【皐月賞2018】出走予定馬・日程・賞金/大本命回避で混戦ムード

皐月賞 2017 アルアイン

皐月賞は2018年4月15日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第1戦。皐月賞は2018年で第78回を迎える。昨年はアルアインが制した。皐月賞の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

大本命回避で混戦ムード

動画・結果

2018年の皐月賞を制したのは「エポカドーロ(Epoca d’Oro)」。スプリングステークス2着の雪辱を果たし、牡馬クラシック第一弾・皐月賞を制した。

動画・結果

皐月賞 2018 エポカドーロ

【皐月賞2018】動画・結果/エポカドーロが抜け出し一冠目を獲得

皐月賞 2018の動画・結果です。皐月賞の結果は1着:エポカドーロ、2着:サンリヴァル、3着:ジェネラーレウーノ。「エポカドーロ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

データ・枠順

皐月賞 2018 枠順

皐月賞」の枠順が発表されました。
弥生賞2着から頂点を狙うワグネリアンは1枠2番、前走スプリングステークスを制し勢いに乗るステルヴィオは8枠15番、武豊騎手とのコンビでタイトル取りを狙うG1馬ビリーヴの息子・ジャンダルムは2枠3番、M.デムーロ騎手を配し必勝を期す無敗馬キタノコマンドールは3枠5番に入った。

データ・枠順

2018年・皐月賞のデータ・枠順に関する記事を公開しました。記事には枠順別や脚質別データなどさまざまなレースデータを書いております。

ワグネリアン

【皐月賞2018】データ・枠順/驚くほどデータは正直

皐月賞 2018のデータ・枠順の情報です。2018年・皐月賞のデータは枠順別や脚質別、種牡馬別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報から桜花賞での激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

出走予定馬

出走予定馬・予想オッズ

2018年・皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には出走予定馬の中からピックアップした注目馬も書いております。

皐月賞 2017 アルアイン

【皐月賞2018】予想オッズ・出走予定馬/混戦気配を切り裂く馬は

皐月賞 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。皐月賞の出走登録は17頭。出走予定馬にはワグネリアンやステルヴィオなどが名を連ねています。ダノンプレミアム回避で色めき立つライバル陣営。クラシック第一弾を制すのは?

2018年・皐月賞の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

・ワグネリアン(Wagnerian)

ワグネリアン

ワグネリアン・3歳牡馬(優先出走馬
父:ディープインパクト
母:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2017年・東京スポーツ杯2歳ステークス
馬名の由来:ワーグナーファンの意味

前走の弥生賞で初の黒星を喫したワグネリアン。
敗戦を糧にG1でのリベンジを誓う。

関連記事
・ジャンダルム(Gendarme)

ジャンダルム

ジャンダルム・3歳牡馬(優先出走馬
父:Kitten’s Joy
母:ビリーヴ
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2017年・デイリー杯2歳ステークス
馬名の由来:アルプス山脈の名峰「アイガー」の絶壁の名

ホープフルステークス2着、弥生賞3着とビリーヴの仔ながら中距離をこなしている。
名手武豊騎手に逆転の秘策はあるのか。

関連記事
・ステルヴィオ(Stelvio)

ステルヴィオ

ステルヴィオ・3歳牡馬(優先出走馬
父:ロードカナロア
母:ラルケット
母父:ファルブラヴ
主な勝鞍:2018年・スプリングステークス
馬名の由来:イタリア北部にある国立公園

皐月賞トライアル・スプリングステークスを制して皐月賞に挑むステルヴィオ。
敗れた2戦はいずれも本命候補のダノンプレミアム。
3度目の正直なるか。
ちなみに鞍上はC.ルメール騎手に決まった。

関連記事
・エポカドーロ(Epoca d’Oro)

あすなろ賞 2018 エポカドーロ

エポカドーロ・3歳牡馬(優先出走馬
父:オルフェーヴル
母:ダイワパッション
母父:フォーティナイナー
主な勝鞍:2018年・あすなろ賞
馬名の由来:黄金の時代(伊)。父名、母父名より連想

スプリングステークスでは見せ場十分の2着に入り、クラシック候補に名乗りを上げた。
父オルフェーヴルと同じステップで挑む皐月賞はどんなレースを見せてくれるか。

関連記事
・マイネルファンロン(Meiner Fanrong)

マイネルファンロン

マイネルファンロン・3歳牡馬(優先出走馬
父:ステイゴールド
母:マイネテレジア
母父:ロージズインメイ
主な勝鞍:2017年・2歳未勝利戦
馬名の由来:冠名+繁栄(中国語)

・アイトーン(Aithon)

若葉ステークス 2018 アイトーン

アイトーン・3歳牡馬(優先出走馬
父:キングズベスト
母:スペシャルディナー
母父:スペシャルウィーク
主な勝鞍:2018年・若葉ステークス
馬名の由来:ギリシャ神話の太陽神の馬の名

8番人気で若葉ステークスを制し、波乱を演じた。
本番でもペースを握れば怖い一頭だ。

関連記事
・ダブルシャープ(Double Sharp)

クローバー賞 2017 ダブルシャープ

ダブルシャープ・3歳牡馬(優先出走馬
父:ベーカバド
母:メジロルーシュバー
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2017年・クローバー賞
馬名の由来:音符記号の一つ

関連記事
・タイムフライヤー(Time Flyer)

ホープフルステークス 2017 タイムフライヤー

タイムフライヤー・3歳牡馬
父:ハーツクライ
母:タイムトラベリング
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2017年・ホープフルステークス
馬名の由来:時を超える者

ホープフルステークスでG1馬に輝いたものの、前哨戦の若葉ステークスではまさかの5着に敗れた。
一度叩いた効果で2つ目のG1タイトル獲得なるか。

関連記事
・ジェネラーレウーノ(Generale Uno)

京成杯 2018 ジェネラーレウーノ

ジェネラーレウーノ・3歳牡馬
父:スクリーンヒーロー
母:シャンハイロック
母父:ロックオブジブラルタル
主な勝鞍:2018年・京成杯
馬名の由来:一番の将軍(伊)

関連記事
・オウケンムーン(Oken Moon)

共同通信杯 2018 オウケンムーン

オウケンムーン・3歳牡馬
父:オウケンブルースリ
母:ムーンフェイズ
母父:エリシオ
主な勝鞍:2018年・共同通信杯
馬名の由来:冠名+母名の一部

菊花賞馬・オウケンブルースリ産駒の血を引くオウケンムーン。
良血揃いの皐月賞で希少な血統が猛威を振るう。

関連記事
・キタノコマンドール(Kitano Commandeur)

キタノコマンドール

キタノコマンドール・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ベネンシアドール
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・すみれステークス
馬名の由来:命名者の名前とフランスの芸術文化勲章の最高位の名称より

新規参入のDMMドリームクラブがいきなりクラシックに有力馬を送り込む。
今度は結果で話題に上がれ。

関連記事
・グレイル(Grail)

グレイル

グレイル・3歳牡馬
父:ハーツクライ
母:プラチナチャリス
母父:ロックオブジブラルタル
主な勝鞍:2017年・京都2歳ステークス
馬名の由来:聖杯

関連記事

今年の皐月賞には他にも

  • ケイティクレバー
  • サンリヴァル
  • ジュンヴァルロ
  • スリーヘリオス

が出走登録を済ませています。

追い切り・コメント

2018年・皐月賞の追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後の関係者のコメントを書いております。

皐月賞 2018 追い切り

【皐月賞2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

皐月賞 2018の追い切り・コメントの情報です。皐月賞に出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

主な回避馬

・ダノンプレミアム(Danon Premium)

朝日杯フューチュリティステークス 2017 ダノンプレミアム

ダノンプレミアム・3歳牡馬(優先出走馬
父:ディープインパクト
母:インディアナギャル
母父:Intikhab
主な勝鞍:2017年・朝日杯フューチュリティステークス
馬名の由来:冠名+高品質。格別な働きを期待して

大本命候補だったダノンプレミアムにアクシデントが襲った。
3月30日にザ石で2週前追い切りを見送り、経過を見極めていたが協議の結果回避を決めた。
症状自体はすでに治まっており、今後は日本ダービーを目標に調整される。

関連記事
・サトノフェイバー(Satono Favor)

きさらぎ賞 2018 サトノフェイバー

サトノフェイバー・3歳牡馬
父:ゼンノロブロイ
母:ヴィヴァシャスヴィヴィアン
母父:Distorted Humor
主な勝鞍:2018年・きさらぎ賞
馬名の由来:冠名+恵み

スプリングステークス出走に向けて調整中に右第3中手骨近位掌側面剥離骨折が判明。
6ヶ月以上の休養を要する見込みです。

関連記事

日程・賞金

皐月賞 2016

第78回 皐月賞(Satsuki Sho)
2018年4月15日(日)中山競馬場
格:G1 1着本賞金:1億1,000万円
年齢:3歳牡馬・牝馬 距離:2,000m(芝・右)

中山競馬場で行われる牡馬クラシック第一戦・皐月賞。昔から皐月賞は「最も速い馬が勝つ」と言われている。

錚々たる馬が勝ち馬に名を連ねる。レコードタイムは昨年のアルアインが叩きだした「1:57.8」となっている。

プレイバック

2017年の皐月賞を制したのは「アルアイン(Al Ain)」。9番人気と高くない評価だったが、コースレコードを0.1秒更新する素晴らしい走りでクラシック第一弾を制した。

2017年4月16日(日)皐月賞(GI)

1着:アルアイン
2着:ペルシアンナイト(クビ)
3着:ダンビュライト(3/4馬身)
4着:クリンチャー(1-1/4馬身)
5着:レイデオロ(クビ)

勝ちタイム:1.57.8
勝利騎手:松山弘平
馬場:良

レース後のコメント
1着 アルアイン(松山弘平騎手)
「少し信じられない気持ちです。今まで関係者の皆様にすごくチャンスをもらっていましたが、去年もGIは2着2回で、早く勝ちたいと思っていました。今日は3~4コーナーの馬場の悪いところで手応えが少し悪くなりましたが、直線に向いてしっかり伸びてくれました。自分が必死に追ったせいで馬が外によれましたが、後半はよく頑張ってくれました。毎日杯は休み明けでしたがしっかり走っていましたし、馬自体成長していました。自在性のある乗りやすい馬です。距離が伸びても大丈夫です。馬と一緒に頑張って行きたいです」
2017年・皐月賞

皐月賞 2017 アルアイン

【皐月賞 2017】動画・結果/アルアインがレースレコードで優勝
【皐月賞 2017】パトロールビデオ・レース後のコメント/松山「信じられない気持ち」

「皐月賞 2017」の動画・結果です。皐月賞の結果は1着:アルアイン、2着:ペルシアンナイト、3着:ダンビュライト。「アルアイン」が勝利した2017年の皐月賞の詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする