【JBCスプリント2019】結果・動画/ブルドッグボスが接戦を差し切る

JBCスプリント2019 ブルドッグボス

JBCスプリント2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のJBCスプリントの着順は1着:ブルドッグボス、2着:コパノキッキング、3着:トロヴァオとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年のJBCスプリントはブルドッグボスが接戦を差し切る

2019年11月4日(月)浦和 第9競走 14:45発走
農林水産大臣賞典
第19回 JBCスプリント(JBC Sprint)JpnI
ダート 1400m(左)サラブレッド系 3歳以上 定量
1着賞金:60,000,000円

スポンサーリンク

2019年・JBCスプリントの動画

関連記事

昨年のJBCスプリントはグレイスフルリープが制していた。

JBCスプリント2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:グレイスフルリープ、2着:マテラスカイ、3着:キタサンミカヅキとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・JBCスプリントの結果

1着:ブルドッグボス
2着:コパノキッキング(クビ)
3着:トロヴァオ(3馬身)
4着:ノボバカラ(ハナ)
5着:ノブワイルド(3/4馬身)
6着:ミスターメロディ
7着:ショコラブラン
8着:ドリームドルチェ
9着:メイショウアイアン
10着:ファンタジスト
11着:サクセスエナジー
12着:ジョーストリクトリ

勝ちタイム:1.24.9
優勝騎手:御神本 訓史
馬場:重

レース後のコメント

JBCスプリント2019 ブルドッグボス

1着 ブルドッグボス(御神本訓史騎手)
「(ファンは)浦和競馬場で、菜七子ちゃんのG1(勝利)を見届けたかったと思います。勝ってしまってすいません。小回りで特殊なコース、ましてやG1で異様な空気で戦うことになるので、ゲートが開いてから、どう運ぼうかは決めようと思っていた。返し馬から、自分が乗ったここ3走では一番素軽い動きだったので、これならやれるなと思いました。2コーナーにかけて、かなりのハイラップだったので、もしかしたらと道中は思って乗っていましたが、4コーナーですごく反応がよかったので、追い出してからは、これは勝てるなと思いました。(JBCが初めて)浦和で開催されると聞いて、地方、浦和の馬にもチャンスがあると思っていたので勝ててよかった。菜七子ちゃんのG1勝利は必ず見られると思うので、きょうはブルドックボスと小久保厩舎を褒めてあげてください」

(小久保智調教師)
「勝った実感はまだありません。ブルドッグボスは春先に復帰してから道営で調整してもらって、JBCを最終目標としてここまで来ました。今回が一番体調は良かったです。脚元など色々と考えなくてはならないことがあるので、今後についてはこれから決めて行きたいです。(7歳ですが)まだまだやれますので、上のステップでも頑張ってくれると思います。これからも応援よろしくお願いします」

2着 コパノキッキング(藤田菜七子騎手)
「とても悔しいです。チャンスのある馬に引き続き乗せてもらい、勝てなかったのが悔しい。もう、そのひと言です。メンバーを見て番手につける競馬をしようと思っていました。状態はすごく良かったし、ナイターでないぶん、落ち着きもあった。ゲートは待たされたけど出てくれて良かったし、手応えも抜群にあった。向こう正面から自分でハミを執っていたので、抑えつつ邪魔をしないように…。きょうは勝つことができなかったので、勝てるように頑張りたいです」

5着 ノブワイルド(左海誠二騎手)
「抜群のスタートを切って自分の形ができかけたが、あれだけつつかれると厳しい。でも、力はある」

6着 ミスターメロディ(福永祐一騎手)
「久しぶりのダートだったが、コパノキッキングを射程圏に入れて進むことができた。ただ最後は脚が上がってしまった。ダートというより初めてコーナー4つのコースに戸惑いがあったのかも」

勝ち馬プロフィール

JBCスプリント2019 ブルドッグボス

ブルドッグボス(Bulldog Boss)牡7/栗毛 小久保 智(浦和)
父:ダイワメジャー 母:リファールカンヌ 母父:デインヒル
馬名の由来:犬の品種名+ボス

関連記事
ブルドッグボスは2017年のクラスターカップ以来の交流重賞制覇となった。
「クラスターカップ 2017」の動画・結果です。クラスターCの結果は1着:ブルドッグボス、2着:ラブバレット、3着:サイタスリーレッド。「ブルドッグボス」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。