【英インターナショナルステークス2019】結果・動画/ジャパンが優勝・シュヴァルグランは8着

英インターナショナルステークス2019 ジャパン

英インターナショナルステークス2019の結果・動画です。イギリスで行われた英インターナショナルステークスの着順は1着:Japan(ジャパン)、2着:Crystal Ocean、3着:Elarqam、日本から参戦したシュヴァルグランは8着でした。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年の英インターナショナルステークスはジャパンが優勝・シュヴァルグランは8着

英インターナショナルステークス(International Stakes)
2019年8月21日、イギリス・ヨーク競馬場
芝2050m、G1、9頭

スポンサーリンク

2019年・英インターナショナルステークスの動画

関連記事

昨年の英インターナショナルステークスはロアリングライオンが優勝していた。

英インターナショナルステークス 2018の結果・動画です。イギリスで行われた英インターナショナルSの結果は1着:Roaring Lion(ロアリングライオン)、2着:Poet's Word、3着:Thundering Blue。ロアリングライオンが勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2019年・英インターナショナルステークスの結果

1着:Japan・ジャパン
2着:Crystal Ocean(アタマ)
3着:Elarqam(1馬身)
4着:King Of Comedy(3/4馬身)
5着:Regal Reality(1-3/4馬身)
6着:Lord Glitters
7着:Circus Maximus
8着:Cheval Grand・シュヴァルグラン
9着:Thundering Blue

勝ちタイム:2.07.77
勝利騎手:Ryan Moore
馬場:Good

レース後のコメント

8着 シュヴァルグラン(O.マーフィー騎手)
「スタートも良く、(勝った)ジャパンをマークしてレースを進められました。平均ペースでしたが、直線は完全に上がり勝負になってしまい、この馬には厳しくなってしまいました。この開催のインターナショナルSに乗ることは光栄なこと。皆さんのサポートに感謝します」

(友道康夫調教師)
「この馬に2000メートルのペースが合わなかった。ヨーイドンの競馬より、長くいい脚を使う馬。予定していたより後ろのポジションになってしまった。天候も良くて、馬場も良かったので、すごく期待していたけど、結果を出せずに申し訳ない」

関連記事

日本から参戦したシュヴァルグランは前走・キングジョージで6着だった。

キングジョージ2019の結果・動画です。イギリスで行われたキングジョージの着順は1着:Enable(エネイブル)、2着:Crystal Ocean、3着:Waldgeist、日本から参戦したシュヴァルグランは6着でした。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

勝ち馬プロフィール

英インターナショナルステークス2019 ジャパン

勝ち馬:ジャパン(Japan)
父:Galileo 母:Shastye 母父:Danehill

関連記事

ジャパンは前走のパリ大賞でG1初制覇を果たしていた。

パリ大賞2019の結果・動画です。フランスで行われたパリ大賞の着順は1着:Japan(ジャパン)、2着:Slalom、3着:Jalmoudとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。