【金鯱賞2019】出走予定馬・予想オッズ/G1級の好メンバー

金鯱賞 2018 スワーヴリチャード

金鯱賞2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の金鯱賞の出走予定馬にはリスグラシューやペルシアンナイトなどが名を連ねています。G1馬多数の好メンバーが集結。前哨戦以上の盛り上がりは必至だ。

G1級の好メンバー

2019年3月10日(日) | 2回中京2日 | 15:25 発走
第55回 金鯱賞(GII)芝・左 2000m
Kinko Sho (G2)

関連記事
追い切りに関する記事はこちら!

金鯱賞2019の追い切り・コメントの記事です。金鯱賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
フィリーズレビュー2019の追い切り・コメントの記事です。フィリーズレビューの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
中山牝馬ステークス2019の追い切り・コメントの記事です。中山牝馬ステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

2019年・金鯱賞の出走予定馬たち

東京新聞杯 2018 リスグラシュー

2019年の金鯱賞の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。
赤文字の馬・騎手は7日にJRAが発表した出走が確定した馬と騎手です。

出走予定馬
  • アルアイン(北村友一)
  • エアウィンザー(武豊)
  • ギベオン(丸山元気)
  • クリノヤマトノオー(未定)
  • サトノワルキューレ(四位洋文)
  • ショウナンバッハ(幸英明)
  • スズカデヴィアス(藤岡康太)
  • タニノフランケル(吉田隼人)
  • ダノンプレミアム(川田将雅)
  • ペルシアンナイト(M.デムーロ)
  • ムイトオブリガード(横山典弘)
  • メートルダール(福永祐一)
  • モズカッチャン(和田竜二)
  • リスグラシュー(A.シュタルケ)
関連記事
同週に行われる他の重賞もチェック!

中山牝馬ステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の中山牝馬ステークスの出走予定馬にはミッキーチャームやノームコアなどが名を連ねています。ハンデ戦らしく波乱が多い一戦。今年はG1好走馬参戦でどんな結果が待っているのか。

出走予定馬・ピックアップ

朝日杯フューチュリティステークス 2017 ダノンプレミアム

中京競馬場で行われるG2「金鯱賞」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

リスグラシュー(Lys Gracieux)

リスグラシュー・5歳牝馬
17戦4勝 [4-7-3-3]
父:ハーツクライ
母:リリサイド
母父:American Post
馬名の由来:優美な百合(仏)。母名より連想
前走:香港ヴァーズ・2着(2番人気)
(鞍上予定:A.シュタルケ)

新パートナーを背に「リスグラシュー」

昨年、エリザベス女王杯で悲願のG1初制覇を果たしたリスグラシューが2019年初戦に挑む。
初の海外遠征となった香港ヴァーズでも2着に入るなどまさに充実期を迎えている。

今回はA.シュタルケ騎手と初コンビを組むことが発表されている。
1週前の追い切りにシュタルケ騎手が騎乗しており、すでに彼女とはコンタクト済みだ。
強豪牡馬相手にどこまでやれるか。

ピックアップレース
エリザベス女王杯2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:リスグラシュー、2着:クロコスミア、3着:モズカッチャンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ダノンプレミアム(Danon Premium)

ダノンプレミアム・4歳牡馬
5戦4勝 [4-0-0-1]
父:ディープインパクト
母:インディアナギャル
母父:Intikhab
馬名の由来:冠名+高品質。格別な働きを期待して
前走:日本ダービー・6着(1番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

復活の時迫る「ダノンプレミアム」

最強世代と言われる4歳世代を代表する馬、ダノンプレミアム。
無敗で2歳マイル王に輝き、日本ダービーでも1番人気に支持された。
ダービーでは休み明け&初の2400m戦に苦戦し6着に敗れたものの、0.2秒差と意地は見せた。

今回も休み明けの一戦となる。
1週前の追い切りでは併走馬に後れを取るなど、まだ本来の走りとは言い切れないものに見えた。

ポテンシャルは間違いない。
どこまで状態が戻っているかを見極めたい。

ピックアップレース
弥生賞 2018の動画・結果です。弥生賞の結果は1着:ダノンプレミアム、2着:ワグネリアン、3着:ジャンダルム。「ダノンプレミアム」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。
モズカッチャン(Mozu Katchan)

モズカッチャン・5歳牝馬
14戦4勝 [4-1-4-5]
父:ハービンジャー
母:サイトディーラー
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:冠名+人名愛称
前走:有馬記念・8着(4番人気)
(鞍上予定:和田竜二)

久々の相棒と「モズカッチャン」

初重賞制覇を果たしたときのコンビが戻ってくる。
モズカッチャン&和田騎手コンビはフローラステークスで12番人気と低評価を覆し優勝、勢いそのままに挑んだオークスでも6番人気で2着と競馬ファンを驚かせた。

その後、急にデムーロ騎手に乗り替わることが発表されコンビ解消。
その間にモズカッチャンは2017年にエリザベス女王杯でG1制覇、和田騎手も宝塚記念で17年ぶりのG1制覇など、ともに成長した。

1年10か月ぶりのコンビ再結成。
大きな化学反応に期待したい。

ピックアップレース
「フローラステークス 2017」の動画・結果です。フローラステークスの結果は1着:モズカッチャン、2着:ヤマカツグレース、3着:フローレスマジック。「モズカッチャン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。
ペルシアンナイト(Persian Knight)

ペルシアンナイト・5歳牡馬
15戦4勝 [4-4-1-6]
父:ハービンジャー
母:オリエントチャーム
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:ペルシャの騎士
前走:香港マイル・5着(2番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

昨年はG1で2度の2着「ペルシアンナイト」

2017年のマイルチャンピオンシップ覇者だが、昨年は未勝利で終わってしまった。
大阪杯とマイルチャンピオンシップで2着に入ったものの、勝ちきれなかった。

休み明けの成績はイマイチで、叩いて良くなるタイプ。
トライアル仕様の状態でどこまでやれるか。

ピックアップレース
マイルチャンピオンシップ2018の結果・動画をまとめた記事です。今年のマイルCSの着順は1着:ステルヴィオ、2着:ペルシアンナイト、3着:アルアインとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

他にも金鯱賞には前走のマイルチャンピオンシップで3着に入ったアルアインやチャレンジカップで重賞初制覇を果たした良血馬エアウィンザー、丸山騎手とのコンビで重賞連勝を狙うギベオンなども出走を予定しています。

金鯱賞は2019年3月10日(日)の15時25分発走予定です。

金鯱賞2019の予想オッズ

予想オッズ

2019年・金鯱賞の予想オッズはこのように予想しています。
4連勝でチャレンジカップを制し、武豊騎手とのコンビで挑むエアウィンザーが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. エアウィンザー(3.0)
  2. ダノンプレミアム(3.5)
  3. アルアイン(4.5)
  4. リスグラシュー(6.0)
  5. ペルシアンナイト(8.5)
  6. モズカッチャン(11.0)
  7. ギベオン(14.0)
  8. タニノフランケル(30.0)
  9. メートルダール(45.0)
  10. ムイトオブリガード(☆)
  11. サトノワルキューレ(☆)
  12. ショウナンバッハ(☆)
  13. クリノヤマトノオー(☆)
  14. スズカデヴィアス(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

金鯱賞2019の日程・賞金

金鯱賞 2017

金鯱賞

日程・発走予定時刻
2019年3月10日(日)15時25分発走予定

場所・距離
中京競馬場・芝・2000m


G2

1着賞金
6,200万円

プレイバック

金鯱賞 2018 スワーヴリチャード

2018年3月11日(日)金鯱賞(GII)

1着:スワーヴリチャード
2着:サトノノブレス(1/2馬身)
3着:サトノダイヤモンド(1馬身)
4着:ヤマカツエース(2-1/2馬身)
5着:ダッシングブレイズ(1/2馬身)

勝ちタイム:2.01.6
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:稍重

金鯱賞
金鯱賞 2018の動画・結果です。金鯱賞の結果は1着:スワーヴリチャード、2着:サトノノブレス、3着:サトノダイヤモンド。「スワーヴリチャード」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

金鯱賞 2018の動画・結果です。金鯱賞の結果は1着:スワーヴリチャード、2着:サトノノブレス、3着:サトノダイヤモンド。「スワーヴリチャード」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント
1着 スワーヴリチャード(M.デムーロ騎手)
「(今年初戦)大丈夫でした。初めて乗ったときからいい馬だと思っていました。有馬記念でも苦しくて4着に来ていましたし。有馬記念の(再現は)嫌だと思って、ちょっと前にいたほうがいいと思っていました。作戦通りでした。(直線は)とてもいい馬だからいい脚を使いますね。(馬体重はプラス10キロ)成長していました。」