【ダービー卿チャレンジトロフィー2019】結果・動画/フィアーノロマーノが押し切り重賞初V

ダービー卿チャレンジトロフィー2019 フィアーノロマーノ

ダービー卿チャレンジトロフィー2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のダービー卿CTの着順は1着:フィアーノロマーノ、2着:プリモシーン、3着:マイスタイルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年のダービー卿チャレンジトロフィーはフィアーノロマーノが押し切り重賞初V

2019年3月30日(土) | 3回中山3日 | 15:45 発走
第51回 ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)芝・右 1600m
Lord Derby Challenge Trophy (G3)

2019年・ダービー卿チャレンジトロフィーの動画

関連記事
昨年のダービー卿チャレンジトロフィーはヒーズインラブが制していた。

ダービー卿チャレンジトロフィー 2018の動画・結果です。ダービー卿CTの結果は1着:ヒーズインラブ、2着:キャンベルジュニア、3着:ストーミーシー。「ヒーズインラブ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・ダービー卿チャレンジトロフィーの結果

1着:フィアーノロマーノ
2着:プリモシーン(クビ)
3着:マイスタイル(ハナ)
4着:ダイアトニック(1-1/4馬身)
5着:ギベオン(3/4馬身)
6着:ロードクエスト
7着:ドーヴァー
8着:ヒーズインラブ
9着:ダイワキャグニー
10着:ハクサンルドルフ
11着:カツジ
12着:キャプテンペリー
13着:エイシンティンクル
14着:マルターズアポジー
15着:ヤングマンパワー
16着:ジョーストリクトリ

勝ちタイム:1.31.7
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

関連記事
今年のダービー卿チャレンジトロフィーは2015年にモーリスが計測した1.32.2よりも早いタイム。今後のフィアーノロマーノの活躍にも注目が集まる。

「ダービー卿チャレンジトロフィー 2015」の動画・結果です。「ダービー卿チャレンジトロフィー 2015」の結果は1着:モーリス、2着:クラリティシチー、3着:インパルスヒーロー。「モーリス」が勝利したダービー卿チャレンジトロフィーの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント

1着 フィアーノロマーノ(川田将雅騎手)
「本当にいい内容で勝ち切ってくれました。内枠だったので、少しだけ位置を取りにいって、後は馬のリズムに徹しました。直線でも外から強い馬が来ましたが、よく動いてくれました。一生懸命に勝ち切ってくれて、何よりです」

(高野友和調教師)
「厳しいレースになった。ハイペースでしんどいレースになったが、乗り役が気性を把握しているのであえて攻めの競馬をした。この馬はレースでとにかく全力を発揮する。よーくケアして使えれば安田記念に使いたい」

2着 プリモシーン(福永祐一騎手)
「スタートも出て、良いポジションで流れに乗れた。長く良い脚を使うタイプだが、坂で脚が鈍ったのは休み明けの分。この斤量でこのメンバー相手に2着は価値がある。次に向けて楽しみです。」

3着 マイスタイル(昆貢調教師)
「ジョッキーはうまく乗ってくれた。ハンデ戦とはいえ、時計も速かったし、これだけのメンバーでこれだけの競馬ができた。これから楽しみが出た」

4着 ダイアトニック(北村友一騎手)
「ピッチ(走法)で走るので、外は回りたくなかった。枠なりにはいい立ち回りができた」

5着 ギベオン(蛯名正義騎手)
「勝ち馬の後ろに付けて、絶好の形の競馬だった。色々な競馬が出来そうな馬。今日は流れに乗ってスムーズに行ければと思っていた。トップハンデ57.5キロが効いたのかバテてはいないが脚色が一緒になってしまった。乗りやすいし、良くなる余地はあります。」

6着 ロードクエスト(三浦皇成騎手)
「テンは流れたし、いい感じで4コーナーを回ることができた。そこから気持ちよく伸びれればいい勝負ができたんだけど、外通った分、最後のめってきて、伸びきれなかった」

7着 ドーヴァー(田辺裕信騎手)
「前回良いタイムで勝ったので期待していたが、それ以上のタイムになってしまった。ペースが流れて3-4コーナーで苦しくなってしまった。前はそこからもっとやれたんですがね…。」

8着 ヒーズインラブ(F.ミナリク騎手)
「折り合いもつき、集中力もありましたが、馬場状態があまりよくなかった。ベストな走りができなかった」

9着 ダイワキャグニー(石橋脩騎手)
「ちょっと内の馬も外にはってきて、入り込めなくてそのうちに少し気が抜けてきて、ちょっとずつポジションが下がってしまった。自分で仕向けたかったけど、本気にさせることができなかった。コーナーリングは上手に回っていたんだけど…」

11着 カツジ(松山弘平騎手)
「流れが速くて、追走するのに少し苦労した。苦しい形でした」

12着 キャプテンペリー(大野拓弥騎手)
「外、外を回される展開で、ちょっと苦しい展開になった」

13着 エイシンティンクル(和田竜二騎手)
「ゲートを出て、スムーズに先行できたんだけど、4コーナーまでずっと力みっぱなしだった。もうちょっとリラックスして走れれば」

14着 マルターズアポジー(武士沢友治騎手)
「馬なりには頑張ったと思う」

15着 ヤングマンパワー(戸崎圭太騎手)
「前、前で競馬してもう1つくらい前にいたかったけど、最後は脚がなかった」

勝ち馬プロフィール

フィアーノロマーノ(Fiano Romano)牡5/鹿毛 高野 友和(栗東)
父:Fastnet Rock 母:Heart Ashley 母父:Lion Heart
馬名の由来:イタリアのコムーネの一つ