【北九州記念2020】結果・動画/レッドアンシェルが鋭く差し切る

【北九州記念2020】結果・動画/レッドアンシェルが鋭く差し切る

北九州記念2020 レッドアンシェル

北九州記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の北九州記念の着順は1着:レッドアンシェル、2着:モズスーパーフレア、3着:アウィルアウェイとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年の北九州記念はレッドアンシェルが鋭く差し切る

2020年8月23日(日) | 2回小倉4日 | 15:25 発走
第55回 北九州記念(GIII)芝・右 1200m
Kitakyushu Kinen (G3)

スポンサーリンク

2020年・北九州記念の動画

関連記事

昨年の北九州記念はダイメイプリンセスが制していた。

北九州記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の北九州記念の着順は1着:ダイメイプリンセス、2着:ディアンドル、3着:アンヴァルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・北九州記念の結果

スポンサーリンク

1着:レッドアンシェル
2着:モズスーパーフレア(1-3/4馬身)
3着:アウィルアウェイ(アタマ)
4着同着:クライムメジャー(1/2馬身)
4着同着:アンヴァル(同着)
6着:トゥラヴェスーラ
7着:ジョーカナチャン
8着:プリディカメント
9着:タイセイアベニール
10着:メイショウキョウジ
11着:ブライティアレディ
12着:マイネルグリット
13着同着:ダイメイプリンセス
13着同着:メジェールスー
15着:ジョイフル
16着:ラブカンプー
17着:ゴールドクイーン
18着:カリオストロ

勝ちタイム:1.07.8
優勝騎手:福永 祐一
馬場:稍重

関連記事
G1・スプリンターズステークスをにぎわす馬は?
スプリンターズステークスは2020年10月4日に中山競馬場で行われる電撃のスプリント戦。スプリンターズSは2020年で第54回を迎え、昨年はタワーオブロンドンが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

北九州記念2020 レッドアンシェル

1着 レッドアンシェル(福永祐一騎手)
「いつも手応え良く進むんですけど、追ってから手応えほど伸び切れていなかったので、今回からブリンカーを装着してもらいました。その効果は返し馬の段階から顕著にあらわれていましたので、今日はいい脚を使ってくれると思っていました。あまりポジションは狙わず、出たなりで脚をためて、と思っていました。前の馬の動きを待ってから追い出しました。本来のパフォーマンスを発揮できれば、このメンバーでも引けを取らないと思っていました。ここ数戦、追ってから頑張れないところがありましたが、今日は本当にいい時の走りをしてくれました。ブリンカーが大正解でした。重賞を2つ勝っている馬なので、G1に向けて順調に行ってくれればと思います」

(庄野靖志調教師)
「久しぶりにこの馬らしい、良いところを見せてくれました。今日は精神的な落ち着きもあり、この馬の良いところを久々に見ることができて、嬉しかったです」

2着 モズスーパーフレア(松若風馬騎手)
「速い馬がそろっていたけど、いい脚があるので楽に逃げられました。最後に止まったけど、久々のぶんがあったのでは。次、良くなると思います」

3着 アウィルアウェイ(川田将雅騎手)
「返し馬の雰囲気が良く、自分の競馬に徹しました。この馬にとって、久しぶりにいい競馬をしてくれたと思います」

4着同着 クライムメジャー(鮫島克駿騎手)
「メンバー的にも前半速くなると思い、決め打ちのような形で、内ラチ沿いでレースを進めました。終いに勝負しようと思いました。状態も良く、いい脚を使ってくれました。これぐらいの距離なら重賞でも面白いと思います」

4着同着 アンヴァル(北村友一騎手)
「返し馬でもゲート裏でも息の荒いところがあり、行きっぷりはもうひとつながら、終いはよく頑張って伸びています」

6着 トゥラヴェスーラ(武豊騎手)
「直線に向くまでは思い通りで、あとは伸びるだけと思っていたのですが…。あまり伸びなかったです」

7着 ジョーカナチャン(菱田裕二騎手)
「ゲートを出てから、2番手でリズム良く運べましたが、あと100mというところで、脚色が鈍くなりました。状態は良かったのですが、これが1000mと1200mの違いでしょうか」

8着 プリディカメント(浜中俊騎手)
「タフな流れでしたが、ロスなく進めることができました。いい経験になってほしいです」

9着 タイセイアベニール(松山弘平騎手)
「4コーナーで手応えが怪しくなりました。いつもは、もっといい脚を使えるのですが…」

10着 メイショウキョウジ(藤岡康太騎手)
「ゲートが悪いのはいつものことです。重賞で周りの馬が速く、イメージより後ろからになりました。この馬としては良い脚を使っています。クラス慣れしていけばと思います」

11着 ブライティアレディ(幸英明騎手)
「スムーズに捌けないところがありました。そこを上手く行けたら、掲示板はあったかもしれません」

12着 マイネルグリット(国分優作騎手)
「得意のコースでどんな走りをするか、楽しみにしていました。歩様、雰囲気が良く、一発を狙っていたのですが…。次ですよ」

13着同着 ダイメイプリンセス(秋山真一郎騎手)
「頑張っているのですが、勝ち馬の勢いについて行けませんでした」

13着同着 メジェールスー(岡田祥嗣騎手)
「速い流れに巻き込まれない位置で運んだけど、前に壁をつくることができませんでした。外枠のぶんはあったと思います」

15着 ジョイフル(川又賢治騎手)
「暑さの影響があったと思います」

16着 ラブカンプー(藤田菜七子騎手)
「ハナに行くつもりだったけど、あまりに速い馬がいて行けませんでした。最後まで頑張ってくれています」

17着 ゴールドクイーン(古川吉洋騎手)
「芝が悪いわけではないけど、周りが速くて自分の競馬をさせてもらえませんでした」

18着 カリオストロ(酒井学騎手)
「スタートを出たけど、あおりを食らって気持ちが抜けてしまいました。スムーズじゃないとダメなところがあるので…」

勝ち馬プロフィール

北九州記念2020 レッドアンシェル

レッドアンシェル(Red en Ciel)牡6/青鹿毛 庄野 靖志(栗東)
父:マンハッタンカフェ 母:スタイルリスティック 母父:Storm Cat
馬名の由来:冠名+空(仏)。大空を羽ばたくかのような走りを期待して

関連記事
レッドアンシェルは昨年のCBC賞で重賞初制覇を果たしていた。
CBC賞2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のCBC賞の着順は1着:レッドアンシェル、2着:アレスバローズ、3着:セイウンコウセイとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。