【札幌2歳ステークス2022】結果・動画/ドゥーラが差し切り快勝

札幌2歳ステークス2022 ドゥーラ

札幌2歳ステークス2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の札幌2歳Sの着順は1着:ドゥーラ、2着:ドゥアイズ、3着:ダイヤモンドハンズとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年の札幌2歳ステークスはドゥーラが差し切り快勝

2022年9月3日(土) | 2回札幌7日 | 15:25 発走
第57回 札幌2歳ステークス(GIII)芝・右 1800m
Sapporo Nisai Stakes (G3)

スポンサーリンク

2022年・札幌2歳ステークスの動画

関連記事
昨年の札幌2歳ステークスはジオグリフが制していた。
札幌2歳ステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の札幌2歳ステークスの着順は1着:ジオグリフ、2着:アスクワイルドモア、3着:トーセンヴァンノとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・札幌2歳ステークスの結果

スポンサーリンク

1着:ドゥーラ
2着:ドゥアイズ(1馬身)
3着:ダイヤモンドハンズ(1-1/2馬身)
4着:ジョウショーホープ(2馬身)
5着:ブラストウェーブ(1/2馬身)
6着:ビキニボーイ
7着:シャンドゥレール
8着:ウェイビー
9着:レッドソリッド
10着:アンテロース
11着同着:トーセンウォルト
11着同着:アスクメークシェア
13着:フェアエールング
14着:アースビート

勝ちタイム:1.50.0
優勝騎手:斎藤 新
馬場:良

スポンサーリンク

レース後のコメント

札幌2歳ステークス2022 ドゥーラ

1着 ドゥーラ(斎藤新騎手)
「開催が進んで内が悪くなっていたので、この枠(14頭立て12番枠)はいいと思っていました。2コーナー過ぎで、前にドゥアイズがいて、この馬を目標にしていこうと思いました。初戦、2戦目と最速の上がりだったように、しまいは必ず脚を使ってくれるので、僕がうまくエスコートできれば、と思っていました。スタートが上手で、いい位置につけて折り合ってくれる。プレッシャーがありましたが、それ以上にドゥーラが力を発揮してくれました。馬に助けられたので、これからもっとうまくエスコートできるように頑張りたいです」

2着 ドゥアイズ(吉田隼人騎手)
「外枠(13番枠)が良かった。前走で3、4コーナーで前を追いかけたので、今日は追走が楽でした。勝ち馬(ドゥーラ)が強いのは分かっていたので、早めにスパートして食らいついたが…。これから成長していってくれれば」

3着 ダイヤモンドハンズ(福永祐一騎手)
「前には離されたけど、小回りが合わないなかで、力の一端は見せられた。距離が延びて良さが出ると思います」

4着 ジョウショーホープ(C.ルメール騎手)
「距離が初めてだったので、最初は優しく乗りました。最後はいい脚を使ってくれました」

5着 ブラストウェーブ(川田将雅騎手)
「調教でも返し馬でも課題にしていた幼さが、レースで出ていました。これから成長していってくれれば」

6着 ビキニボーイ(浜中俊騎手)
「1戦ごとに良くなっています。馬群にのみ込まれずに走れたのは良かった」

7着 シャンドゥレール(M.デムーロ騎手)
「集中していなかった。直線に入って気持ちが入っていなかったし、小回りも向いていない」

8着 ウェイビー(鮫島克駿騎手)
「勝った馬の後ろで競馬ができた。レース前から気が入っていた」

9着 レッドソリッド(横山和生騎手)
「ハミを取らないので、ファイトさせたが、スピードがあるわけでもないからね。これから使いつつの馬です」

10着 アンテローズ(武豊騎手)
「いい感じで走れていたけれど、4コーナーで手応えがなくなった。もう少し短い距離の方がいいのかも」

11着同着 トーセンウォルト(横山武史騎手)
「疲れが残っていたのかな。精神的な雰囲気に余裕がなかったですね」

11着同着 アスクメークシェア(藤岡佑介騎手)
「もう少し前のポジションがほしかったが、並び的に厳しくなって、内からレースを進めました。これから経験を積んでいければ」

14着 アースビート(菱田裕二騎手)
「1コーナーの入りが速くなりそうだったので控えたが、ハナに行った方がいいのかな。怖がって右にもたれていた。ただ、馬群で競馬ができたことは良かった」

勝ち馬プロフィール

札幌2歳ステークス2022 ドゥーラ

ドゥーラ(Dura)牝2/黒鹿毛 高橋 康之(栗東)
父:ドゥラメンテ 母:イシス 母父:キングヘイロー
馬名の由来:父名より