キングリスティアが直線で突き放し圧勝/動画・結果【2歳新馬戦】

キングリスティア

キングリスティアが勝利した2歳新馬戦の動画・結果をまとめた記事です。今回の着順は1着:キングリスティア、2着:マジェスティ、3着:ルデュックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

キングリスティアが直線で突き放し圧勝

2018年12月16日(日) | 5回阪神6日 | 12:25発走
2歳新馬戦
芝・右 2000m

動画

関連記事

結果

1着:キングリスティア
2着:マジェスティ(5馬身)
3着:ルデュック(1/2馬身)
4着:オールフォース(1/2馬身)
5着:トップアスリート(2馬身)
6着:バラーディスト
7着:シャイニープレット
8着:エイユーラトゥール
9着:エイユーミッション
10着:エイシンポタラ
取消:ザダル

勝ちタイム:2.01.2
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

関連記事
この世代最初の新馬戦はジャミールフエルテが制していた。
ジャミールフエルテが世代最初の勝ち星を挙げる/動画・結果【2歳新馬戦】

レース後のコメント

1着 キングリスティア(川田将雅騎手)
「誰も行かないので、押し出されるように、この形になりました。性格が真面目な馬なので、現状の走りを出し切ってくれた結果ですね」

2着 マジェスティ(福永祐一騎手)
「センスよく立ち回ってくれました。良い内容のレースでした」

3着 ルデュック(C.ルメール騎手)
「まだ子どもです。今日はスッと反応できませんでした。距離はこれくらい(2000m)が合っています。来年から良くなりそうです」

6着 バラーディスト(C.デムーロ騎手)
「距離、馬場は問題ありません。ただ、初のレースで戸惑っていました。レースを覚えていけば良いですね」

勝ち馬プロフィール

キングリスティア

キングリスティア(King Listeia)牡2/青毛 河内 洋(栗東)
父:ベルシャザール 母:リスティアアスリー 母父:スピニングワールド
馬名の由来:父父名の一部+母名の一部