【札幌記念2020】出走予定馬・予想オッズ・結果/北の大地が熱狂する

札幌記念2019 ブラストワンピース

札幌記念は2020年8月23日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース。札幌記念は2020年で第56回を迎え、昨年はブラストワンピースが制した。札幌記念の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

北の大地が熱狂する
スポンサーリンク

2020年・札幌記念の結果は!?

札幌記念2020 ノームコア

2020年の札幌記念を制したのは『ノームコア(Normcore)』。久々の中距離戦をものともせずライバルたちを差し切り重賞4勝目を飾った。

札幌記念(G2)

1着:ノームコア
2着:ペルシアンナイト(1馬身)
3着:ラッキーライラック(1-1/2馬身)
4着:ポンデザール(1-1/4馬身)
5着:イェッツト(クビ)

勝ちタイム:1.59.4
優勝騎手:横山 典弘
馬場:良

2020年・札幌記念の全着順、コメントもチェック!
札幌記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の札幌記念の着順は1着:ノームコア、2着:ペルシアンナイト、3着:ラッキーライラックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・札幌記念の出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
札幌記念の枠順決定!(8月21日)

札幌記念2020 枠順

2020年・札幌記念の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではラッキーライラックが5枠6番、ノームコアは1枠1番、ブラックホールは6枠7番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2020年・札幌記念の追い切り・コメントをチェック!
札幌記念2020の追い切り・コメントの記事です。札幌記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
札幌記念の前日最終オッズは?!(8月22日)

札幌記念2020 前日最終オッズ

8月22日にJRAから発表された札幌記念の前日最終オッズです。
1番人気はラッキーライラックで2.1倍、2番人気はノームコアが4.4倍、3番人気にはブラックホールが10.2倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

出走予定馬(8月19日)

2020年の札幌記念の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

  • アドマイヤジャスタ(吉田隼人)
  • イェッツト(横山武史)
  • カウディーリョ(藤岡佑介)
  • ドレッドノータス(坂井瑠星)
  • トーセンスーリヤ(横山和生)
  • トーラスジェミニ(木幡育也)
  • ノームコア(横山典弘)
  • ブラックホール(石川裕紀人)
  • ペルシアンナイト(大野拓弥)
  • ポンテザール(C.ルメール
  • マカヒキ(岩田康誠)※回避
  • ラッキーライラック(M.デムーロ)
  • ルミナスウォリアー(川島信二)

:マカヒキは19日の追い切り後に表情や雰囲気がいつもと違うと判断されたため回避を決めた。

札幌記念・注目馬ピックアップ

2020年・札幌記念の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ラッキーライラック(Lucky Lilac)

ラッキーライラック・5歳牝馬
父:オルフェーヴル
母:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
主な勝鞍:2020年・大阪杯
馬名の由来:五弁のライラックの花(幸運のシンボル)

今年の大阪杯で3つ目のG1タイトルを獲得するも、宝塚記念では緩い馬場に苦しみ6着に敗れた。
引き続きデムーロ騎手とのコンビで夏の札幌攻略だ。

ノームコア(Normcore)

ノームコア・5歳牝馬
父:ハービンジャー
母:クロノロジスト
母父:クロフネ
主な勝鞍:2019年・ヴィクトリアマイル
馬名の由来:究極の普通

マイルのイメージが強いが、2000mでも紫苑ステークス勝利や愛知杯2着など実績あり。
洋芝適性は如何に?

アドマイヤジャスタ(Admire Justa)

アドマイヤジャスタ・4歳牡馬
父:ジャスタウェイ
母:アドマイヤテレサ
母父:エリシオ
主な勝鞍:2020年・函館記念
馬名の由来:冠名+父名より

函館記念では15番人気で勝利しファンを驚かせた。
あれは復活なのか、マグレなのか。

ブラックホール(Black Hole)

ブラックホール・3歳牡馬
父:ゴールドシップ
母:ヴィーヴァブーケ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2019年・札幌2歳ステークス
馬名の由来:非常に強い重量を持った特異点

ダービーでは2番目に速い上りタイムを計測し7着まで押し上げた。
重賞タイトルを制した思い出の舞台で古馬退治だ。

ペルシアンナイト(Persian Knight)

ペルシアンナイト・6歳牡馬
父:ハービンジャー
母:オリエントチャーム
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2017年・マイルチャンピオンシップ
馬名の由来:ペルシャの騎士

昨年の札幌記念は0.3秒差の5着。
近走は勝ち切れない競馬が続いているがG2なら大崩れはしない。
鞍上には大野騎手を迎える予定。

トーセンスーリヤ(Tosen Surya)

トーセンスーリヤ・5歳牡馬
父:ローエングリン
母:トーセンガラシャ
母父:デュランダル
主な勝鞍:2020年・新潟大賞典
馬名の由来:冠名+インド神話の太陽神

新潟大賞典で重賞初制覇を果たし、前走の宝塚記念でも7着と健闘した。
洋芝実績あり。

トーラスジェミニ(Taurus Gemini)

トーラスジェミニ・4歳牡馬
父:キングズベスト
母:エリモエトワール
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2020年・巴賞
馬名の由来:おうし座とふたご座

巴賞を制し、函館記念でも4着と洋芝適性〇。
今年に入り札幌記念で9走目となるだけに疲れは?

ドレッドノータス(Dreadnoughtus)

ドレッドノータス・7歳せん馬
父:ハービンジャー
母:ディアデラノビア
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2019年・京都大賞典
馬名の由来:世界最大の恐竜名。恐れ知らずより。世界に名を馳せ突き進んで欲しい

昨年11番人気で京都大賞典を制すもその後は惨敗続き。
どこで走るかわからないタイプなだけに軽視は禁物。

カウディーリョ(Caudillo)

カウディーリョ・4歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ディアデラノビア
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2020年・関門橋ステークス
馬名の由来:統領、総統(西)。母系より連想

函館記念では1番人気に支持されるも7着。
半兄のドレッドノータスとは初対戦となる。

主な回避馬

マカヒキ(Makahiki)

マカヒキ・7歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2016年・日本ダービー
馬名の由来:ハワイの収穫祭

19日の追い切り後に表情や雰囲気がいつもと違うと判断されたため回避を決めた。
復活を願うファンは多かったが無念の回避となってしまった。

エポカドーロ(Epoca d’Oro)

エポカドーロ・5歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:ダイワパッション
母父:フォーティナイナー
主な勝鞍:2018年・皐月賞
馬名の由来:黄金の時代(伊)。父名、母父名より連想

札幌記念を目標に調整が進められていたものの、闘争心が戻ってこなく馬体の張りも物足らない状態。
現状を鑑み復帰を目指さず引退することとなった。

札幌記念2020の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2020年・札幌記念の予想オッズはこのように予想しています。
今年の大阪杯などこれまでにG1を3勝しているラッキーライラックが1番人気に支持されると予想します。
上位2頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ラッキーライラック(1.5)
  2. ノームコア(5.0)
  3. アドマイヤジャスタ(10.0)
  4. ブラックホール(12.0)
  5. ポンデザール(15.0)
  6. マカヒキ(17.0)
  7. トーセンスーリヤ(20.0)
  8. トーラスジェミニ(25.0)
  9. ペルシアンナイト(40.0)
  10. カウディーリョ(☆)
  11. イェッツト(☆)
  12. ドレッドノータス(☆)
  13. ルミナスウォリアー(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

札幌記念の日程・賞金

札幌記念 2018 サングレーザー

第56回 札幌記念(Sapporo Kinen)

2020年8月23日(日)札幌競馬場
格:G2 1着本賞金:7,000万円
年齢:3歳以上 距離:2,000m(芝・右)

札幌記念・プレイバック

札幌記念2019 ブラストワンピース

2019年の札幌記念を制したのは「ブラストワンピース(Blast Onepiece)」。多数のG1馬が揃った豪華一戦を制し、凱旋門賞へ弾みをつけた。

札幌記念(GII)

1着:ブラストワンピース
2着:サングレーザー(クビ)
3着:フィエールマン(1馬身)
4着:ワグネリアン(クビ)
5着:ペルシアンナイト(1/2馬身)

勝ちタイム:2.00.1
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

2019年・札幌記念
札幌記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の札幌記念の着順は1着:ブラストワンピース、2着:サングレーザー、3着:フィエールマンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする