【ダイヤモンドステークス2021】結果・動画/グロンディオーズが際どく差し切る

ダイヤモンドステークス2021 グロンディオーズ

ダイヤモンドステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のダイヤモンドステークスの着順は1着:グロンディオーズ、2着:オーソリティ、3着:ポンデザールとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年のダイヤモンドステークスはグロンディオーズが際どく差し切る

2021年2月20日(土) | 1回東京7日 | 15:45 発走
第71回 ダイヤモンドステークス(GIII)芝・左 3400m
Diamond Stakes (G3)

スポンサーリンク

2021年・ダイヤモンドステークスの動画

関連記事
昨年のダイヤモンドステークスはミライヘノツバサが制していた。
ダイヤモンドステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のダイヤモンドステークスの着順は1着:ミライヘノツバサ、2着:メイショウテンゲン、3着:オセアグレイトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・ダイヤモンドステークスの結果

スポンサーリンク

1着:グロンディオーズ
2着:オーソリティ(クビ)
3着:ポンデザール(5馬身)
4着:ナムラドノヴァン(1/2馬身)
5着:ヒュミドール(クビ)
6着:アイスバブル
7着:ジャコマル
8着:タイセイトレイル
9着:ボスジラ
10着:ミスマンマミーア
11着:ブラックマジック
12着:サトノガーネット
13着:ワセダインブルー
14着:ダノンテイオー
15着:パフォーマプロミス
16着:メイショウテンゲン

勝ちタイム:3.31.2
優勝騎手:三浦 皇成
馬場:良

関連記事
G1・天皇賞春をにぎわす馬は?
天皇賞春は2021年5月2日に阪神競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2021年で第163回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はフィエールマンが制した。天皇賞春の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

ダイヤモンドステークス2021 グロンディオーズ

1着 グロンディオーズ(三浦皇成騎手)
「うれしいです。初コンビでしたが過去のVTRなどをチェックして未知の距離ですけど、スタッフや先生が間違いなく距離は持つと送り出してくれたので、僕も自信を持って乗りました。いいポジションで2着馬を見ながらレースを進められた。動きだしはもたついて瞬発力は向こうの方が上なので突き放されてしまいましたが、必死に追いました。重賞を勝って次はG1という目標が出てくると思いますが、今後は馬の状態次第になってくると思います」

(田村康仁調教師)
「ジョッキーには、”人気はないけれど勝ち負けになるよ”と言っていました。前走後は距離が短くて追いっぱなしだったと(ルメール騎手が)話していましたし、何とか重賞を獲らせてあげたいと思っていました。2年近く屈腱炎で休みましたし、何とか恩返しをしたかったので、ここが勝負だと思っていました。直線は届かないかもと思いましたが、本当に嬉しいです。間隔を空けた方が良い馬ですし、今後のことはオーナーと相談して決めようと思います」

2着 オーソリティ(川田将雅騎手)
「道中もよく辛抱できていたし、しまいまで頑張ってくれました」

3着 ポンデザール(C.ルメール騎手)
「直線に入って反応が遅かった。ラスト200メートルはもう一度伸びてくれた」

4着 ナムラドノヴァン(内田博幸騎手)
「現状の力は出してくれたと思います。使ってどんどん良くなるタイプ。見通しは明るい。距離もこなせました」

5着 ヒュミドール(吉田豊騎手)
「スッと馬の後ろに入れられた。1、2コーナーで気をつかったけど、そのあとはいい感じでいけました」

6着 アイスバブル(石川裕紀人騎手)
「これ以上ないくらいうまく立ち回ることができました。バテているわけじゃないけど、(最後も)同じペースでした」

7着 ジャコマル(田中勝春騎手)
「いつも通り前、前でうまく流れにのれました。ラストまで頑張ってくれました」

8着 タイセイトレイル(北村宏司騎手)
「前で運んでほしいとは言われていた。1枚前に壁を作れたら。もう少しメリハリをつけられたらよかった。外めで力が入っている時間が長いですね」

9着 ボスジラ(国枝栄調教師)
「冬場は良くないのかな。夏のような走りではなかった」

10着 ミスマンマミーア(松若風馬騎手)
「この馬のレースをしましたが、今の馬場だと後ろからは届かないですね」

勝ち馬プロフィール

ダイヤモンドステークス2021 グロンディオーズ

グロンディオーズ(Grandiose)牡6/黒鹿毛 田村 康仁(美浦)
父:ルーラーシップ 母:シェリール 母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:壮大な(仏)

関連記事
グロンディオーズは前走の中日新聞杯で5着に敗れていた。
中日新聞杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の中日新聞杯の着順は1着:ボッケリーニ、2着:シゲルピンクダイヤ、3着:ヴェロックスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。