【毎日杯2023】追い切り/動きを見極め勝利に近づけ

毎日杯2023 追い切り

毎日杯2023の追い切り・コメントの記事です。毎日杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

動きを見極め勝利に近づけ

2023年3月25日(土) | 2回阪神1日 | 15:35 発走
第70回 毎日杯(GIII)芝・右・外 1800m
Mainichi Hai (G3)

出走予定馬・予想オッズ
2023年・毎日杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。
毎日杯は2024年3月23日に阪神競馬場で行われる三歳限定の中距離重賞。毎日杯は2024年で第71回を迎え、昨年はシーズンリッチが制した。毎日杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
関連記事
今週は他にも高松宮記念などが開催される。
高松宮記念は2024年3月24日に中京競馬場で行われる春のG1戦の始まりを告げる戦い。2024年で第54回を迎え、スピード自慢が集結する。昨年はファストフォースが制した。高松宮記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
日経賞は2024年3月23日に中山競馬場で行われる天皇賞春の前哨戦。日経賞は2024年で第72回を迎え、昨年はタイトルホルダーが勝利した。日経賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

毎日杯2023の追い切りをチェック!

毎日杯2023 追い切り

毎日杯に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
高松宮記念2023の追い切り・コメントの記事です。高松宮記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
アドマイヤイル

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 52.1-37.9-24.8-12.5(馬なり)
アドマイヤハイジ(一杯)に0.5秒先行・0.2秒先着

大江助手
「まだ途上の段階だけど若さが抜けて、しっかり走れるようになっている」
エマヌエーレ

最終追い切り
栗東・坂路・良(和田竜)
800m 51.5-37.5-24.5-12.3(馬なり)

平田調教師
「前走より状態はいい。母(エマノン)はためれば切れるタイプだったがこの馬は切れないので前々で運びたい」
「体が絞れて間違いなく上向いている」
オメガリッチマン

最終追い切り
栗東・CW・良(見習)
6F 82.1-65.9-51.0-36.6-11.4(一杯)
レベレンシア(一杯)の内1.0秒先行・クビ遅れ

安田翔調教師
「調教ではあまり動けないし、CWコースで併せて併入なら十分。実戦で頑張れるタイプ」
キングズレイン

最終追い切り
美浦・南W・良(岩田康)
5F 68.5-52.7-37.5-11.5(馬なり)
マイネルファンロン(馬なり)の内1.1秒追走・同入

岩田康騎手
「おとなしくて乗りやすいタイプ。追い切りは楽に動けていたね。前半をゆったりと乗れる阪神の外回りはいいと思う」
「癖はないし、まだ走り方は全然だけど、能力はある。走る馬は乗りやすいよ。このレースは負けは許されない。それくらいの馬に乗せてもらっている」

平塚助手
「輸送を考慮しつつ、岩田騎手に感触をつかんでもらうような形でした。ジョッキーも『感触は良かった』と言ってくれました」

シェイクユアハート

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 54.7-40.0-25.8-12.8(馬なり)

シーズンリッチ

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 81.1-65.1-51.3-37.7-11.7(馬なり)
シルバーティムール(馬なり)の内1.5秒追走・同入

久保田調教師
「素質に体が追いついていない現状だがチャレンジしてみたいと思わせる馬。今回もいい感じ」
セレンディピティ

最終追い切り
栗東・坂路・良(吉田隼)
800m 53.0-38.0-24.6-12.4(末強め)
ミッキースピナッチ(馬なり)を0.1秒追走・同入

生野助手
「前走はレース中に捻挫。放牧から帰厩後は追うごとに軽さが出てきた」
「荒れた馬場を考えれば、いい動きだったと思います」
ダブルジョーク

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
6F 81.8-65.8-50.8-36.7-11.8(一杯)
バレルロール(一杯)の外0.1秒追走・0.2秒遅れ

昆調教師
「併せ馬で動きはあまり良くなかった。能力が高い相手と戦ってきたし、重賞で試す価値はある」
ドクタードリトル

最終追い切り
栗東・CW・良(松山)
6F 81.6-66.4-51.6-36.9-11.5(馬なり)

今野調教師
「在厩で調整していても成長を感じている。トモがしっかりしてきた。インで脚をためる競馬をしたい」
ドットクルー

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 51.8-37.8-24.7-12.3(末強め)
アトミカ(馬なり)を0.5秒追走・0.1秒先着

笹田調教師
「坂路4F51秒台でラスト1F12秒3はいい味付けの調教。操縦性が高い。自分の競馬でどれだけやれるか」
「しまい重点。息の入りが良く、状態はいい」
ノッキングポイント

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 83.2-66.5-52.2-37.8-11.4(馬なり)
ゴールデンシロップ(馬なり)の内0.6秒追走・同入

太田助手
「前後のバランスが良くなり追うごとにフットワークが向上。左手前の走りが上手ではないので右回りが鍵」
「フットワークに少し重さは感じたが、週ごとに状態を上げています」
フェイト

最終追い切り
栗東・坂路・良(藤岡康)
800m 51.4-37.6-24.8-12.2(馬なり)
ダノンマイソウル(馬なり)を0.8秒追走・アタマ遅れ

安藤助手
「休養前はもっと成長が欲しい結果と内容だったけど暖かくなり馬が良くなってきた」
フルメタルボディー

最終追い切り
栗東・CW・良(助手)
7F 99.6-67.6-52.4-36.8-11.3(一杯)
ポテンザ(強め)の内0.6秒追走・同入

清水久調教師
「ここに使うかどうかはまだ決めかねている。血統と身のこなしをみると距離はマイルまでかもしれないが、競馬はやってみないと分からない」

宮本助手
「ちょうどいい仕上がりだと思います」

マイネルビジョン

最終追い切り
美浦・南W・良(助手)
6F 83.5-67.5-52.5-37.7-11.7(G前仕掛け)
ジャガンナート(強め)の内1.1秒追走・0.2秒先着

宗方助手
「使い詰めなので息を整える程度」
マイネルメモリー

最終追い切り
栗東・坂路・良(助手)
800m 55.8-40.1-25.4-12.2(馬なり)

宮調教師
「スピードとスタミナがあって距離もオールマイティー。仕上がりもいい」
「無理をせずにサッとした。気配はいい」

2023年・毎日杯の調教・追い切り動画

スポンサーリンク
【調教動画】2023年 毎日杯|JRA公式

JRA公式YouTubeチャンネル作成の2023年・毎日杯の調教・追い切り動画です。
出走各馬の追い切りでの動きを見極め、馬券の参考にしよう!

関連記事
武豊騎手はドバイに騎乗!
武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(6/22・6/23)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。
今後も楽しみなレースが続く!
大阪杯は2024年3月31日に阪神競馬場で行われる春の中距離王を決める一戦。2024年で第68回を迎え、豪華メンバーが集結。昨年はジャックドールが制した。大阪杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
桜花賞は2024年4月7日に阪神競馬場で行われる牝馬クラシックの1戦目。桜花賞は2024年で第84回を迎え、桜の女王の栄冠を求め乙女が熾烈なバトルを繰り広げる。昨年はリバティアイランドが制した。出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。