド、2着:ベストウォーリア、3着:コーリンベリー。「ダノンレジェンド」が勝利したJBCスプリントの詳しい結果、動画をご覧ください。

関連記事

・同日には他にJBCレディスクラシックとJBCクラシックが開催される。

【JBCレディスクラシック 2016】動画・結果/ホワイトフーガが人気に答え連覇達成

【JBCレディスクラシック 2017】出走予定馬・日程・賞金/女の熾烈な争い

2017年11月3日に大井競馬場で行われる秋の砂の女王を決める一戦「JBCレディスクラシック」。JBCレディスクラシックは2017年で第7回を迎える。昨年はホワイトフーガが制した。JBCレディスクラシックの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

【JBCクラシック 2016】動画・結果/アウォーディーが6連勝で頂点に上り詰める

【JBCクラシック 2017】出走予定馬・日程・賞金/集いしダートの強豪たち

2017年11月3日に大井競馬場で行われる秋の中距離ダートG1戦「JBCクラシック」。JBCクラシックは2017年で第17回を迎える。昨年はアウォーディーが優勝した。JBCクラシックの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

シェアする

スポンサーリンク