ダノンラスターが鋭く伸び快勝/動画・結果【2歳新馬戦】

スポンサーリンク

ダノンラスター

東京で行われた2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:ダノンラスター、2着:シャドウディーヴァ、3着:キュロンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

評判のライバルたちを撃破!ダノンラスターが鋭く伸び快勝

2018年10月7日(日) | 4回東京2日 | 12:30発走
2歳新馬戦 芝・左 2000m

スポンサーリンク

動画

関連記事

結果

1着:ダノンラスター
2着:シャドウディーヴァ(1-1/4馬身)
3着:キュロン(1-1/2馬身)
4着:キタノインパクト(3-1/2馬身)
5着:フェリスナタール(3/4馬身)
6着:ピンシェル
7着:ヴィエナブロー
8着:レイヴンキング
9着:フジリーベ
10着:マイネルフィデス
11着:ミレニアムドリーム
12着:ステイドネス
13着:ヘヴンリータイム
14着:ハヤテジョー
15着:ブレーヴウィザード
16着:サッカーチョウサン

勝ちタイム:2.03.4
優勝騎手:J.モレイラ
馬場:良

レース後のコメント

1着 ダノンラスター(J.モレイラ騎手)
「調教に乗っていて楽しみにしていた。レースの流れ、返し馬、プロフェッショナルだね。マナーが新馬っぽくないんだよね。ロスなくスムーズに運べて馬もこたえてくれた。距離は問題ない。今後強くなる。期待できる」

2着 シャドウディーヴァ(田辺裕信騎手)
「スタートしてレースの流れに乗るまで時間かかったが スローの流れの中良い脚使った おっとりしているところがこの馬のいいところ」

4着 キタノインパクト(C.ルメール騎手)
「凄く柔らかい馬 2000以上がいい 4角まで全然進んでいかない 最後の200だけ伸びた ポテンシャルはあるので長い距離がいい」

6着 ピンシェル(横山典弘騎手)
「奥手の馬だしこういうレースになると思っていた 馬自身は問題ないし もっとモタモタすると思ったが思った以上にレースに参加出来た メジロの血統だね」

関連記事
この世代最初の新馬戦はジャミールフエルテが制していた。
ジャミールフエルテが世代最初の勝ち星を挙げる/動画・結果【2歳新馬戦】

勝ち馬プロフィール

ダノンラスター

ダノンラスター(Danon Luster)牡2/鹿毛 堀 宣行(美浦)
父:ディープインパクト 母:プリンセスオブシルマー 母父:マジェスティックウォリアー
馬名の由来:冠名+栄光。栄光を導く存在になることを願って

ダノンラスター | 競走馬データ - netkeiba
ダノンラスターの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

コメント