【阪神大賞典2021】出走予定馬・予想オッズ・日程/あえて長距離の道へ

阪神大賞典2020 ユーキャンスマイル

阪神大賞典は2021年3月21日に阪神競馬場で行われ、天皇賞春の前哨戦として有名。阪神大賞典は2021年で69回を迎え、昨年はユーキャンスマイルが制した。阪神大賞典の出走予定馬・予想オッズ・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

あえて長距離の道へ
スポンサーリンク

2021年・阪神大賞典の出走予定馬をチェック

阪神大賞典の枠順決定!(3月19日)

阪神大賞典2021 枠順

2021年・阪神大賞典の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではアリストテレスが6枠9番、ユーキャンスマイルは7枠10番、ディープボンドは5枠6番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2021年・阪神大賞典の追い切り・コメントをチェック!
阪神大賞典2021の追い切り・コメントの記事です。阪神大賞典の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(3月14日)

2021年の阪神大賞典の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • アドマイヤジャスタ(斎藤新)
  • アリストテレス(C.ルメール
  • キングニミッツ(未定)
  • ゴースト(鮫島克駿)
  • ショウリュウイクゾ(団野大成)
  • シロニイ(松若風馬)
  • タイセイトレイル(岩田康誠)
  • タイセイモナーク(小崎綾也)
  • ダンスディライト(福永祐一)
  • ツーエムアロンソ(高倉稜)
  • ディープボンド(和田竜二)
  • ナムラドノヴァン(内田博幸)
  • メイショウテンゲン(酒井学)
  • ユーキャンスマイル(武豊
阪神大賞典・注目馬ピックアップ

2021年・阪神大賞典の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

アリストテレス(Aristoteles)

アリストテレス・4歳牡馬
父:エピファネイア
母:ブルーダイアモンド
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2021年・AJCC
馬名の由来:人名より

昨年の菊花賞ではコントレイルに迫る走りでファンを沸かせた。
前走重賞制した勢いそのままに。

ユーキャンスマイル(You Can Smile)

ユーキャンスマイル・6歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ムードインディゴ
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2020年・阪神大賞典
馬名の由来:笑ってごらん

昨年の覇者。
長距離戦では安定した成績を残す。
鞍上に2019年の万葉ステークス以来となる武豊騎手を迎え必勝を期す。

ショウリュウイクゾ(Shoryu Ikuzo)

ショウリュウイクゾ・5歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:ショウリュウムーン
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・日経新春杯
馬名の由来:冠名+行くぞ

日経新春杯では条件クラスの身ながら見事な競馬で重賞初制覇を果たした。
引き続き団野騎手とのコンビで重賞連勝へ、いざ参らん。

ディープボンド(Deep Bond)

ディープボンド・4歳牡馬
父:キズナ
母:ゼフィランサス
母父:キングヘイロー
主な勝鞍:2020年・京都新聞杯
馬名の由来:深い絆

京都新聞杯で重賞を制し、菊花賞4着、ダービー5着など昨年のクラシックをにぎわせた一頭。
前走、中山金杯で大敗したが距離延長はプラスに出そう。

アドマイヤジャスタ(Admire Justa)

アドマイヤジャスタ・5歳牡馬
父:ジャスタウェイ
母:アドマイヤテレサ
母父:エリシオ
主な勝鞍:2020年・函館記念
馬名の由来:冠名+父名より

昨年は函館記念で重賞初制覇を果たすも、他の5戦はいずれも掲示板を外している。
長距離戦は昨年のダイヤモンドステークス(14着)以来で、めぼしい実績はないが…。

ゴースト(Ghost)

ゴースト・5歳せん馬
父:ハーツクライ
母:ガヴィオラ
母父:Cozzene
主な勝鞍:2020年・西宮ステークス
馬名の由来:幽霊

初の3000m戦となった万葉ステークスでは5着。
実績ある阪神ならもう少しやれてもいい。

メイショウテンゲン(Meisho Tengen)

メイショウテンゲン・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:メイショウベルーガ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2019年・弥生賞
馬名の由来:冠名+天元。碁盤の中心点のこと

昨年の3着馬。
近走は3戦連続で二桁着順と不振。

タイセイトレイル(Taisei Trail)

タイセイトレイル・6歳牡馬
父:ハーツクライ
母:マザーウェル
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2019年・グリーンステークス
馬名の由来:冠名+足跡

主な回避馬

ブラックホール(Black Hole)

ブラックホール・4歳牡馬
父:ゴールドシップ
母:ヴィーヴァブーケ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2019年・札幌2歳ステークス
馬名の由来:非常に強い重量を持った特異点

菊花賞5着のブラックホールは阪神大賞典を目標に調整されていたが、14日の調教後に脚部不安を発症したため、登録を見送った。
その後、左後脚浅趾屈腱(飛節アキレス腱)脱位(競走能力喪失)のため引退することが発表された。

阪神大賞典2021の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2021年・阪神大賞典の予想オッズはこのように予想しています。
昨年の菊花賞2着馬で、前走のAJCCを制し重賞初勝利を果たしたアリストテレスが1番人気に支持されると予想します。
上位2頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. アリストテレス(1.3)
  2. ユーキャンスマイル(5.0)
  3. ショウリュウイクゾ(10.0)
  4. ディープボンド(12.0)
  5. アドマイヤジャスタ(33.0)
  6. メイショウテンゲン(34.0)
  7. タイセイトレイル(40.0)
  8. ゴースト(47.0)
  9. ナムラドノヴァン(☆)
  10. ダンスディライト(☆)
  11. シロニイ(☆)
  12. タイセイモナーク(☆)
  13. ツーエムアロンソ(☆)
  14. キングニミッツ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

阪神大賞典の日程・賞金

第69回 阪神大賞典(Hanshin Daishoten)

阪神大賞典2019 シャケトラ

2021年3月21日(日)阪神競馬場
格:G2 1着本賞金:6,700万円
年齢:4歳以上 距離:3,000m(芝・右)

阪神大賞典は3000mで行われるため長距離得意な馬が多く集まる。1着馬に4月に行われる天皇賞春の優先出走権が与えられる。

過去にはメジロマックイーンの連覇や、ナリタブライアンとナリタトップガンの壮絶な叩き合い、ゴールドシップの他を寄せ付けない三連覇など記憶に残るレースが多く行われた。今年はどんなドラマが展開されるか期待した。

天皇賞春
天皇賞春は2021年5月2日に阪神競馬場で行われる長距離王決定戦。天皇賞春は2021年で第163回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はフィエールマンが制した。天皇賞春の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。

阪神大賞典・プレイバック

阪神大賞典2015 ゴールドシップ

2015年の阪神大賞典を制したのは「ゴールドシップ(Gold Ship)」。前走のAJCCでは1番人気に応えられず7着に沈んだが、得意の阪神3000mで復活V。見事同一重賞三連覇の偉業を達成した。

阪神大賞典(GII)

1着:ゴールドシップ
2着:デニムアンドルビー(1-1/4馬身)
3着:ラストインパクト(3馬身)
4着:カレンミロティック(1-1/2馬身)
5着:フーラブライド(1-3/4馬身)

勝ちタイム:3.05.9
勝利騎手:岩田 康誠
馬場:良

2015年・阪神大賞典の全着順、動画、コメントもチェック!
阪神大賞典2015の結果・動画をまとめた記事です。2015年の阪神大賞典の着順は1着:ゴールドシップ、2着:デニムアンドルビー、3着:ラストインパクトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする