【レディスプレリュード2018】結果・動画/プリンシアコメータが熾烈な叩き合いを制する

スポンサーリンク

レディスプレリュード 2018 プリンシアコメータ

レディスプレリュード2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:プリンシアコメータ、2着:ブランシェクール、3着:アルティマウェポンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

三連単100万円を超える波乱の決着!2018年のレディスプレリュードはプリンシアコメータが熾烈な叩き合いを制する

2018年10月11日(木)大井 第11競走 20:10発走
農林水産大臣賞典(指定交流)

第15回 レディスプレリュード・Ladies Prelude(JpnⅡ)
ダート1800m(外コース・右)天候:曇 賞金:1着 31,000,000円

スポンサーリンク

動画

関連記事
昨年のレディスプレリュードはクイーンマンボが制していた。
【レディスプレリュード 2017】動画・結果/クイーンマンボが世代交代を告げる圧勝劇

結果

1着:プリンシアコメータ
2着:ブランシェクール(アタマ)
3着:アルティマウェポン(1-1/2馬身)
4着:アンジュデジール(2-1/2馬身)
5着:ワンミリオンス(1/2馬身)
6着:ジュエルクイーン
7着:クイーンマンボ
8着:ディアマルコ
9着:リエノテソーロ
10着:ステップオブダンス
11着:ニシノラピート
12着:ラインハート
13着:エースウィズ
14着:ユッコ

勝ちタイム:1.53.9
優勝騎手:J.モレイラ
馬場:良

レース後のコメント

1着 プリンシアコメータ(J.モレイラ騎手)
「(日本語で)ありがとうございました。(以降、通訳を介して)いつも勝利するのが目標であるが、重賞を勝つことはやはり特別な気持ちです。これで日本で重賞は3度目で、地方競馬では初めてで、うれしい。またこれからも地方でのレースも勝ちたいと思う。プリンシアコメータとは初コンビだったが、前のビデオをみたり、前回は同じレースに乗っていたので、馬を含めていいイメージがあった。返し馬でもコンディションがよかったし、スタートからいい流れだったし、勝負どころの反応も良かった。勝つことができてよかった」

2着 ブランシェクール(吉原寛人騎手)
「体は絞れて、仕上がっていました。直線で一度は頭が前に出たのですが、併せてから勝ち馬にもうひと伸びされてしまいました。とても悔しいです」

3着 アルティマウェポン(真島大輔騎手)
「私も驚くくらい頑張ってくれました。道中は強い馬の後ろにつけられて、上手に走ってくれました。大井が合っているのかもしれませんね」

4着 アンジュデジール(横山典弘騎手)
「今日は雰囲気が良くありませんでした。ゲートでも、がたついて出てくれませんでした」

7着 クイーンマンボ(C.ルメール騎手)
「スタートから反応が弱くて、あまり進んで行きませんでした。向正面でポジションを上げていきましたが、すぐに忙しくなってしまい、4コーナーでは反応できませんでした。速い時計に反応できなかったのかもしれませんが、明確な敗因はわかりません」

関連記事
プリンシアコメータは昨年のクイーン賞以来の重賞制覇となった。
【クイーン賞 2017】動画・結果/プリンシアコメータが逃げ切りV

勝ち馬プロフィール

レディスプレリュード 2018 プリンシアコメータ

プリンシアコメータ(Princia Cometa)牝5/黒鹿毛 矢野 英一(美浦)
父:スパイキュール 母:ベルモントフェリス 母父:アジュディケーティング
馬名の由来:冠名(人名より)+彗星(伊)

プリンシアコメータ | 競走馬データ - netkeiba.com
プリンシアコメータの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

コメント