【福島牝馬ステークス2020】結果・動画/フェアリーポルカが差し切り重賞連勝

福島牝馬ステークス2020 フェアリーポルカ

福島牝馬ステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の福島牝馬ステークスの着順は1着:フェアリーポルカ、2着:リープフラウミルヒ、3着:ランドネとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年の福島牝馬ステークスはフェアリーポルカが差し切り重賞連勝

2020年4月25日(土) | 1回福島5日 | 15:25発走
第17回 福島牝馬ステークス(GIII)芝・右 1800m
Fukushima Himba Stakes (G3)

スポンサーリンク

2020年・福島牝馬ステークスの動画

関連記事

昨年の福島牝馬ステークスはデンコウアンジュが制していた。

福島牝馬ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の福島牝馬Sの着順は1着:デンコウアンジュ、2着:フローレスマジック、3着:ダノングレースとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・福島牝馬ステークスの結果

スポンサーリンク

1着:フェアリーポルカ
2着:リープフラウミルヒ(3/4馬身)
3着:ランドネ(1-1/4馬身)
4着:カリビアンゴールド(ハナ)
5着:サラキア(3/4馬身)
6着:レッドアネモス
7着:フィリアプーラ
8着:リュヌルージュ
9着:マルシュロレーヌ
10着:ハーレムライン
11着:アロハリリー
12着:エスポワール
13着:デンコウアンジュ
14着:ショウナンバビアナ
15着:ダノングレース
16着:モルフェオルフェ

勝ちタイム:1.46.8
優勝騎手:和田 竜二
馬場:良

関連記事
G1・ヴィクトリアマイルをにぎわす馬は?
ヴィクトリアマイルは2020年5月17日に東京競馬場で行われる春のマイル女王を決める一戦。ヴィクトリアマイルは2020年で第15回を迎え、昨年はノームコアが制した。出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 フェアリーポルカ(和田竜二騎手)
「(99年の福島記念=ポートブライアンズ以来、久しぶりの福島での重賞勝ち)せっかく福島に来たんですけど、お客さんがいなくて残念。馬の力を信じて、いい競馬ができればと思っていました。(発走時刻が遅れたが)おとなしい馬なので大丈夫でした。いつもの通りのレースをしようと、いいスタートでしたし、自分のリズムで運べればと思っていました。外を回ると少し厳しいので、内をさばければと思っていた。少しきついところもあったが、馬自体に力があるので大丈夫でしたね。2走前くらいから瞬発力がついてきて、馬が充実してきた。ここにきて結果も出ていますし、どんな競馬もできる。距離的にはこれくらいがいいと思うのですが、これから選択肢が広がっていけばいい。(無観客競馬で)関係者も馬も一生懸命にやっている。声援は届いていますので、(ファンの皆さんも)また一喜一憂してもらえればと思います」

2着 リープフラウミルヒ(丹内祐次騎手)
「もう少しでした。一瞬抜けたらと思いましたが。道中は良い所で、感じ良く走っていました」

3着 ランドネ(西村淳也騎手)
「能力はありますから、精神面がしっかりしてきてほしいです」

4着 カリビアンゴールド(秋山真一郎騎手)
「調教の時からハミを噛むのですが、レースでは噛み方が軽いです。力があるからここまで来ますし、リズム良く行ければいいですね。コーナー4つの1800mは合っています」

5着 サラキア(吉田隼人騎手)
「4コーナー手前でゴチャついて、待たされました。じっとしていて切れるというより勝負どころから動いていく方が良いように思います。最後はじりじり伸びています。競馬が上手で、ゲートも安定してきました」

12着 エスポワール(池添謙一騎手)
「ゲート裏で長く待たされ過ぎました。もう集中力が切れていました。スタートで立ち遅れましたし、向正面での走りのリズムも良くありませんでした。今日はスタート前のアクシデントにやられましたね」

13着 デンコウアンジュ(柴田善臣騎手)
「道中で他馬に何度かぶつけられる不利があったからね。牝馬だし、あれだけスムーズさを欠くと気持ちが切れて競馬にならなかった」

勝ち馬プロフィール

福島牝馬ステークス2020 フェアリーポルカ

フェアリーポルカ(Fairy Polka)牝4/鹿毛 西村 真幸(栗東)
父:ルーラーシップ 母: フェアリーダンス 母父:アグネスタキオン
馬名の由来:母名の一部+4分の2拍子の軽快な舞踏

関連記事
フェアリーポルカは前走、中山牝馬ステークスを制し重賞初勝利を挙げていた。
中山牝馬ステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の中山牝馬ステークスの着順は1着:フェアリーポルカ、2着:リュヌルージュ、3着:エスポワールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。