【スワンステークス2018】結果・動画/ロードクエストがハナ差の接戦を制する

スワンステークス 2018 ロードクエスト

スワンステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:ロードクエスト、2着:モズアスコット、3着:グァンチャーレとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

人気馬同士の一騎打ち!2018年のスワンステークスはロードクエストがハナ差の接戦を制する

2018年10月27日(土) | 4回京都8日 | 15:35発走
第61回 スワンステークス(GII)芝・右・外 1400m
Swan Stakes (G2)

動画

関連記事
昨年のスワンステークスはサングレーザーが制していた。
【スワンステークス 2017】動画・結果/サングレーザーが4連勝で重賞初制覇

結果

1着:ロードクエスト
2着:モズアスコット(ハナ)
3着:グァンチャーレ(1/2馬身)
4着:ベステンダンク(クビ)
5着:コウエイタケル(3-1/2馬身)
6着:デアレガーロ
7着:レーヌミノル
8着:キングハート
9着:ドルチャーリオ
10着:サフランハート
11着:ヒルノデイバロー

勝ちタイム:1.21.5
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

レース後のコメント

1着 ロードクエスト(M.デムーロ騎手)
「ゴール前まで勝てるかどうかわかりませんでしたが、最後の2完歩で交わしてくれました。新馬戦から乗せてもらって、ホープフルステークスも走った馬なので1400mは短いと思っていましたが、ペースがそれほど速くなくいいポジションを進むことができて、いい脚を使いました。次も楽しみです」

2着 モズアスコット(C.ルメール騎手)
「使いつつよくなるタイプの馬なので、少し太い感じでした。スムーズなレースができましたが、最後に少し甘くなったのはピークまであとひと息の状態だったからでしょう」

3着 グァンチャーレ(古川吉洋騎手)
「悪い馬場は気にしないし、うまく内をすくえたんだけどねえ。よく頑張ってくれたけど、最後は決め手の差かな」

4着 ベステンダンク(川田将雅騎手)
「枠も良く、内目でスムーズにレースができて、最後までしっかり脚を使ってくれました。重賞勝ち馬を相手によく頑張りました。いい経験になったと思います」

5着 コウエイタケル(小牧太騎手)
「力を付けているし、よく頑張っている。もう少しギアが入るようになればいいね」

6着 デアレガーロ(福永祐一騎手)
「いい感じでレースが出来ていたのですが、4コーナーの手前で躓いて、その後はトモの入りが悪くなり、しっかりと追えない感じでした。何もなければいいのですが」

7着 レーヌミノル(和田竜二騎手)
「押し出される形でハナへ。ハミが抜けなかったですし、前に壁がある方がいいですね」

8着 キングハート(小崎綾也騎手)
「この距離だと追走はスムーズですが、抱えてじっくり運ぶことができませんでした」

9着 ドルチャーリオ(池添謙一騎手)
「格上挑戦では厳しかった」

10着 サフランハート(幸英明騎手)
「4コーナー手前で思いっきりつまずき、走る気をなくしてしまいました」

11着 ヒルノデイバロー(四位洋文騎手)
「きょうは行きっぷりが悪すぎた。バランスも崩していたし、ちょっとわからない」

関連記事
ロードクエストは2016年の京成杯オータムハンデ以来の重賞制覇となった。
【京成杯オータムハンデキャップ 2016】動画・結果/ロードクエストが得意のマイル戦を制する

勝ち馬プロフィール

ロードクエスト(Lord Quest)牡5/鹿毛 小島 茂之(美浦)
父:マツリダゴッホ 母:マツリダワルツ 母父:チーフベアハート
馬名の由来:冠名+探求