【中山グランドジャンプ2020】結果・動画/オジュウチョウサンが五連覇の大偉業達成

中山グランドジャンプ2020 オジュウチョウサン

中山グランドジャンプ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の中山グランドジャンプの着順は1着:オジュウチョウサン、2着:メイショウダッサイ、3着:ブライトクォーツとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

不良馬場でも絶対王者は負けない!2020年の中山グランドジャンプはオジュウチョウサンが五連覇の大偉業達成

2020年4月18日(土) | 3回中山7日 | 15:40発走
第22回 中山グランドジャンプ(J・GI)障害・芝・外 4250m
Nakayama Grand Jump (J-G1)

スポンサーリンク

2020年・中山グランドジャンプの動画

関連記事

昨年の中山グランドジャンプはオジュウチョウサンが制していた。

中山グランドジャンプ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の中山GJの着順は1着:オジュウチョウサン、2着:シンキングダンサー、3着:マイネルプロンプトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・中山グランドジャンプの結果

スポンサーリンク

1着:オジュウチョウサン
2着:メイショウダッサイ(3馬身)
3着:ブライトクォーツ(大差)
4着:シンキングダンサー(大差)
5着:アズマタックン(8馬身)
6着:ヒロシゲセブン
7着:コスモロブロイ
8着:ユイノシンドバッド
中止:シングンマイケル
中止:メドウラーク
中止:セガールフォンテン

勝ちタイム:5.02.9
優勝騎手:石神 深一
馬場:不良

競走中止
9番 セガールフォンテン号(上野 翔騎手)
7号障害飛越着地時に転倒したため競走を中止
馬:右後肢跛行
騎手:異状なし

8番 メドウラーク号(北沢 伸也騎手)
疾病を発症したため、3周目4コーナーで競走を中止
馬:右前肢跛行
騎手:異状なし

1番 シングンマイケル号(金子 光希騎手)
10号障害飛越着地時に転倒したため競走を中止
馬:頚椎関節脱臼(死亡)
騎手:頚椎捻挫

関連記事
昨年末に行われたJ・G1の中山大障害はシングンマイケルが制していた。
中山大障害2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の中山大障害の着順は1着:シングンマイケル、2着:ブライトクォーツ、3着:メイショウダッサイとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

中山グランドジャンプ2020 オジュウチョウサン

1着 オジュウチョウサン(石神深一騎手)
「いつもそうですけど、(レースが無事に終わって)ホッとしてます。コーナーは特に滑りやすかったので、滑らないようにコーナーを気をつけて乗った。(逃げた)北沢さん(メドウラーク)がいいペースで流してくれて、うまく折り合えて、早めに西谷さん(ブライトクォーツ)がきて、早めに抜け出したが、踏ん張ってくれた。(不良馬場で)さすがにのめったりしたが、力のある馬なので、しっかり走ってくれた。本当にすごい、素晴らしい馬です。いつも真面目にレースは走ってくれて、本当に感謝しています。5連覇の偉業を達成させてくれて、本当にありがとうと言いたいです」

(和田正一郎調教師)
「このような道悪は初めてだったので、どうなるか想像がつかなかったが、ジャンプもミスなく、スムーズな競馬をして力のあるところを見せてくれた。前走からの反動はあったが、しっかりケアをして回復させ、状態を維持して思った通り良い状態で今日は臨めた。スクーリングはいつも通り昨日行った。(5連覇に関して)凄い記録。4年間に渡って力を維持できるのがすごい。性格は丸くなったところがあるが、身体の衰えは感じない。さらに進化しているのを感じる。向正面で先頭に立ったところで、このままミスがなければ勝てると思った。よく頑張ってくれた。この後は状態をみながら決めます。」

2着 メイショウダッサイ(森一馬騎手)
「これだけの重馬場は初めてで、普段は遠目から飛越するところを馬がうまく対応してスピードを落とさず競馬ができた。悔しいがオジュウは強い。次にやるときは人馬磨きをかけていきたい」

3着 ブライトクォーツ(西谷誠騎手)
「誰も行かないので向こう正面でチャレンジしました。その時誰か動いてくれればもっとやれた。馬はナイスチャレンジでした」

4着 シンキングダンサー(五十嵐雄祐騎手)
「この馬場なので消耗戦になりましたけど、人気馬を前に置いたが少しずつ放された。外回りに入って伸びきれなかった」

5着 アズマタックン(小坂忠士騎手)
「赤れんが過ぎから自分のフォームで走れたし、控える形のレースができて今後に幅が出ました」

7着 コスモロブロイ(草野太郎騎手)
「前回に続いてゲートで遅れてしまった。ペースが遅くかった。色々と勉強にはなりました」

8着 ユイノシンドバッド(大江原圭騎手)
「まだ5歳なので力をつけて、こういうメンバーを相手に戦えるようになれば」

中止 シングンマイケル(金子光希騎手)
「不本意でしたが、結果が全てなので…。また頑張ります」

勝ち馬プロフィール

中山グランドジャンプ2020 オジュウチョウサン

オジュウチョウサン(Oju Chosan)牡9/鹿毛 和田 正一郎(美浦)
父:ステイゴールド 母:シャドウシルエット 母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:家族名より+冠名

関連記事
オジュウチョウサンは前走の阪神スプリングジャンプでも強さを見せつけていた。
阪神スプリングジャンプ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の阪神スプリングジャンプの着順は1着:オジュウチョウサン、2着:シングンマイケル、3着:トラストとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。