【エリザベス女王杯2019】追い切り/抜群の動きを見せたのは

エリザベス女王杯2019 追い切り

エリザベス女王杯2019の追い切り・コメントの記事です。エリザベス女王杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

抜群の動きを見せたのは

2019年11月10日(日) | 5回京都4日 | 15:40 発走
第44回 エリザベス女王杯(GI)芝・右・外 2200m
Queen Elizabeth II Cup (G1)

出走予定馬・予想オッズ

2019年・エリザベス女王杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

エリザベス女王杯は2019年11月10日に京都競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2019年で第44回を迎え、昨年はリスグラシューが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
関連記事

今週は他にも武蔵野ステークスなどが開催される。

武蔵野ステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の武蔵野ステークスの出走予定馬にはサンライズノヴァやエアアルマスなどが名を連ねています。前哨戦ながら好メンバーが揃い見所十分の一戦となりそうだ。
スポンサーリンク

エリザベス女王杯2019の追い切りをチェック!

エリザベス女王杯2019 追い切り

エリザベス女王杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

アルメリアブルーム

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 79.8-65.2-51.7-38.2-12.6(馬也)
外・ヨハン(一杯)を6Fで0.6秒追走・3F併せで0.2秒先着

武豊騎手「初めて乗ったけど動きは良かった。さすがに相手が強いから、思い切って乗りたい」
ウラヌスチャーム

最終追い切り
栗東・CW・良
7F 98.0-82.1-67.4-53.3-39.7-12.7(仕掛)

小原助手「前走も状態は良かったんですけど、馬の気持ちが乗らなかったのか、前に進んでいかなかったみたいです。馬に実が入って今が完成期という感じ。力さえ出し切れば楽しみは持てると思います」
クロコスミア

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.0-39.9-26.0-12.8(G強)

西浦調教師「ここを目標にいい感じに仕上がったと思う。このレースは2年連続で惜しい内容の2着だからね。自分のリズムで運んでほしい」
クロノジェネシス

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 85.6-69.1-53.3-38.8-11.6(馬也)
外・ヴィッセン(馬也)を6Fで1.4秒追走・1F併せでクビ差先着

北村友騎手「先週は予定より時計が速かった。行きたがる面が出て、折り合いに苦労しました。今週は6F目からゆっくり入った。しまいの反応を確認したかった。反応も良かったし、思った通りの調教ができました」

斉藤崇調教師「一度レースを使ったことで体調は上向いているんですが、それが力みへとつながらないよう意識して調整してきました。躍動感のある動きはとても良かったと思います。GI馬となりましたが、今回もチャレンジャーの気持ちで臨みたいですね」

ゴージャスランチ

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 69.7-55.1-40.5-12.8(馬也)
外・パルクデラモール(馬也)を5Fで0.6秒追走・1F併せで併走

鹿戸調教師「ここにきて折り合い面が良化してきたし、今朝も抜群の伸び脚。体調の良さを生かして頑張ってほしい」
サトノガーネット

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.5-38.9-24.9-12.2(馬也)

矢作調教師「ラストの反応を見る程度だけど動きは良かった。条件的には好転すると思う」
サラキア

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 83.3-67.3-52.6-38.0-11.7(馬也)

池添学調教師「叩いて状態は上がっている。折り合いさえつけば距離はこなせる。行く馬がいれば番手からでも大丈夫」
シャドウディーヴァ

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.7-66.2-51.4-37.7-12.0(馬也)

松山騎手「今回は馬がリラックスしていて、真っすぐに走れていた。一瞬の脚はあるのでそれをうまく引き出せれば」
スカーレットカラー

最終追い切り
栗東・CW・良
4F 54.3-38.1-12.1(馬也)

喜多助手「もう出来上がっているのでサッと。馬が自然と3~4コーナーをゆったり入ってくれましたし、思い通りの調整ができました。状態、精神面ともに今までで一番の仕上がりにあると思います」
センテリュオ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 53.5-38.5-25.0-12.5(G強)

高野調教師「前走(新潟記念7着)は好位からだったが、もっと脚をためたほうが良かったかも。2200メートルは4走前に2着だが、勝ったのはメールドグラース。距離は問題ないと思う」
フロンテアクイーン

最終追い切り
美浦・南W・良
5F 67.0-52.0-38.9-12.8(馬也)
中・サトノルーラー(強め)を5Fで0.6秒追走・1F併せで0.2秒先着
外・ダイワクンナナ(強め)を5Fで1秒追走・1F併せで併入

津村騎手「折り合いを重視して乗ったけど、前回より息も抜けてとても良かった」

国枝調教師「しまいの反応だけ確かめてもらった。調教駆けするタイプではないけど先週、今週ともにいい内容。最近は落ち着きが出てきて、それが競馬でもいいほうに出ている。走る気持ちも衰えていないし、経験のあるところを見せてほしい」

ブライトムーン

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.4-39.4-25.1-12.4(馬也)

大久保調教師「直前はいつもサラッと。具合の良さを生かしてどこまでやれるか」
ポンデザール

最終追い切り
美浦・南W・良
6F 84.0-68.2-54.2-40.4-13.4(馬也)

森助手「先週しっかり追ったので、直前はこれで十分。動きはいいし、順調です。前走(丹頂S=1着)は得意の洋芝で、ハンデ差があったとはいえ、格上挑戦で強い内容。一線級との対戦は初めてになりますが、一戦ごと確実に力をつけているので楽しみです」

上原助手「前走後はここ目標に逆算して調整してきた。先週までに負荷をかけているので、今朝は反応を確認する程度。一戦ごとに内容が良くなっているし、成長著しく進化してますね。関東の秘密兵器だと思っています」

ミスマンマミーア

最終追い切り
栗東・CW・良
5F 67.0-53.3-38.9-11.8(馬也)
外・ヘリオス(強め)を5Fで0.6秒追走・1F併せで0.1秒先着

浜中騎手「先週も乗ったけど、いい意味で変わりないですね。しまいを生かす競馬で力を出してくれれば」
ラッキーライラック

最終追い切り
栗東・CW・良
6F 82.2-67.0-52.2-38.6-12.6(馬也)
外・ウレキサイト(馬也)を6Fで0.4秒追走・1F併せで併入

松永幹調教師「先週の追い切りも速い時計(6ハロン78秒台)が出たし、日曜(3日)もやっているので感触を確かめる程度。ジョッキーは『リラックスして走れていたし、いい手応えだった』と言っていました。馬体もしっかりしてきて確実に力を出せる状態にあると思います」
ラヴズオンリーユー

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 55.3-40.5-26.2-13.1(馬也)

矢作調教師「指示は55秒くらいの時計で、馬なり。何もしなくていいというもので、その通りの内容。先週は素晴らしい動きだったし、いつも順調さを欠く馬だが、今回は順調」

宮内助手「春より食いが安定したことで調教量を増やせていますし、もともとの身体能力が高い馬。速い調教時計が出ていても無理をしているわけではありません。いいテンションでレースへと臨めるように調整していきたいですね」

レッドランディーニ

最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 54.7-39.9-25.9-12.9(強め)
内・ブルーメンクローネ(馬也)と併せで併入

石坂正調教師「順調にやってきました。距離が延びてどういう競馬をしてくれるか」
関連記事
武豊騎手はアルメリアブルームに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(11/23・11/24)の想定・騎乗予定など、すべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
マイルチャンピオンシップは2019年11月17日に京都競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2019年で第36回を迎え、昨年はステルヴィオが勝利した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。
ジャパンカップは2019年11月24日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演するG1戦。ジャパンカップは2019年で第39回を迎え、高額賞金を求め馬が集う。昨年はアーモンドアイがレコードタイムで制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。