【京成杯2022】結果・動画/オニャンコポンが差し切り重賞初V

京成杯2022 オニャンコポン

京成杯2022の結果・動画をまとめた記事です。2022年の京成杯の着順は1着:オニャンコポン、2着:ロジハービン、3着:ヴェローナシチーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

かわいい馬名と侮るなかれ!2022年の京成杯はオニャンコポンが差し切り重賞初V

2022年1月16日(日) | 1回中山6日 | 15:45 発走
第62回 京成杯(GIII)芝・右 2000m
Keisei Hai (G3)

スポンサーリンク

2022年・京成杯の動画

関連記事
昨年の京成杯はグラティアスが制していた。
京成杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の京成杯の着順は1着:グラティアス、2着:タイムトゥヘヴン、3着:テンバガーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2022年・京成杯の結果

スポンサーリンク

1着:オニャンコポン
2着:ロジハービン(1-1/4馬身)
3着:ヴェローナシチー(1-1/4馬身)
4着:アライバル(1/2馬身)
5着:テンダンス(1-1/4馬身)
6着:ホウオウプレミア
7着:サンストックトン
8着:ルークスヘリオス
9着:フジマサフリーダム
10着:タイセイディバイン
11着:ニシノムネヲウツ
12着:トゥーサン
13着:トーセンヴァンノ
14着:ヴェールランス
15着:テラフォーミング
16着:オディロン

勝ちタイム:2.01.3
優勝騎手:菅原 明良
馬場:良

関連記事
G1・皐月賞をにぎわす馬は?
皐月賞は2022年4月17日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2022年で第82回を迎え、昨年はエフフォーリアが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

京成杯2022 オニャンコポン

1着 オニャンコポン(菅原明良騎手)
「デビューから力のある馬だと思ってきたので結果を出せてうれしいです。前走より少し我慢させて乗りましたが、3、4コーナーでとても手応えがあったので伸びてくれればいいなと思って乗っていました。スタートがとても速くてセンスもいいので競馬がしやすい馬。よく頑張ってくれています」

(小島茂之調教師)
「前が残るから任せるぞとパドックでジョッキーに言ったのですが、ジョッキーは前に行きたいと言っていました。彼は乗れているから任せた方がいいと思っていました。位置を取りに行ったのですが、その後人気馬を行かせて一回下げました。そこは彼の度胸ですよね。今日もメンバーは強いですが、前回はコテンパンにやられているので楽観はできません。まだまだだなと思いながらパドックを見ていましたし、まだよくなるかもしれません。今回は半信半疑でしたが、やることはできたのでこれでダメなら仕方がないと思っていました。来週一回放牧に出したいと思っています。重賞を勝ってクラシックに行けるのは限られた馬だけですし、今後も楽しみです」

2着 ロジハービン(戸崎圭太騎手)
「馬はかなり良くなっていました。向こう正面から自分のリズムでいけたのは良かった。ラストは切れる馬にやられてしまった」

3着 ヴェローナシチー(団野大成騎手)
「自信を持って乗りました。4コーナーで待つ形になりました。使った上積みもあると思うしこれからが楽しみです」

4着 アライバル(C.ルメール騎手)
「超スローペース。エンジンがかかるのに時間がかかる。広い競馬場の方がいい。今日はプラス16キロだったし、次はいいと思う」

5着 テンダンス(和田竜二騎手)
「折り合いをつけるため1コーナーで壁を探して、そこへ入れることが出来ました。馬郡の中で折り合いもついて内からしっかりと伸びているのですが...」

6着 ホウオウプレミア(奥村武調教師)
「見てのとおりです。後手後手で競馬になっていません。それでも最後に来ているように能力は足りると思います」

7着 サンストックトン(松岡正海騎手)
「2着馬の後ろをついて行ければ良かった。展開的には絶好だったけどついていけなくなった。叩いて次は良くなると思う」

8着 ルークスヘリオス(永野猛蔵騎手)
「まだ緩いです。一戦ごとにレースが上手くなっています。まだ伸びしろがあると思うし期待しています」

9着 フジマサフリーダム(丹内祐次騎手)
「いい立ち回りができて直線を向いて一瞬オッと思いました。今回がいい経験になってくれれば」

10着 タイセイディバイン(松若風馬騎手)
「現状の力は出せたと思います。賢くていい性格をしていて、まだ手応えほどの反応はできないけどこれから力をつけていってくれれば」

11着 ニシノムネヲウツ(内田博幸騎手)
「この枠だったのでハナに行った。きょうは重賞で相手相手が強かったけど良く粘っていた」

12着 トゥーサン(三浦皇成騎手)
「馬はいいです。落ち着いていました。初めての右回りで左に張ると聞いていましたが、コーナーで外に張りながらでした。ただ直線ではいい脚をつかっていましたし能力はあると思います」

13着 トーセンヴァンノ(山田敬士騎手)
「4コーナーで狭くなってスムーズさを欠いたのが痛かった。2000メートルでもいい競馬できていたし不利さえなければ」

14着 ヴェールランス(藤岡佑介騎手)
「道中流れに乗って我慢もきいていました。3、4コーナーの馬場の悪いところで脚を取られているときに2着馬に行かれてしまって、そこから苦しくなりました。正攻法の競馬ではもっと強くならないとこのメンバーには厳しいです。使いながら良くなっていますが、さらに良くなってほしいです」

15着 テラフォーミング(石川裕紀人騎手)
「力んで走っていました」

勝ち馬プロフィール

京成杯2022 オニャンコポン

オニャンコポン(Onyankopon)牡3/鹿毛 小島 茂之(美浦)
父:エイシンフラッシュ 母:シャリオドール 母父:ヴィクトワールピサ
馬名の由来:偉大な者(アカン語)

関連記事
オニャンコポンにとって百日草特別以来の勝利がうれしい重賞初Vとなった。
百日草特別2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の百日草特別の着順は1着:オニャンコポン、2着:ホウオウプレミア、3着:レッドラディエンスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。