【キーンランドカップ2021】結果・動画/レイハリアが接戦を制し重賞連勝

キーンランドカップ2021 レイハリア

キーンランドカップ2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のキーンランドカップの着順は1着:レイハリア、2着:エイティーンガール、3着:セイウンコウセイとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のキーンランドカップはレイハリアが接戦を制し重賞連勝

2021年8月29日(日) | 2回札幌6日 | 15:35 発走
第16回 キーンランドカップ(GIII)芝・右 1200m
Keeneland Cup (G3)

スポンサーリンク

2021年・キーンランドカップの動画

関連記事
昨年のキーンランドカップはエイティーンガールが制していた。
キーンランドカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のキーンランドカップの着順は1着:エイティーンガール、2着:ライトオンキュー、3着:ディメンシオンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・キーンランドカップの結果

スポンサーリンク

1着:レイハリア
2着:エイティーンガール(アタマ)
3着:セイウンコウセイ(クビ)
4着:カイザーメランジェ(3/4馬身)
5着:アストラエンブレム(クビ)
6着:マイネルアルケミー
7着:メイケイエール
8着:ヒロイックアゲン
9着:タイセイアベニール
10着:ミッキーブリランテ
11着:ジョーアラビカ
12着:シュウジ
13着:ロードアクア
14着:ダイアトニック
15着:カツジ
16着:ソロユニット

勝ちタイム:1.09.1
優勝騎手:亀田 温心
馬場:良

関連記事
G1・スプリンターズステークスをにぎわす馬は?
スプリンターズステークスは2021年10月3日に中山競馬場で行われる電撃のスプリント戦。スプリンターズSは2021年で第55回を迎え、昨年はグランアレグリアが制した。出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

レース後のコメント

キーンランドカップ2021 レイハリア

1着 レイハリア(亀田温心騎手)
「前走に続いて、最後に1頭いい脚で来ていて、勝ったか分からなかったが、あがってくる時に池添さんに『勝ってるよ』と言われて、うれしさがこみ上げてきました。がむしゃらに、ひたすら追いました。斤量も一番軽くて、いい枠が当たったと思っていました。メイケイエールが(前に)来た時は、番手で控えて外に出せばと思っていたが、外に壁をつくられてスムーズにいかなかったが、最後に開いた時はひと踏ん張りしてくれた。この1勝で賞金を加算できましたし、この先の選択肢が増えて楽しみだと思います」

2着 エイティーンガール(横山和生騎手)
「調教から長い期間コンタクトを取り、馬といい対話ができるようになりました。返し馬も落ち着きがあり、一体になって走れたと思います。勝ちたかったですけど(勝ち馬とは)斤量差もありましたから」

3着 セイウンコウセイ(勝浦正樹騎手)
「窮屈になるところはあった。レースで乗るのが初めてで分からないけど、そのへんで脚がたまったのかも知れない。着差が着差だけに悔しい。58キロでも頑張ってくれた」

4着 カイザーメランジェ(菱田裕二騎手)
「ゲートの出次第でと考えていました。前回力のあるところを見せてくれていましたし、今日はすごく良い競馬をしてくれました」

5着 アストラエンブレム(吉田隼人騎手)
「小回りの1200mでもう少しついていきたかったのですが、内枠でしたし上手く立ち回れました。ここまで来ているのですからまだまだやれると思います」

6着 マイネルアルケミー(黛弘人騎手)
「直線に入って一瞬、オッと思いました。オープンでもまれた経験が少しずつ実を結んできた感じ。夏を越して、またパワーアップしてくれたら」

7着 メイケイエール(武豊騎手)
「難しい馬ですね。返し馬はうまくいきましたが、輪乗りの時点で気合が入りすぎていました。4コーナーでは手応えがなかったです。もう少しゆっくり走ってくれるようになればいいんですが」

(武英智調教師)
「仕切り直しですね。スプリンターズステークスも考えてはいますが…」

8着 ヒロイックアゲン(秋山稔樹騎手)
「重賞になるとテンに行けなくなりますが、脚は使ってくれました」

9着 タイセイアベニール(藤岡佑介騎手)
「内枠だったので好位のインをイメージしていましたが、思ったよりスタートを出なくてあの位置になり、外を回される形になりました」

10着 ミッキーブリランテ(和田竜二騎手)
「スタートを出てくれて、理想のポジションが取れましたが、途中から行きっぷり悪くなって…。調子の波なのか、前回に比べておとなしく、少し硬さも感じました」

11着 ジョーアラビカ(大野拓弥騎手)
「道中のリズムは良かったです。展開ひとつですね」

12着 シュウジ(丹内祐次騎手)
「道中の走りに年齢は感じませんでした。まだやれそうです」

13着 ロードアクア(団野大成騎手)
「最内枠だったので行ければ行きたかったんですが、他が速かったです。重賞にしてはペースが流れず、ヨーイドンの展開になったのも厳しかったです」

14着 ダイアトニック(池添謙一騎手)
「馬体重は減っていましたが、中身の部分もレースぶりも休み明けという感じでした。ここを使ったことで、どれだけ良くなってくれるかですね」

15着 カツジ(横山武史騎手)
「道中の雰囲気は良かったのですが、直線に向いて手応えがありませんでした。斤量も重かったですし色々重なったのだと思います」

16着 ソロユニット(古川吉洋騎手)
「向こう正面で接触があり、うまくスピードに乗せられませんでした」

勝ち馬プロフィール

キーンランドカップ2021 レイハリア

レイハリア(Lei Halia)牝3/鹿毛 田島 俊明(美浦)
父:ロードカナロア 母:ライトリーチューン 母父:マンハッタンカフェ
馬名の由来:愛する人の思い出(ハワイ語)。フラダンスの曲名。父名より連想

関連記事
レイハリアは前走の葵ステークスで重賞初勝利を果たしていた。
葵ステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の葵ステークスの着順は1着:レイハリア、2着:ヨカヨカ、3着:オールアットワンスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。