【府中牝馬ステークス2019】結果・動画/スカーレットカラーが鮮やかに差し切る

府中牝馬ステークス2019 スカーレットカラー

府中牝馬ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の府中牝馬ステークスの着順は1着:スカーレットカラー、2着:フロンテアクイーン、3着:ラッキーライラックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年の府中牝馬ステークスはスカーレットカラーが鮮やかに差し切る

2019年10月14日(月) | 4回東京5日 | 15:45発走
第67回 府中牝馬ステークス(GII)芝・左 1800m
Fuchu Himba Stakes (G2)

スポンサーリンク

2019年・府中牝馬ステークスの動画

関連記事

昨年の府中牝馬ステークスはディアドラが制していた。

府中牝馬ステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の着順は1着:ディアドラ、2着:リスグラシュー、3着:フロンテアクイーンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・府中牝馬ステークスの結果

1着:スカーレットカラー
2着:フロンテアクイーン(1-1/4馬身)
3着:ラッキーライラック(1/2馬身)
4着:オールフォーラヴ(1/2馬身)
5着:クロコスミア(1-1/4馬身)
6着:ディメンシオン
7着:レッドランディーニ
8着:サトノガーネット
9着:ダノングレース
10着:カンタービレ
11着:ペルソナリテ
12着:ジョディー
13着:エイシンティンクル
14着:ランドネ
15着:プリモシーン
取消:ソウルスターリング

勝ちタイム:1.44.5
優勝騎手:岩田 康誠
馬場:稍重

関連記事

G1・エリザベス女王杯をにぎわす馬は!?

エリザベス女王杯は2019年11月10日に京都競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2019年で第44回を迎え、昨年はリスグラシューが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

1着 スカーレットカラー(岩田康誠騎手)
「前半は無理をせず、ペースも速かったですし、この馬のリズムを考えて乗りました。直線はいつでも行ける手応えでした。じっくりと構えて直線勝負と思っていた。前回も本当にいい脚を使ってくれましたし、今年に入ってから馬の中身が詰まってきた。馬自身が力をつけていると思うので、G1でもいいパフォーマンスを見せてくれると思います」

(高橋亮調教師)
「騎手も慌てず良い脚でした。レースでの消耗の大きい馬で今日は余裕をもった作り、結構メンバーの揃った中で勝ってくれて次も上積みありそうです。オーナーの意向もあり天皇賞にも登録しますが、エリザベス女王杯かもしれません」

2着 フロンテアクイーン(津村明秀騎手)
「レースぶりは本当にうまくて、直線もスムーズだった。しのげれば、と思ったけど、1頭すごいキレ味の馬がいた」

3着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「出来は変わりなく順調にきていた。直線の反応もよく、力を信じて、ゴーサインを出した。馬はよく頑張ってくれた」

4着 オールフォーラヴ(川田将雅騎手)
「スムーズにしっかりとした競馬をしてくれて、しっかり走りきってくれた結果です」

5着 クロコスミア(戸崎圭太騎手)
「前回よりも調子は上がっていたし、具合もよかった。いいレースができた」

6着 ディメンシオン(北村宏司騎手)
「いいポジションで運べましたが、流れの中でスペースが狭かった分、スタミナを使っての追走になってしまった」

7着 レッドランティーニ(池添謙一騎手)
「長くいい脚を使うこの馬には向かない馬場だった。休み明けだし、使って良くなると思う」

8着 サトノガーネット(坂井瑠星騎手)
「道中忙しくて、追いっぱなしだった。もっと距離が伸びれば重賞でも通用する力はある」

9着 ダノングレース(三浦皇成騎手)
「洋芝をこなしてるから(道悪も)大丈夫かな、と思っていたけど、追い出してからのめった。きれいな馬場で走らせたかった」

10着 カンタービレ(松岡正海騎手)
「ペースを考えたら一番いい所につけられた。後は伸びるだけだったけど、反応してくれなかった。休み明けもあるのか。能力はあるし、すごいいい馬」

11着 ペルソナリテ(丹内祐次騎手)
「折り合いもついたけど、入るスペースがなかった」

12着 ジョディー(武藤雅騎手)
「自分の競馬をしたかったし、あれ以上ペースが速くなるなら、と思って控えた。それでも、持ち味を出すにはハナを主張したかった」

13着 エイシンティンクル(勝浦正樹騎手)
「やりたい競馬ができた。もう少しリズムよくいければ…。こんな負ける馬じゃない。馬場も向いてなかったのかも」

14着 ランドネ(吉田隼人騎手)
「馬場もあってか、進んでいかなかった。3角から前の馬についていこうとしたけど、反応してくれなかった」

15着 プリモシーン(福永祐一騎手)
「全く脚を使えなかった。これまでのこの馬から考えると不可解な走り。最後も反応がなかったし、レース直後ではまだ何とも言えない」

勝ち馬プロフィール

スカーレットカラー(Scarlet Color)牝4/鹿毛 高橋 亮(栗東)
父:ヴィクトワールピサ 母:ヴェントス 母父:ウォーエンブレム
馬名の由来:鮮やかな紅色

関連記事

スカーレットカラーは前走・クイーンステークスで2着に入っていた。

クイーンステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のクイーンステークスの着順は1着:ミッキーチャーム、2着:スカーレットカラー、3着:カリビアンゴールドとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。