【兵庫チャンピオンシップ2020】結果・動画/バーナードループがきっちり差し切る

兵庫チャンピオンシップ2020 バーナードループ

兵庫チャンピオンシップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の兵庫チャンピオンシップの着順は1着:バーナードループ、2着:ダノンファラオ、3着:サンデーミラージュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年の兵庫チャンピオンシップはバーナードループがきっちり差し切る

2020年5月6日(水)園田 第7競走
ダート1870m(右)15:55発走

農林水産大臣賞典
第21回 兵庫チャンピオンシップ・Hyogo Championship(JpnII)
(サラブレッド系 3歳 定量)
賞金:1着 30,000,000円

スポンサーリンク

2020年・兵庫チャンピオンシップの動画

関連記事

昨年の兵庫チャンピオンシップはクリソベリルが制していた。

兵庫チャンピオンシップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の兵庫CSの着順は1着:クリソベリル、2着:ヴァイトブリック、3着:バンローズキングスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・兵庫チャンピオンシップの結果

スポンサーリンク

1着:バーナードループ
2着:ダノンファラオ(クビ)
3着:サンデーミラージュ(9馬身)
4着:ピスハンド(3馬身)
5着:ガミラスジャクソン(クビ)
6着:マカオンブラン
7着:ヴィクトリアグラス
8着:ジェッティー
9着:アカリン
10着:ハルプモント
11着:ヒルノマリブ
12着:ニコラスタッカート

勝ちタイム:2.01.7
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

レース後のコメント

兵庫チャンピオンシップ2020 バーナードループ

1着 バーナードループ(C.ルメール騎手)
「状態もよさそうだったのでチャンスはあると思っていました。大きなストライドなのでコーナーは走りづらそうでしたが、長くいい脚を使ってくれて残り50メートルぐらいでとらえることができると思いました」

(高木登調教師)
「理想的な位置が取れましたし、コーナーもどうにか無事にこなしてくれた。大きな課題もなく、このまま無事に育ってほしい。今後はジャパンダートダービー(7月8日、大井)が目標です」

勝ち馬プロフィール

兵庫チャンピオンシップ2020 バーナードループ

バーナードループ(Barnard Loop)牡3/黒鹿毛 高木 登(美浦)
父:ロードカナロア 母: ステラマリス 母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:オリオン座にある巨大な散光星雲