ルーツドールがデビュー戦を圧勝/動画・結果【2歳新馬戦】

ルーツドール

ルーツドールが勝利した2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:ルーツドール、2着:ゴルトベルク、3着:ウインキートスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

ルメール騎手騎乗のルーツドールがデビュー戦を圧勝

2019年11月16日(土) | 5回東京5日 | 12:10発走
2歳新馬戦 芝・左 1600m

スポンサーリンク

動画

関連記事
この世代最初の新馬戦はリアアメリアが制していた。

結果

1着:ルーツドール
2着:ゴルトベルク(5馬身)
3着:ウインキートス(クビ)
4着:カウイダンス(1-3/4馬身)
5着:トクシーズファー(3/4馬身)
6着:トキメキ
7着:ポートメイリオン
8着:ハワイアンムーン
9着:クロトノーナ
10着:キタノアゲイン
11着:ケイティヒマワリ
12着:ヴァイオレット
13着:ミッキーベル
14着:ピュアファンタジー
15着:ホッコージュンレイ
16着:エリーフォース
17着:ホークスタントン

勝ちタイム:1.33.3
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

レース後のコメント

1着 ルーツドール(C.ルメール騎手)
「フィエールマンの下で、いい血統ですね。けっこう大きな馬(馬体重524キロ)で、跳びが大きい。長いところに行けそうで、距離は持ちますね。次が楽しみ」

(藤岡健一調教師)
「思った以上にいい競馬をしてくれた。調教より競馬に行ってからの方が、いい動きをしてくれた。1600メートルにうまく対応してくれたのは良かった」

勝ち馬プロフィール

ルーツドール(Route d’Or)牝2/黒鹿毛 藤岡 健一(栗東)
父:ジャスタウェイ 母:リュヌドール 母父:Green Tune
馬名の由来:黄金の道(仏)

関連記事
ルーツドールの半兄には菊花賞などを制しているフィエールマン(父ディープインパクト)がいる。
菊花賞2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:フィエールマン、2着:エタリオウ、3着:ユーキャンスマイルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。