【札幌記念2022】出走馬・予想オッズ・枠順/北の大地が熱狂する

札幌記念2021 ソダシ

札幌記念は2022年8月21日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2022年で第58回を迎え、昨年ソダシが制した。札幌記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

北の大地が熱狂する
スポンサーリンク

2022年・札幌記念の出走予定馬をチェック

札幌記念の枠順決定!(8月19日)

札幌記念2022 枠順

2022年・札幌記念の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではソダシが5枠10番、ジャックドールは2枠4番、パンサラッサは2枠3番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

札幌記念の前日最終オッズは?!(8月20日)

札幌記念2022 前日最終オッズ

8月20日にJRAから発表された札幌記念の前日最終オッズです。
1番人気はソダシで2.6倍、2番人気はジャックドールで3.9倍、パンサラッサが4.0倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

2022年・札幌記念の追い切り・コメントをチェック!
札幌記念2022の追い切り・コメントの記事です。札幌記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走馬・騎手確定(8月18日)

2022年の札幌記念の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

出走馬・騎手確定
  • アイスバブル(水口優也)
  • アラタ(横山武史
  • アンティシペイト(横山和生)
  • ウインマリリン(松岡正海)
  • グローリーヴェイズ(C.ルメール
  • ケイデンスコール(古川吉洋)
  • サトノクロニクル(斎藤新)
  • ジャックドール(藤岡佑介)
  • ソダシ(吉田隼人)
  • ハヤヤッコ(池添謙一)
  • パンサラッサ(吉田豊)
  • フィオリキアリ(鮫島克駿)
  • マカヒキ(武豊
  • ユニコーンライオン(坂井瑠星)
  • ユーバーレーベン(M.デムーロ)
  • レッドガラン(岩田康誠)
除外馬
  • フォワードアゲン
札幌記念・注目馬ピックアップ

2022年・札幌記念の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ソダシ(Sodashi)

ソダシ・4歳牝馬
父:クロフネ
母:ブチコ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2022年・ヴィクトリアマイル
馬名の由来:純粋、輝き(サンスクリット)
前走:ヴィクトリアマイル・1着(4番人気)

昨年の覇者・ソダシが連覇を目指し札幌記念参戦を表明した。
ヴィクトリアマイルで3つ目のG1タイトルを手にした競馬界のヒロイン。
まだまだ美しく輝き続ける。

グローリーヴェイズ(Glory Vase)

グローリーヴェイズ・7歳牡馬
父:ディープインパクト
母:メジロツボネ
母父:スウェプトオーヴァーボード
主な勝鞍:2021年・香港ヴァーズ
馬名の由来:栄光のつぼ。母名より連想
前走:ドバイシーマクラシック・8着(5番人気)

香港G1・2勝馬のグローリーヴェイズが札幌記念に参戦する。
JRAでの勝利は2020年の京都大賞典以来遠ざかっている。

パンサラッサ(Panthalassa)

パンサラッサ・5歳牡馬
父:ロードカナロア
母:ミスペンバリー
母父:モンジュー
主な勝鞍:2022年・ドバイターフ
馬名の由来:かつての地球に存在した唯一の海。父名(海の神)より連想
前走:宝塚記念・8着(6番人気)

現役屈指の快速逃げ馬が札幌記念参戦を表明。
ジャックドールとの先手の奪い合いが楽しみで仕方がない。

ジャックドール(Jack d’Or)

ジャックドール・4歳牡馬
父:モーリス
母:ラヴァリーノ
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2022年・金鯱賞
馬名の由来:人名より+黄金(仏)
前走:大阪杯・5着(2番人気)

5連勝で金鯱賞を制したジャックドールが引き続き藤岡佑介騎手とのコンビで参戦を決めた。
大阪杯では逃げきれず5着に敗れたが、北の大地で再び勝利を目指す。

ユーバーレーベン(Uberleben)

ユーバーレーベン・4歳牝馬
父:ゴールドシップ
母:マイネテレジア
母父:ロージズインメイ
主な勝鞍:2021年・オークス
馬名の由来:生き残る(独)
前走:ドバイシーマクラシック・5着(7番人気)

昨年のオークス馬が2020年の札幌2歳ステークス(2着)ぶりに札幌競馬場に舞い戻る。
今年の2戦はいずれも5着だが、強敵に揉まれた経験が生きてくるはず。

ハヤヤッコ(Hayayakko)

ハヤヤッコ・6歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:マシュマロ
母父:クロフネ
主な勝鞍:2022年・函館記念
馬名の由来:速くて白い
前走:函館記念・1着(7番人気)

函館記念を制し芝・ダート重賞制覇を果たした二刀流。
ソダシとの白毛馬対決にも注目が集まりそうだ。

マカヒキ(Makahiki)

マカヒキ・9歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2016年・日本ダービー
馬名の由来:ハワイの収穫祭
前走:大阪杯・14着(13番人気)

札幌記念には2018年(2着)以来の参戦となる。
昨年の京都大賞典以来の勝利なるか。

ウインマリリン(Win Marilyn)

ウインマリリン・5歳牝馬
父:スクリーンヒーロー
母:コスモチェーロ
母父:Fusaichi Pegasus
主な勝鞍:2021年・オールカマー
馬名の由来:冠名+女性名
前走:宝塚記念・7着(9番人気)

2021年のオールカマーなど重賞3勝の実力馬。
G1以外では大崩れしていない。

ユニコーンライオン(Unicorn Lion)

ユニコーンライオン・6歳牡馬
父:No Nay Never
母:Muravka
母父:High Chaparral
主な勝鞍:2021年・鳴尾記念
馬名の由来:イギリス王家の象徴
前走:プロキオンステークス・16着(8番人気)

長期休養明け&ダート戦だった前走のプロキオンステークスの大敗は度外視してもいいはず。
昨年春の状態に戻ってこれば。

レッドガラン(Red Galant)

レッドガラン・7歳せん馬
父:ロードカナロア
母:ダンスオンザルーフ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2022年・中山金杯
馬名の由来:冠名+優雅に(音楽用語)。優雅にターフを舞う。母名より連想
前走:新潟大賞典・1着(7番人気)

7歳になった今年に入って中山金杯と新潟大賞典を制した遅咲き。
まだまだ上を狙っていきたい。

アンティシペイト(Anticipate)

アンティシペイト・5歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:アンチュラス
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2022年・福島民報杯
馬名の由来:先を予期して手を打つ。母名の韻より連想
前走:七夕賞・3着(2番人気)

札幌コースは【2-1-0-0】。
相性のいいコースで一発狙う。

ケイデンスコール(Cadence Call)

ケイデンスコール・6歳牡馬
父:ロードカナロア
母:インダクティ
母父:ハーツクライ
主な勝鞍:2021年・マイラーズカップ
馬名の由来:軍隊で訓練時に唱和される行進曲、訓練歌
前走:マイラーズカップ・15着(12番人気)

札幌記念2022の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2022年・札幌記念の予想オッズはこのように予想しています。
札幌記念連覇を狙う白毛のヒロイン・ソダシが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ソダシ(2.0)
  2. ジャックドール(3.0)
  3. パンサラッサ(4.5)
  4. ユーバーレーベン(8.5)
  5. グローリーヴェイズ(11.5)
  6. ウインマリリン(19.0)
  7. ハヤヤッコ(26.5)
  8. ユニコーンライオン(45.0)
  9. レッドガラン(☆)
  10. マカヒキ(☆)
  11. アンティシペイト(☆)
  12. アラタ(☆)
  13. ケイデンスコール(☆)
  14. フィオリキアリ(☆)
  15. アイスバブル(☆)
  16. サトノクロニクル(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

札幌記念の日程・賞金

第58回 札幌記念(Sapporo Kinen)

札幌記念2020 ノームコア

2022年8月21日(日)札幌競馬場
格:G2 1着本賞金:7,000万円
年齢:3歳以上 距離:2,000m(芝・右)

札幌記念・プレイバック

札幌記念2021 ソダシ

2021年の札幌記念を制したのは『ソダシ(Sodashi)』。早め先頭から後続の追い上げを3/4馬身差しのぎV。ハープスター以来となる7年ぶりの3歳牝馬による優勝を果たした。

札幌記念(G2)

1着:ソダシ
2着:ラヴズオンリーユー(3/4馬身)
3着:ペルシアンナイト(アタマ)
4着:マイネルウィルトス(1-3/4馬身)
5着:ブラストワンピース(3/4馬身)

勝ちタイム:1.59.5
優勝騎手:吉田 隼人
馬場:良

2021年・札幌記念の全着順、動画、コメントもチェック!
札幌記念2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の札幌記念の着順は1着:ソダシ、2着:ラヴズオンリーユー、3着:ペルシアンナイトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする