【ドバイゴールデンシャヒーン2022】結果・動画/スイッツァランドが抜け出す

ドバイゴールデンシャヒーン2022 スイッツァランド

ドバイゴールデンシャヒーン2022の結果・動画です。ドバイで行われたドバイGSの着順は1着:Switzerland(スイッツァランド)、2着:Red Le Zele、3着:Dr. Schivelとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2022年のドバイゴールデンシャヒーンはスイッツァランドが抜け出す

ドバイゴールデンシャヒーン(Dubai Golden Shaheen)
2022年3月26日、ドバイ・メイダン競馬場
ダート1200m、G1、13頭

スポンサーリンク

2022年・ドバイゴールデンシャヒーンの動画

関連記事
昨年のドバイゴールデンシャヒーンはゼンデンが優勝していた。
ドバイゴールデンシャヒーン2021の結果・動画です。ドバイで行われたドバイゴールデンシャヒーンの着順は1着:Zenden(ゼンデン)、2着:Red Le Zele、3着:Canvassedとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2022年・ドバイゴールデンシャヒーンの結果

スポンサーリンク

1着:Switzerland・スイッツァランド
2着:Red Le Zele・レッドルゼル(1-3/4馬身)
3着:Dr. Schivel(1/2馬身)
4着:Chain of Love・チェーンオブラブ(アタマ)
5着:Eastern World(2馬身)
6着:Strongconstitution
7着:Drain the Clock
8着:Everfast
9着:Manjeer
10着:Wondrwherecraigis
11着:Al Tariq
12着:Mobaadel
13着:Good Effort
取消:Meraas

勝ちタイム:1.11.13
勝利騎手:Tadhg O’Shea
馬場:Fast

スポンサーリンク

レース後のコメント

2着 レッドルゼル(川田将雅騎手)
「返し馬から抜群の雰囲気で、この馬の競馬ができるという具合の良さを確認していました。あの位置からの競馬になりましたが、1200メートルにおけるこの馬の競馬なので、直線は素晴らしい走りをしてくれていますし、2年連続ドバイで精いっぱいの走りをしてくれていると思います」

4着 チェーンオブラブ(小笠倫弘調教師)
「よく頑張ったと思います。しまい勝負だったんですけど、(坂井)瑠星君が出し切る感じのレースをしてくれたんだと思います。価値ある4着だと、とらえたいと思います。転戦して、さらに状態は上がっていたので、やれていいかなと思ってましたが、期待以上のパフォーマンスを見せてくれたと思います」

勝ち馬プロフィール

ドバイゴールデンシャヒーン2022 スイッツァランド

勝ち馬:スイッツァランド(Switzerland)
父:Speightstown 母:Czechers 母父:Indian Charlie

関連記事
スイッツァランドは前走、リヤドダートスプリントで6着に敗れていた
リヤドダートスプリント2022の結果・動画です。サウジアラビアで行われたリヤドダートスプリントの着順は1着:Dancing Prince(ダンシングプリンス)、2着:Good Effort、3着:Chain of Loveとなりました。レースの詳しい結果、動画をご覧ください。