【チャンピオンズカップ2019】結果・動画/クリソベリルが無敗でダート王の座を勝ち取る

チャンピオンズカップ2019 クリソベリル

チャンピオンズカップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のチャンピオンズカップの着順は1着:クリソベリル、2着:ゴールドドリーム、3着:インティとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年のチャンピオンズカップはクリソベリルが無敗でダート王の座を勝ち取る

2019年12月1日(日) | 4回中京2日 | 15:30 発走
第20回 チャンピオンズカップ(GI)ダート・左 1800m
Champions Cup (G1)

スポンサーリンク

2019年・チャンピオンズカップの動画

関連記事

昨年のチャンピオンズカップはルヴァンスレーヴが制していた。

チャンピオンズカップ2018の結果・動画をまとめた記事です。今年のチャンピオンズCの着順は1着:ルヴァンスレーヴ、2着:ウェスタールンド、3着:サンライズソアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・チャンピオンズカップの結果

1着:クリソベリル
2着:ゴールドドリーム(クビ)
3着:インティ(1-1/4馬身)
4着:チュウワウィザード(1/2馬身)
5着:キングズガード(1-3/4馬身)
6着:オメガパフューム
7着:ヴェンジェンス
8着:タイムフライヤー
9着:ウェスタールンド
10着:ロンドンタウン
11着:ワンダーリーデル
12着:モズアトラクション
13着:ミツバ
14着:ワイドファラオ
15着:サトノティターン
16着:テーオーエナジー

勝ちタイム:1.48.5
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

関連記事
春のダート王決定戦・フェブラリーステークスはインティが制していた。
フェブラリーステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のフェブラリーステークスの着順は1着:インティ、2着:ゴールドドリーム、3着:ユラノトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

チャンピオンズカップ2019 クリソベリル

1着 クリソベリル(川田将雅騎手)
「きょうはタイミング良く上手に出てくれましたし、枠も良くて、理想的な形になりました。(最後も)いい雰囲気で動き出してくれて、3頭の併せ馬でも自分で抜け出してくれて、改めて強さを感じました。まだ負けていないですし、これからも成長をしながら、もっと強くなる馬だと思います」

2着 ゴールドドリーム(C.ルメール騎手)
「いいポジションで、すごくいい競馬ができました。勝った馬が強かったです。前回よりコンディションが良く自信はありましたが、また2着…。残念です」

(平田修調教師)
「完璧。本当に完璧だった。だが、最後にやられた」

3着 インティ(武豊騎手)
「直線で後ろを離そうとしたけど、来られましたからね。かなりレベルの高いレースでした」

(野中賢二調教師)
「まともに競馬をつくってくれて一安心。今後は状態を見てからだがフェブラリーS(20年2月23日、東京)に直行かな」

4着 チュウワウィザード(福永祐一騎手)
「勝ち馬のポジションを取りたかったけど、取れなかった。そこですね。よく頑張ってくれています」

5着 キングズガード(秋山真一郎騎手)
「左に行きますね。それでも最後は来ましたし、頑張ってくれました」

6着 オメガパフューム(L.デットーリ騎手)
「スローペースで(この馬には)合わなかった。もっと流れていれば、いい脚を使えていたと思う」

7着 ヴェンジェンス(幸英明騎手)
「最後も伸びていますし、具合はよかった。大舞台でもやってくれるのではないかというぐらい、力をつけています。手前を替え切れなかったので、替えれば、もう少し伸びていたかもしれません」

8着 タイムフライヤー(O.マーフィー騎手)
「すごくいい馬で、距離は問題なかったです。覆面を着けているぶん反応が少し遅くなる感じでした。精神面でも悪いところはありませんでした。今日は先行馬にとって楽なペースになったので、つかまえられませんでした」

9着 ウェスタールンド(C.スミヨン騎手)
「自分としてはプラン通り。4コーナーでも外に出せた。思うような脚を使えなかったのは、時計が速くなったからかも。ただ、馬の後ろで落ち着かせることができたのは収穫だった」

10着 ロンドンタウン(岩田康誠騎手)
「自分の競馬ができて、反応もしてくれましたが、直線でもたもたする感じになりました」

11着 ワンダーリーデル(横山典弘騎手)
「頑張りました。コーナー4つの競馬も全く問題なかったです」

12着 モズアトラクション(藤岡康太騎手)
「内か外か(進路を)迷いましたが、勢いがあったので外に出しました。この馬もしっかり脚は使ってくれています」

13着 ミツバ(和田竜二騎手)
「ゲートは出てくれたが、周りも速かったし、流れも速くなったので…」

14着 ワイドファラオ(M.デムーロ騎手)
「全然ダメだった。今日はトモ(後肢)が緩かった。いいところを取れたけど、直線では全然伸びなかった」

15着 サトノティターン(R.ムーア騎手)
「まあまあのポジションが取れたが、ヨーイドンの瞬発力を要求された時についていけなくなった。もう少し距離が欲しい感じ」

16着 テーオーエナジー(川須栄彦騎手)
「落ち着いてゲートインできましたし、スタートも上手に出てくれました。2番手で流れに乗った競馬ができて、勝負どころでも手応えはありましたが、直線でもうひと頑張りができませんでした」

勝ち馬プロフィール

チャンピオンズカップ2019 クリソベリル

クリソベリル(Chrysoberyl)牡3/鹿毛 音無 秀孝(栗東)
父:ゴールドアリュール 母:クリソプレーズ 母父:エルコンドルパサー
馬名の由来:金緑石。母名、兄姉名より連想

関連記事
クリソベリルは3歳ダート王決定戦・ジャパンダートダービーも制している。
ジャパンダートダービー2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のJDDの着順は1着:クリソベリル、2着:デルマルーヴル、3着:ミューチャリーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。