【菊花賞 2016】動画・結果/サトノダイヤモンドが最後の一冠で最高の輝きを放つ

2017年10月22日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦「菊花賞」。2017年で第78回を迎える。昨年はサトノダイヤモンドが優勝した。菊花賞の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

長く厳しい最後の栄冠

出走予定馬・有力馬候補

2017年・菊花賞の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・アルアイン(Al Ain)

皐月賞 2017 アルアイン

アルアイン・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ドバイマジェスティ
母父:Essence of Dubai
主な勝鞍:2017年・皐月賞
馬名の由来:UAE東部にある遺跡群で、ユネスコ世界遺産。アラビア語で泉の意

今年のクラシック第一弾・皐月賞を制したアルアイン。距離を不安視されていたが、ふたを開けてみれば好タイムでの快勝だった。
日本ダービーでも5着に粘り、この世代でトップクラスの力を見せている。ダービー馬が不在のため、菊花賞で二冠馬の権利を唯一持つ。
昨年の優勝騎手・ルメール騎手がどのようにアルアインを導くかにも注目が集まる。

・セダブリランテス(Seda Brillantes)

ラジオNIKKEI賞 2017 セダブリランテス

セダブリランテス・3歳牡馬
父:ディープブリランテ
母:シルクユニバーサル
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2017年・ラジオNIKKEI賞
馬名の由来:鮮やかに輝くシルク(西)。父名、母名より連想

無傷の3連勝でラジオNIKKEI賞を制した。
父ディープブリランテは菊花賞を前に右前脚に屈腱炎を発症し引退した。父の思いを息子が叶える。

・カデナ(Cadenas)

2016 京都2歳ステークス カデナ

カデナ・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:フレンチリヴィエラ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2017年・弥生賞
馬名の由来:南京錠(仏)

弥生賞を制し、3番人気で挑んだ皐月賞では9着、ダービーでは11着と春のクラシックは大敗で終わってしまった。
京都コースは京都2歳ステークスを制した舞台。クラシックの鍵を開けられるか。

・ダンビュライト(Danburite)

ダンビュライト

ダンビュライト・3歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:タンザナイト
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2016年・2歳新馬戦
馬名の由来:無色透明、淡いピンク、黄色、紫などの色彩をもつパワーストーン

・ベストアプローチ(Best Approach)

ベストアプローチ

ベストアプローチ・3歳牡馬
父:New Approach
母:Sant Elena
母父:Efisio
主な勝鞍:2016年・2歳新馬戦
馬名の由来:最良の方法

主な出走回避馬

・レイデオロ(Rey de Oro)

神戸新聞杯からジャパンカップへ向かう予定。

日本ダービー 2017 レイデオロ

レイデオロ・3歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2017年・日本ダービー
馬名の由来:黄金の王(西)。父名、母名より連想

・アドミラブル(Admirable)

放牧先で脚部不安を発症。復帰は来年秋ごろを予定。

青葉賞 2017 アドミラブル

アドミラブル・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:スカーレット
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2017年・青葉賞
馬名の由来:賞賛すべき、立派な

日程・賞金

第78回 菊花賞(Kikuka Sho)
2017年10月22日(日)京都競馬場
格:G1 1着本賞金:1億1,500万円
年齢:3歳牡馬・牝馬 距離:3,000m(芝・右)

スポンサーリンク

昨年の菊花賞をプレイバック

2016年10月23日(日)菊花賞(GI)

1着:サトノダイヤモンド
2着:レインボーライン(2-1/2馬身)
3着:エアスピネル(ハナ)
4着:ディーマジェスティ(クビ)
5着:ミッキーロケット(1-1/2馬身)

勝ちタイム:3.03.3
勝利騎手:C.ルメール
馬場:良

2016年・菊花賞

【菊花賞 2016】動画・結果/サトノダイヤモンドが最後の一冠で最高の輝きを放つ

【菊花賞 2016】動画・結果/サトノダイヤモンドが最後の一冠で最高の輝きを放つ

「菊花賞 2016」の動画・結果です。菊花賞の結果は1着:サトノダイヤモンド、2着:レインボーライン、3着:エアスピネル。「サトノダイヤモンド」が勝利した菊花賞の詳しい結果、動画をご覧ください。

【菊花賞 2016】パトロールビデオ・レース後のコメント/ルメール「これから他のGIの舞台でも活躍してくれそう」

【菊花賞 2016】パトロールビデオ・レース後のコメント/ルメール「これから他のGIの舞台でも活躍してくれそう」

「菊花賞 2016」のパトロールビデオ・レース後のコメントです。菊花賞の勝ち馬は1番人気のサトノダイヤモンド、勝利騎手はルメール騎手、勝ちタイムは3:03.3でした。