【チャンピオンズカップ2020】結果・動画/チュウワウィザードが圧勝V

チャンピオンズカップ2020 チュウワウィザード

チャンピオンズカップ2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のチャンピオンズカップの着順は1着:チュウワウィザード、2着:ゴールドドリーム、3着:インティとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のチャンピオンズカップはチュウワウィザードが圧勝V

2020年12月6日(日) | 3回中京2日 | 15:30 発走
第21回 チャンピオンズカップ(GI)ダート・左 1800m
Champions Cup (G1)

スポンサーリンク

2020年・チャンピオンズカップの動画

関連記事

昨年のチャンピオンズカップはクリソベリルが制していた。

チャンピオンズカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のチャンピオンズカップの着順は1着:クリソベリル、2着:ゴールドドリーム、3着:インティとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・チャンピオンズカップの結果

スポンサーリンク

1着:チュウワウィザード
2着:ゴールドドリーム(2-1/2馬身)
3着:インティ(クビ)
4着:クリソベリル(3/4馬身)
5着:モズアスコット(3/4馬身)
6着:カフェファラオ
7着:エアスピネル
8着:タイムフライヤー
9着:アルクトス
10着:エアアルマス
11着:クリンチャー
12着:サンライズノヴァ
13着:アナザートゥルース
14着:サトノティターン
15着:メイショウワザシ
16着:ヨシオ

勝ちタイム:1.49.3
優勝騎手:戸崎圭太
馬場:良

関連記事
G1・東京大賞典をにぎわす馬は?
東京大賞典は2020年12月29日に大井競馬場で行われるダートレースの総決算の一戦。東京大賞典は2020年で第66回を迎え、昨年はオメガパフュームが制した。東京大賞典の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

レース後のコメント

チャンピオンズカップ2020 チュウワウィザード

1着 チュウワウィザード(戸崎圭太騎手)
「非常に嬉しいです。馬の状態は良くて雰囲気も良く、あとは先生とレースのプランを組み立てながら、作戦を練りました。目標にするクリソベリルが前にいてマークできたので、その手応えを見ながらでしたが、チュウワウィザードも追ってしぶとい馬なので、こちらから外を回す形で動かしていきました。力を出してくれて、馬の力で僕も勝たせてもらいました」

2着 ゴールドドリーム(和田竜二騎手)
「ゲートは出ましたが、両隣の馬が速かったです。コーナーでは良いところにつけられ、勝ち馬を見ながら運べました。相手は強かったですが、よく頑張っています」

3着 インティ(武豊騎手)
「スタートはタイミングが合いませんでしたが、番手でも良い感じで運べました。3コーナーから4コーナーでかかってしまったので、そこをゆったり行けたら、もっと面白かったと思います。ただ、復活の兆しを見せてくれました」

4着 クリソベリル(川田将雅騎手)
「今の具合でよくここまで来てくれたと思います。能力の高さで4着まで辛抱してくれました。またこの馬の走りができるようになればと思います」

5着 モズアスコット(横山武史騎手)
「枠が枠でしたので、外を回されないように、ロスなく競馬をしました。ポジションは悪くなく、理想はもう少し流れてほしかったのですが、終いはよく来ています。手前を替えるのが苦手でしたが、今日はスムーズに替えてくれて、この馬の力を発揮することができました」

6着 カフェファラオ(C.ルメール騎手)
「手応えがあまり良くなかったです。向こう正面で忙しくなり、加速できなかった。まだ3歳。これからです」

7着 エアスピネル(福永祐一騎手)
「内で脚をためて、最後はじりじりと伸びて、差を詰めてくれた。もう少し短めのマイルくらいがベターだと思う」

8着 タイムフライヤー(藤岡佑介騎手)
「内から折り合いよく中団で進めて、4コーナーまではイメージ通りでした。そこから伸び切れなかったのは、今後の課題ですね」

9着 アルクトス(田辺裕信騎手)
「この馬のポジションというところから運んで、3,4コーナーも有力馬の後ろをとれて、良い形で直線に向かいましたが、最後は一杯になりました。メンバーもそうですが、この距離で勝負に行って余計に止まったかもしれません」

10着 エアアルマス(松山弘平騎手)
「スタートが速く、持ったまま行く形になりました。リズム良く運べて、砂も被らずに行けたのですが、手前を中々替えませんでした。その辺りは左回りというのが影響したのかもしれません」

11着 クリンチャー(三浦皇成騎手)
「流れに乗って、3コーナーに入るまではいい手応えでしたが、4コーナーで手が動く形になりました。左回りで少しスムーズさを欠いたところもあったようです」

12着 サンライズノヴァ(松若風馬騎手)
「スタートが決まりましたし、ポジションは後ろになりましたが、良い流れで競馬ができました。ただコーナー4つの1800mということもあってか、少し力んでいる感じでした。ちょっと最後に反応が鈍くなったのは、距離もあったかもしれません」

13着 アナザートゥルース(M.デムーロ騎手)
「スタートは良かったけど、3、4コーナーでペースが上がった時に砂をかぶって嫌がっていた」

14着 サトノティターン(藤岡康太騎手)
「状態は上向いていると感じましたが、気持ちの分なのかスタートから進みが悪く、エンジンがかかり切らないで終わりました」

15着 メイショウワザシ(高倉稜騎手)
「(隣の)エアアルマスの方がゲートを速く出たので、ひるむところがあって、思いのほか行けませんでした。3コーナーで手応えもなくなりました」

16着 ヨシオ(亀田温心騎手)
「前の位置を取って3コーナーまで食らいついてくれましたが、そこからいっぱいになりました」

勝ち馬プロフィール

チャンピオンズカップ2020 チュウワウィザード

チュウワウィザード(Chuwa Wizard)牡5/青鹿毛 大久保 龍志(栗東)
父:キングカメハメハ 母:チュウワブロッサム 母父:デュランダル
馬名の由来:冠名+魔法使い