【ブリーダーズゴールドカップ2020】結果・動画/プリンシアコメータが抜け出し快勝

【ブリーダーズゴールドカップ2020】結果・動画/プリンシアコメータが抜け出し快勝

ブリーダーズゴールドカップ2020 プリンシアコメータ

ブリーダーズゴールドカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のブリーダーズゴールドカップの着順は1着:プリンシアコメータ、2着:メモリーコウ、3着:レーヌブランシュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のブリーダーズゴールドカップはプリンシアコメータが抜け出し快勝

2020年8月13日(木) | 門別 | 20:00発走
第32回 ブリーダーズゴールドカップ(JpnIII)ダート・右 2000m
Breeders’ Gold Cup(Jpn3)

スポンサーリンク

2020年・ブリーダーズゴールドカップの動画

関連記事

昨年のブリーダーズゴールドカップはアンデスクイーンが制していた。

ブリーダーズゴールドカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のブリーダーズゴールドカップの着順は1着:アンデスクイーン、2着:プリンシアコメータ、3着:ラインカリーナとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・ブリーダーズゴールドカップの結果

スポンサーリンク

1着:プリンシアコメータ
2着:メモリーコウ(1-1/2馬身)
3着:レーヌブランシュ(アタマ)
4着:シネマソングス(4馬身)
5着:マドラスチェック(3馬身)
6着:ナムラメルシー
7着:ヨミ
8着:クオリティスタート
9着:ペイシャガンセ
10着:マリーンワン
11着:アンバラージュ
12着:ラタンドレス
13着:グリズリダンス
14着:パキラパワー
15着:ココロノママニ

勝ちタイム:2.07.7
優勝騎手:岩田 康誠
馬場:良

関連記事
Jpn1・JBCレディスクラシックをにぎわす馬は?
JBCレディスクラシックは2020年11月3日に大井競馬場で行われる秋の砂の女王を決める一戦。JBCレディスクラシックは2020年で第10回を迎え、昨年はヤマニンアンプリメが優勝した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

ブリーダーズゴールドカップ2020 プリンシアコメータ

1着 プリンシアコメータ(岩田康誠騎手)
「ハナを切るレースを描いていたが、2番手で切り替えて、この馬のリズムで走れた。3コーナー過ぎまでは全盛期の走りを見せてくれたけど、4コーナー付近ではかなりゲキを飛ばしていましたけど、馬がやめようとしていた。走ってくれ!とムチを飛ばして、それに応えてくれました。久しぶりにコメータ自身が勝てたこと、ボクも久しぶりにこの馬で1着になれたことがうれしい」

勝ち馬プロフィール

ブリーダーズゴールドカップ2020 プリンシアコメータ

プリンシアコメータ(Princia Cometa)牝7/黒鹿毛 矢野 英一(美浦)
父:スパイキュール 母:ベルモントフェリス 母父:アジュディケーティング
馬名の由来:冠名(人名より)+彗星(伊)

関連記事
プリンシアコメータにとって昨年のエンプレス杯以来となる重賞制覇となった。
エンプレス杯2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のエンプレス杯の着順は1着:プリンシアコメータ、2着:ブランシェクール、3着:ビスカリアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。