【フィリーズレビュー2019】出走予定馬・予想オッズ/優先出走権を争う

フィリーズレビュー 2018 リバティハイツ

フィリーズレビュー2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年のフィリーズレビューの出走予定馬にはアウィルアウェイやホウオウカトリーヌなどが名を連ねています。3着までに与えられる桜花賞の優先出走権を是が非でも取りたい。

優先出走権を争う

2019年3月10日(日) | 1回阪神6日 | 15:35 発走
第53回 フィリーズレビュー(GII)芝・右 1400m
Fillies’ Revue(Japanese 1000 Guineas Trial) (G2)

関連記事
追い切りに関する記事はこちら!

金鯱賞2019の追い切り・コメントの記事です。金鯱賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
フィリーズレビュー2019の追い切り・コメントの記事です。フィリーズレビューの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
中山牝馬ステークス2019の追い切り・コメントの記事です。中山牝馬ステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
スポンサーリンク

2019年・フィリーズレビューの出走予定馬たち

ダリア賞 2018 アウィルアウェイ

2019年のフィリーズレビューの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。
赤文字の馬・騎手は7日にJRAが発表した出走が確定した馬と騎手です。

出走予定馬
  • アウィルアウェイ(石橋脩)
  • アスタールビー(小牧太)
  • アズマヘリテージ(岡田祥嗣)
  • イベリス(浜中俊)
  • ウィンターリリー(菱田裕二)
  • ウォーターエデン(国分恭介)
  • エイシンオズ(未定)
  • エイティーンガール(池添謙一)
  • オトナノジジョウ(未定)
  • キュールエサクラ(藤岡佑介)
  • キュールエミヤビ(酒井学)
  • ココフィーユ(藤井勘一郎)
  • ジュランビル(松若風馬)
  • スマイルスター(未定)
  • トロイメント(未定)
  • ノーワン(坂井瑠星)
  • プールヴィル(秋山真一郎)
  • ホウオウカトリーヌ(大野拓弥)
  • マジックリアリズム(未定)
  • メイショウケイメイ(古川吉洋)
  • ラブミーファイン(川須栄彦)
  • ラミエル(鮫島克駿)
  • レッドアネモス(岩田康誠)
関連記事
同週に行われる他の重賞もチェック!

金鯱賞2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の金鯱賞の出走予定馬にはリスグラシューやペルシアンナイトなどが名を連ねています。G1馬多数の好メンバーが集結。前哨戦以上の盛り上がりは必至だ。
中山牝馬ステークス2019の出走予定馬・予想オッズ・騎手の情報です。2019年の中山牝馬ステークスの出走予定馬にはミッキーチャームやノームコアなどが名を連ねています。ハンデ戦らしく波乱が多い一戦。今年はG1好走馬参戦でどんな結果が待っているのか。

出走予定馬・ピックアップ

阪神競馬場で行われるG2「フィリーズレビュー」。
出走予定馬から注目したい馬をピックアップした。

アウィルアウェイ(A Will a Way)

アウィルアウェイ・3歳牝馬
3戦2勝 [2-1-0-0]
父:ジャスタウェイ
母:ウィルパワー
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:意思+道
前走:京王杯2歳ステークス・2着(1番人気)
(鞍上予定:石橋脩)

新パートナーを背に「アウィルアウェイ」

4か月ぶりの実戦となるアウィルアウェイ。
前走の京王杯2歳ステークスでは牡馬のファンタジストとハナ差の接戦を演じた。

半兄のインディチャンプが先月東京新聞杯を制すなど勢いのある血統。
桜花賞への道を突き進め。

ピックアップレース
京王杯2歳ステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:ファンタジスト、2着:アウィルアウェイ、3着:カルリーノとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
メイショウケイメイ(Meisho Keimei)

メイショウケイメイ・3歳牝馬
4戦3勝 [3-0-0-1]
父:ワークフォース
母:メイショウアキシノ
母父:デュランダル
馬名の由来:冠名+景明
前走:紅梅ステークス・1着(5番人気)
(鞍上予定:古川吉洋)

4勝目を狙う「メイショウケイメイ」

前走の紅梅ステークスですでに3勝目を挙げているおり、ほぼ桜花賞出走を決めているメイショウケイメイ。
ただ1600mの実績はないため、1400m戦のここは全力で挑んできそう。

ワークフォース産駒はまだ重賞を制していない。
父に重賞勝利をプレゼントできるか。

ホウオウカトリーヌ(Ho O Catherine)

ホウオウカトリーヌ・3歳牝馬
6戦2勝 [2-3-0-1]
父:マツリダゴッホ
母:テルヌーヴ
母父:Henrythenavigator
馬名の由来:冠名+人名より
前走:フェアリーステークス・2着(4番人気)
(鞍上予定:大野拓弥)

前走は重賞で惜敗「ホウオウカトリーヌ」

フェアリーステークスでは勝ち馬と一緒に伸びてきたがアタマ差敗れた。
初のマイル戦が少し不安視されたものの、うまくレースの流れに乗り決め手を引き出せた。
賞金を加算できたのは今後に向けても大きい。

今回は初の関西遠征で、桜花賞のためにも越えなければならない試練。
ここが彼女にとって試金石となる。

ピックアップレース
フェアリーステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のフェアリーステークスの着順は1着:フィリアプーラ、2着:ホウオウカトリーヌ、3着:グレイスアンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
ジュランビル(Juranville)

ジュランビル・3歳牝馬
4戦2勝 [2-0-2-0]
父:キンシャサノキセキ
母:アリー
母父:Deputy Minister
馬名の由来:薔薇の品種名より
前走:万両賞・1着(2番人気)
(鞍上予定:松若風馬)

コース適性は十分「ジュランビル」

阪神1400mで行われた万両賞では2番手で折り合い、直線でも力強く抜け出し勝利を収めた。
勝ちタイムの1.21.2は、フィリーズレビューの過去10年の勝ちタイムと比べても遜色ない(2017年の1.21.0に次ぐタイム)。

前走を再現できれば勝利は近い。

他にもフィリーズレビューには若菜賞を制したエイティーンガールや春菜賞勝ち馬のココフィーユ、紅梅ステークスで2着に入っているプールヴィルなども出走を予定しています。

フィリーズレビューは2019年3月10日(日)の15時35分発走予定です。

フィリーズレビュー2019の予想オッズ

スポンサーリンク

予想オッズ

2019年・フィリーズレビューの予想オッズはこのように予想しています。
前走、牡馬と互角の戦いを見せたアウィルアウェイが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. アウィルアウェイ(2.0)
  2. レッドアネモス(4.5)
  3. ホウオウカトリーヌ(5.5)
  4. プールヴィル(9.0)
  5. ココフィーユ(12.0)
  6. キュールエサクラ(15.0)
  7. メイショウケイメイ(18.0)
  8. ジュランビル(25.0)
  9. ラブミーファイン(32.0)
  10. イベリス(35.0)
  11. エイティーンガール(45.0)
  12. マジックリアリズム(☆)
  13. ラミエル(☆)
  14. ノーワン(☆)
  15. ウィンターリリー(☆)
  16. アスタールビー(☆)
  17. スマイルスター(☆)
  18. アズマヘリテージ(☆)
  19. ウォーターエデン(☆)
  20. エイシンオズ(☆)
  21. オトナノジジョウ(☆)
  22. キュールエミヤビ(☆)
  23. トロイメント(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

フィリーズレビュー2019の日程・賞金

フィリーズレビュー

フィリーズレビュー

日程・発走予定時刻
2019年3月10日(日)15時35分発走予定

場所・距離
阪神競馬場・芝・1400m


G2

1着賞金
5,200万円

プレイバック

フィリーズレビュー 2018 リバティハイツ

2018年3月11日(日)フィリーズレビュー(GII)

1着:リバティハイツ
2着:アンコールプリュ(1/2馬身)
3着:デルニエオール(クビ)
4着:アンヴァル(ハナ)
5着:ギンコイエレジー(クビ)

勝ちタイム:1.21.5
優勝騎手:北村 友一
馬場:良

フィリーズレビュー
フィリーズレビュー 2018の動画・結果です。フィリーズレビューの結果は1着:リバティハイツ、2着:アンコールプリュ、3着:デルニエオール。「リバティハイツ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

フィリーズレビュー 2018の動画・結果です。フィリーズレビューの結果は1着:リバティハイツ、2着:アンコールプリュ、3着:デルニエオール。「リバティハイツ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

レース後のコメント
1着 リバティハイツ(北村友一騎手)
「いい脚でした。未勝利を勝って抽選を突破して、なんとか桜花賞の権利を取れればいいなというつもりで乗っていましたけど、馬が成長してくれていて、思っていたよりも強い内容でした。乗りやすいイメージだったんですけど、きょうはいい意味で前進気性があって、(持ち味は)素直なところです。」