【京成杯2021】結果・動画/グラティアスが人気に応え快勝

京成杯2021 グラティアス

京成杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の京成杯の着順は1着:グラティアス、2着:タイムトゥヘヴン、3着:テンバガーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年の京成杯はグラティアスが人気に応え快勝

2021年1月17日(日) | 1回中山6日 | 15:45 発走
第61回 京成杯(GIII)芝・右 2000m
Keisei Hai (G3)

スポンサーリンク

2021年・京成杯の動画

関連記事
昨年の京成杯はクリスタルブラックが制していた。
京成杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の京成杯の着順は1着:クリスタルブラック、2着:スカイグルーヴ、3着:ディアスティマとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・京成杯の結果

スポンサーリンク

1着:グラティアス
2着:タイムトゥヘヴン(2-1/2馬身)
3着:テンバガー(1-1/4馬身)
4着:ヴァイスメテオール(クビ)
5着:プラチナトレジャー(1-1/4馬身)
6着:タイソウ
7着:エイカイファントム
8着:アクセル
9着:タケルジャック
10着:ラカン
11着:ブラックロータス
12着:ディクテイター

勝ちタイム:2.03.1
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

関連記事
G1・皐月賞をにぎわす馬は?
皐月賞は2021年4月18日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2021年で第81回を迎え、昨年はコントレイルが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

京成杯2021 グラティアス

1着 グラティアス(C.ルメール騎手)
「僕のポジションはすごくおいしかった(いい位置だった)。今回は、馬にとっていい勉強になった。別の馬の後ろで我慢することができたし、リラックスできた。その後は直線で能力を見せてくれました。素晴らしい手応えでした。跳びが大きいけど、今日は加速しましたね。すぐトップスピードに届いて、今日は楽勝でした。馬体が大きくなったし、少し大人になりましたし、まだよくなれるけど、よくなったら、また(課題を)インプルーブ(改善)できたらG1に行けると思う。できればG1に乗りたいし、G1を勝ちたい。(今年重賞2勝目に)すごくいいスタートをしました。いい馬に乗ることができた。クラシックに(行くことに)とって、早めに重賞を勝つのは大事。今日はすごくうれしい」

(加藤征弘調教師)
「(馬体重プラス10キロで498キロでの出走は)少し中身が入ってきたんじゃないかな。気持ちも意外と(一度)使った割には冷静だった。これだけ馬場が悪かったら、みんな内は避けるよね。時計もかかってきているし。意外とタフな馬場もこの馬はそんなに苦にしないタイプ。(レースは)2回目だし、2戦目は難しいですよ。ゲートを開いてみないとわからない。その当たりは未知数だったけど、2回目でもこれだけ冷静に走れた。(前に行きたがるのを)我慢している位置もいい。くわえているハミの位置も上ハミにならないでいるし、だから(脚が)たまるんじゃないかな。1コーナー回る時、双眼鏡で見てたんだけど、いい目つきしてた。まばたきとかもね。(次走は)オーナーと牧場サイドとか、いろいろ話し合って決まると思います」

2着 タイムトゥヘヴン(M.デムーロ騎手)
「残念です。内枠でスタートはよかったけど、ハナには行きたくなかった。直線を向いたら、(馬場の)一番いいところを走りたかったが、内から勝ち馬にいい脚でこられてしまった」

3着 テンバガー(戸崎圭太騎手)
「ちょっとゲートのなかでうるさくて、若さがありました。まだ走りも固まっていないような感じ。それでも上手にレースは運べて、直線は前をカットされたが、また盛り返している。力のあるところを証明できた」

4着 ヴァイスメテオール(丸山元気騎手)
「スタートはしっかりと出てくれて、できれば、もう少し流れてほしかった。瞬発力勝負は分が悪かった。まだ伸びしろのある馬です」

5着 プラチナトレジャー(田辺裕信騎手)
「最初は(ペースが)流れていたけど、遅くなってしまい、緩急のつく流れに気性的に対応できなかった。リズムよく運べなかった」

6着 タイソウ(石橋脩騎手)
「まだ若さもあったので、コーナーでは左に行くところがありました。レースは、ペースが遅かったこともあって、自分で仕掛ける態勢を整えていった。4コーナーで手応えが見劣ってしまったが、これからの馬です」

7着 エイカイファントム(岩田望来騎手)
「どうしてもペースが落ち着いてしまって、この馬の持ち味が出せなかった。展開が向きませんでした」

8着 アクセル(横山武史騎手)
「ゲートのなかで少しうるさい感じで、座り込んだような形の時にゲートが開いてしまった。でも、よく頑張ってくれました」

9着 タケルジャック(清水久詞調教師)
「ゲートで少し遅れたので、あの位置取りになりました。馬群でもレースができたし、いい経験になった」

10着 ラカン(津村明秀騎手)
「ペースが落ち着いてしまいました。この馬の良さが生きる流れになってくれなかった」

11着 ブラックロータス(三浦皇成騎手)
「ペースが速くなってから、脚を取られてしまった。これからの馬です」

12着 ディクテイター(北村友一騎手)
「まだ緩さもあって、これからの馬だと思います」

勝ち馬プロフィール

京成杯2021 グラティアス

グラティアス(Gratias)牡3/鹿毛 加藤 征弘(美浦)
父:ハーツクライ 母:マラコスタムブラダ 母父:Lizard Island
馬名の由来:感謝(ラテン語)

関連記事
グラティアスの半姉には阪神ジュベナイルフィリーズを制したレシステンシアがいる。
阪神ジュベナイルフィリーズ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の阪神ジュベナイルフィリーズの着順は1着:レシステンシア、2着:マルターズディオサ、3着:クラヴァシュドールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。