【菊花賞2021】出走予定馬・結果・騎手/長く厳しい最後の栄冠

菊花賞2020 コントレイル

菊花賞は2021年10月24日に阪神競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2021年で第82回を迎え、昨年はコントレイルが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

長く厳しい最後の栄冠
スポンサーリンク

2021年・菊花賞の結果は!?

菊花賞2021 タイトルホルダー

2021年の菊花賞を制したのは『タイトルホルダー(Titleholder)』。スタートから積極的に先手を奪うと直線でも後続を置き去り。5馬身の差をつける圧勝劇で菊花賞を制した。

菊花賞(G1)

1着:タイトルホルダー
2着:オーソクレース(5馬身)
3着:ディヴァインラヴ(アタマ)
4着:ステラヴェローチェ(ハナ)
5着:ディープモンスター(1-1/2馬身)

勝ちタイム:3.04.6
優勝騎手:横山 武史
馬場:良

2021年・菊花賞の全着順、動画、コメントもチェック!
菊花賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の菊花賞の着順は1着:タイトルホルダー、2着:オーソクレース、3着:ディヴァインラヴとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・菊花賞の出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
菊花賞の枠順決定!(10月21日)

菊花賞2021 枠順

2021年・菊花賞の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではステラヴェローチェが7枠14番、オーソクレースは8枠18番、レッドジェネシスは3枠5番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

菊花賞の前日最終オッズは?!(10月23日)

菊花賞2021 前日最終オッズ

10月23日にJRAから発表された菊花賞の前日最終オッズです。
1番人気はステラヴェローチェで4.1倍、2番人気はオーソクレースが4.6倍、3番人気にはレッドジェネシスが4.8倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

菊花賞2021・出走馬の調教後の馬体重(10月21日)

菊花賞2021 調教後の馬体重

2021年10月21日にJRAより発表された菊花賞に出走する馬の調教後に計測された馬体重一覧です。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

2021年・菊花賞の追い切り・コメントをチェック!
菊花賞2021の追い切り・コメントの記事です。菊花賞の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(10月18日)

2021年の菊花賞の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

優先出走馬
  • アサマノイタズラ(田辺裕信)
  • オーソクレース(C.ルメール
  • ステラヴェローチェ(吉田隼人)
  • モンテディオ(横山和生)
  • レッドジェネシス(川田将雅
賞金上位馬
  • アリーヴォ(M.デムーロ)
  • ヴァイスメテオール(丸山元気)
  • ヴィクティファルス(池添謙一)
  • ヴェローチェオロ(幸英明)
  • エアサージュ(藤岡佑介)
  • グラティアス(松山弘平)
  • セファーラジエル(鮫島克駿)
  • タイトルホルダー(横山武史)
  • ディヴァインラヴ(福永祐一)
  • ディープモンスター(武豊
  • ロードトゥフェイム(丹内祐次)
  • ワールドリバイバル(津村明秀)
抽選対象馬(5頭中1頭が出走可能)
  • テーオーロイヤル(菱田裕二)
  • ノースザワールド(和田竜二)
  • ハギノピリカ(藤懸貴志)
  • マカオンドール(浜中俊)
  • ワイドエンペラー(藤岡康太)
回避予定馬&除外対象馬
  • シュヴァリエローズ(未定)
  • トーホウバロン(未定)
菊花賞・注目馬ピックアップ

2021年・菊花賞の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ステラヴェローチェ(Stella Veloce)

ステラヴェローチェ・3歳牡馬
父:バゴ
母:オーマイベイビー
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2021年・神戸新聞杯
馬名の由来:星(伊)+速い(伊)

春は皐月賞、ダービーともに3着。
前哨戦を制した勢いで最後の一冠に挑戦する。

タイトルホルダー(Titleholder)

タイトルホルダー・3歳牡馬
父:ドゥラメンテ
母:メーヴェ
母父:Motivator
主な勝鞍:2021年・弥生賞
馬名の由来:選手権保持者。父、母父、二代母父がダービー馬なので

セントライト記念は馬群に包まれて何もできず惨敗。
本番でリベンジを。

アサマノイタズラ(Asamano Itazura)

アサマノイタズラ・3歳牡馬
父:ヴィクトワールピサ
母:ハイタッチクイーン
母父:キングヘイロー
主な勝鞍:2021年・セントライト記念
馬名の由来:浅間のいたずら

セントライト記念では上がり最速の脚で差し切り波乱を演出。
本番でも自慢の決め手を生かせ。

オーソクレース(Orthoclase)

オーソクレース・3歳牡馬
父:エピファネイア
母:マリアライト
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2020年・アイビーステークス
馬名の由来:「不屈の精神」「目標の達成」の意味を持つパワーストーン

父も母父も菊花賞馬。
一度レースを使って上昇気配。

レッドジェネシス(Red Genesis)

レッドジェネシス・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:リュズキナ
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2021年・京都新聞杯
馬名の由来:冠名+創世記、起源

京都新聞杯で重賞初制覇を果たし、神戸新聞杯2着の実績あり。
川田将雅騎手とのコンビでG1制覇を狙う。

ヴァイスメテオール(Weiss Meteor)

ヴァイスメテオール・3歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:シャトーブランシュ
母父:キングヘイロー
主な勝鞍:2021年・ラジオNIKKEI賞
馬名の由来:白い流星(独)。母名と本馬の額の流星より連想

ラジオNIKKEI賞(1着)から直行で参戦。
ここ3戦は上がり最速タイムで駆け抜けており、決め手勝負なら。
鞍上は引き続き丸山元気騎手。

ディープモンスター(Deep Monster)

ディープモンスター・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:シスタリーラヴ
母父:Bellamy Road
主な勝鞍:2021年・すみれステークス
馬名の由来:父名の一部+怪物

春は皐月賞7着、ダービー16着と高い壁に跳ね返された。
まだまだ成長できる余地がある血統。
秋の飛躍に期待したい。

エアサージュ(Air Sage)

エアサージュ・3歳牡馬
父:Point of Entry
母:Nokaze
母父:エンパイアメーカー
主な勝鞍:2021年・札幌日刊スポーツ杯
馬名の由来:冠名+賢者(仏)

北海道で1勝クラス、2勝クラスを連勝。
2600mの距離での勝利経験は魅力あり。
鞍上は初コンビとなる藤岡佑介騎手。

主な回避馬

エフフォーリア(Efforia)

エフフォーリア・3歳牡馬
父:エピファネイア
母:ケイティーズハート
母父:ハーツクライ
主な勝鞍:2021年・皐月賞
馬名の由来:強い幸福感(ギリシャ語)。母名より連想

二冠を狙って挑んだ日本ダービーではシャフリヤールにハナ差かわされ、惜しくも2着。
秋は菊花賞に向かわず古馬相手の中距離G1を目標にローテが組まれ、2戦を走る見込み。

スポンサーリンク

前哨戦

皐月賞

1着:エフフォーリア
2着:タイトルホルダー(3馬身)
3着:ステラヴェローチェ(クビ)

勝ちタイム:2.00.6
優勝騎手:横山 武史
馬場:稍重

皐月賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の皐月賞の着順は1着:エフフォーリア、2着:タイトルホルダー、3着:ステラヴェローチェとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
日本ダービー

1着:シャフリヤール
2着:エフフォーリア(ハナ)
3着:ステラヴェローチェ(1-1/4馬身)

勝ちタイム:2.22.5
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

日本ダービー2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の日本ダービーの着順は1着:シャフリヤール、2着:エフフォーリア、3着:ステラヴェローチェとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
セントライト記念

1着:アサマノイタズラ
2着:ソーヴァリアント(クビ)
3着:オーソクレース(1-3/4馬身)

勝ちタイム:2.12.3
優勝騎手:田辺 裕信
馬場:良

セントライト記念2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のセントライト記念の着順は1着:アサマノイタズラ、2着:ソーヴァリアント、3着:オーソクレースとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
神戸新聞杯

1着:ステラヴェローチェ
2着:レッドジェネシス(1/2馬身)
3着:モンテディオ(3馬身)

勝ちタイム:2.18.0
優勝騎手:吉田 隼人
馬場:不良

神戸新聞杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の神戸新聞杯の着順は1着:ステラヴェローチェ、2着:レッドジェネシス、3着:モンテディオとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

菊花賞2021の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2021年・菊花賞の予想オッズはこのように予想しています。
前哨戦の神戸新聞杯を制したステラヴェローチェが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ステラヴェローチェ(2.0)
  2. オーソクレース(4.5)
  3. レッドジェネシス(8.0)
  4. タイトルホルダー(8.5)
  5. ディープモンスター(13.0)
  6. アサマノイタズラ(16.5)
  7. エアサージュ(30.0)
  8. ディヴァインラヴ(35.0)
  9. アリーヴォ(40.0)
  10. ヴァイスメテオール(45.0)
  11. グラティアス(48.0)
  12. ヴィクティファルス(☆)
  13. セファーラジエル(☆)
  14. ヴェローチェオロ(☆)
  15. ロードトゥフェイム(☆)
  16. モンテディオ(☆)
  17. ハギノピリナ(☆)
  18. ワールドリバイバル(☆)
  19. テーオーロイヤル(☆)
  20. ノースザワールド(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

菊花賞の日程・賞金

第82回 菊花賞(Kikuka Sho)

菊花賞2011 オルフェーヴル

2021年10月24日(日)阪神競馬場
格:G1 1着本賞金:1億1,500万円
年齢:3歳牡馬・牝馬 距離:3,000m(芝・右)

牡馬クラシックについて

牡馬クラシックはJRAが開催する皐月賞、日本ダービー、菊花賞の三競走を指す。
皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、日本ダービーは「最も運のある馬が勝つ」、菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と言われている。
過去に牡馬クラシック三冠馬はセントライト、シンザン、ミスターシービー、シンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴル、コントレイルの8頭。
中でもシンボリルドルフとディープインパクト、コントレイルは無敗で三冠馬に輝いている。

皐月賞は2021年4月18日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2021年で第81回を迎え、昨年はコントレイルが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
日本ダービーは2021年5月30日に東京競馬場で行われる三歳馬の頂点を決める競馬の祭典。日本ダービーは2021年で第88回を迎え、昨年はコントレイルが優勝した。日本ダービーの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

菊花賞・プレイバック

菊花賞2020 コントレイル

2020年の菊花賞を制したのは『コントレイル(Contrail)』。アリストテレスとの直線の攻防をクビ差制し、史上三頭目の無敗での牡馬三冠を達成した。

菊花賞(G1)

1着:コントレイル
2着:アリストテレス(クビ)
3着:サトノフラッグ(3-1/2馬身)
4着:ディープボンド(クビ)
5着:ブラックホール(クビ)

勝ちタイム:3.05.5
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

2020年・菊花賞の全着順、動画、コメントもチェック!
菊花賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の菊花賞の着順は1着:コントレイル、2着:アリストテレス、3着:サトノフラッグとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする